読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の名前はジロギン。

暇つぶしのためのブログです。ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、ハンターハンター、ナルト、ワンピースなどの漫画考察記事を書いています。電車の中や仕事の休憩中、寝る前などおヒマな時にどうぞ!

MENU

「復讐心」でブログを書いてはいけない

スポンサーリンク


私の名前はジロギン。


私は過去に酷いいじめを受けてきたとか、親から虐待をウケてきたといった経験はない。
しかし、「どんな形でもいいから見返してやりたい」と思っている人間は山ほどいる。
そういった人たちに


「私はこんなにすごい人間なのだ。今更面と向かって会うつもりはない。何故ならお前とは立っている舞台が違うからだ!」


と将来アピールしたくてうずうずしている。正直に言うと。まだまだできそうにないが。

 

 


その手段の一つがブログだ。
ブログで生計を立てていて、しかももっと大きく発展させて、法人として運営するメディアにまで成長させていたら…
そんな私の状態を知った知り合いたちが驚愕する姿を思い浮かべてしまう。


いわゆる「復讐心」に近いだろう。
この「復讐心」は私をいろんなことに挑ませてくれる。
日々の記事の更新についても、「復讐心」なく書いているかというとそうでもない。
「復讐心」が日々のブログ更新に挑ませる原動力になっている感じがする。

 

 

この「復讐心」に完全に飲み込まれてしまった記事を書いてしまうことがある。
かつて当ブログの中で以下の記事のような色んな事に対する文句のような記事を書いたが、
実はこの記事に復讐心はない。内容そのまま、その事柄に対する不満の感情しかない。
文面だけでは私の「復讐心」は分からないだろう。
分かりにくいが「復讐心」が「虚栄心」となっている記事が、「復讐心に飲まれた記事」に該当する。
例えばこの記事。

 


この記事は「虚栄心」が全面に出ている。
たくさんのアクセスを集めて短絡的にブログを成長させてやろうと意図して書いた記事だ。敬老の日敬老の日の記事を書くことで。柔らかそうな内容だが、私が見れば復讐心が溢れ出ている。
私にとっての「復讐心」は、「見返したい人間に『私はすごいんだ』と知らしめること」にある。すなわち「復讐心=虚栄心」なのだ。
この記事は私が書きたくて書いている記事ではない。
「復讐心」が「虚栄心」となって私に書かせた記事だ。多くのアクセスを稼ごうとしている。
そしてブログを有名にし、自分の存在をアピールするという復讐を成そうとしている。
しかしこういう記事は、考えとは裏腹に、全くと言ってほど読んでもらえない。
ダメなのだ、「復讐心」そして「虚栄心」が丸見えの記事はダメなのだ。

 


うってかわって当ブログでたくさん書いてきたハンターハンターに関する考察記事。
これらは私が好きなことを好きなように書いている記事だ。
ハンターハンター考察記事たちは、多くのPV数を毎日稼いでくれていて、当ブログの成長には欠かせない存在になっている。

 

結局「復讐心」が先行した記事は、読書方々に意図せず伝わっていて、読まれないのかもしれないなと思う。
本当に書きたくて、好きで書いた記事こそが本当に読まれる記事になるのだと思う。
私もそこそこ記事を書いてきたブロガーの端くれ、なんとなくこの感覚は外れていないと思う。


要するに「復讐心」した記事を書いている時、私の前に読者の方々はいない。
見返したいと思っている相手しか目の前にいないのだ。
そういう人々のために書いた記事が多くの読者さんに読まれるわけがない。
本当に記事を読んでもらいたければ、読者さんのことを考えて記事を書かなければならないのだ。

 

 

ブログは書き手の考えを自由に表現する場。
私のように「復讐」のためにブログを書いているという方もいるかもしれない。
でもそれはあなたが成し遂げたい「復讐」から最も自分を遠ざけているのだと自覚しなければならない。
「復讐心」のままに書いた記事でブログは成長しない。私も含めではあるが。
本当に書きたい記事を、読者さんに伝えるために書こう。
それが自分にとっても読者さんにとってもうれしいことだ。

 


「復讐心」でやったことはブログに限らず何でもうまくいかない。
仕事でも、生活でも何でもダメだ。
自分の好きなことを、心の底から楽しむことが一番なのである。
きれいごとは好きではないが、きれいごとで締めてみた。

 

 


こちらの記事もどうぞ!!!

 

g913.hatenablog.com