読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の名前はジロギン。

ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、営業職の仕事について、ハンターハンターの考察記事を書いています。ハンターハンター記事が一番オススメかも。

MENU

ポケットwifiはネットから解約できるようにした方がいいと思う。

主張 日記 あるある現象分析

スポンサーリンク

私の名前はジロギン。


今日の夕方に

ポケットwifiの解約をするべくソフトバンクショップを訪れた。
店外の自動ドア越しに見えたカウンターにはほとんどお客さんが座っておらず、すぐに済みそうだなと思っていたが、店内に入ったところ、入り口から死角になっているところにある待合席で5名ほどお客さんが待っていた。


やはり日中の携帯ショップは混んでいる。これまでは朝一番に行くようにしていたので、混雑前に事を終えることが出来ていたが、日中はそうもいかない。
30〜40分ほど待つが良いかとお店の人に聞かれたが、想像より断然短い時間であったため、待つことにした。


待っている間、書類に記入していたのだが、私より先に待っていた左隣に座る男性が、お店の女性スタッフに身分証の提示を求められたのに対し、


「何でここで見せなければならないんだぁ?どうせ見せることになるんならカウンターに着いた時で良いだろう?えぇ?」


とキレ始めた。


「いや、どうせ見せることになるんだったらカウンターに着いた時でなくて今でも良いだろう。そんなどうでも良いことでキレるんじゃねーよ」

 

と思ってしまった。携帯ショップにはいろんな考えをする人間たちが集まるのだなと改めて働くスタッフさんの厳しさを感じた。

こういう時に

 

ジロギン

「おいおいおっさんよぉ〜、お店の人も謝ってんだからもういいじゃねーか、許してやれよ!」

 

客の男性

「ダメだ!こいつは私に迷惑をかけたんだ!普通に謝られても足りない!」

 

ジロギン

「迷惑をかけただぁ〜?だったらあんたが俺を始めとする他のお客様の気分を害したっていう迷惑に対しても、あんたは謝ってくれるってことだよなぁ〜?」

 

客の男性

「くっ・・・も・・・もういい、謝らなくて。」

 

 

っていうかっこいい流れば出来ればなって思うが、なかなか難しい。

だってすぐその場は収まったし、むしろ私が火に油を注ぐような真似すれば

もっと店側に迷惑になるからだ。

 

 

 


携帯ショップのスタッフさんは本当に忙しそうだ。何が忙しくしてるかって、

「それは自分で解決してくれよ」って店員さんが思っていそうなお客さんが多いことが1つの原因としてあるだろう。
でもご高齢の方などは携帯の操作に慣れていないわけで、少しわからないことがあればショップを訪れるのは仕方のないことなのである。電源を一回切って、もう一度入れれば直りそうな、機械音痴の私でも自分で対応できそうなことでもショップに聞かなければわからない。当然だ。これは仕方ない。


でもそういうお客さんも対応しようとなるとどうしてもスタッフさんが忙しくなる。これは大きな問題だと思った。

 

私のwifiの解除は、時間にして20分くらいで対応していただけた。おそらく空いていれば10分かからなかったのではないだろうか?
ポケットwifiの解除はネットでは出来ないのだが、

10分で済む作業なら各顧客にネットで出来るようシステム化してしまった方が良い気がする。
確か電話でならできた気がするのだが、ルーターの番号などがわからないと出来ないそうで、結局店に行く必要が出てきてしまう。
また、顧客に任せると解約したしてないの問題も発生する可能性があるため、スタッフが手続きを行い、証明書などを発行しているのだろう。スタッフさんの仕事を増やす原因だなと思ってしまう。

 

今後はネットで解約の手続きもできるようになるかもしれないが、それまでスタッフさんの苦労は続きそうである。ある程度知識のあるお客さんなら自分でこなせてしまうので、任せてしまっても良さそうなものだが…
まぁ、多分私は何かあったらすぐ店に行くだろう。そういう人たちのために、出来る人は自力でって方が良い気がした。

 

 


こちらの記事もどうぞ!!!

 

www.g913-jiro.com

 

www.g913-jiro.com

 

www.g913-jiro.com