読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の名前はジロギン。

暇つぶしのためのブログです。ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、ハンターハンター、ナルト、ワンピースなどの漫画考察記事を書いています。電車の中や仕事の休憩中、寝る前などおヒマな時にどうぞ!

MENU

寒い日には「腹巻」がオススメ!ドラクエのアモールの水くらいのサポートアイテム!

スポンサーリンク

 

私の名前はジロギン。


私は現在東京都内に住んでいるのだが、今朝は肌の奥に突き刺さるような寒さを感じて目を覚ました。体の芯まで冷えるというのはこのことだろう。


昨夜は下は長ズボンを履いていたが、上は半そでのシャツしかきていなかった。思えばもう10月も半ばに差し掛かろうとしているわけで、冬に片足突っ込んでいる状態だ。

 


ニュースを見てみたところ、東日本はこの秋1番の冷え込みになるそうで、少し防寒を考えなければならないようだ。


しかし、少し参ることがある。
確かに今日はこの秋1番の冷え込みなのではあるが、天気予報では最高気温が23〜24度となっているのである。
24度…25度を超えると夏日になるそうであるから、日中はそれなりに暑くなるということだろう。
「秋あるある」かもしれないが、秋は暑くなったり寒くなったりの変化が極端だ。
寒くなってきてそろそろ冬かなぁ〜、夏服はしまわないとなぁ〜と思ったら突如30度近くまで気温が上がったりすることもある。スローボールからの速球がいつもより早く見えるみたいな、そういう意表を突かれた感覚になる。


1日の間でも気温が全然違う。
朝、夜は寒くなるが日中は暑いなんていう、今日のような日もある。
秋は朝、昼、夜、すべての時間を乗り切れる、折衷案みたいな服装にしなければならない。

 

 


寒すぎず暑すぎずという服装が好まれる秋。
私は10月の中旬くらいから、服の下に「腹巻」をして出かける。仕事の時もワイシャツの下に腹巻をしている。この腹巻が役に立つのだ。


腹巻だけで全ての寒さを防ぐ無敵の防寒対策にはならないが、何もしないよりはるかに温かい。そのちょうど良いラインをもたらしてくれるのだ。
腹巻はお腹の中を通る動脈を温め、温まった血液が全身を回るため、体が自然にポカポカしてくる。ノーコストで自然にも優しい温かさをくれる。
さらにお腹が温まるため、お腹を壊すこともなくなる。私は寒いとお腹を下すため冬場は肌身離せない。

 


秋の中途半端な寒さの時は腹巻をするのが非常にオススメである。
…確かに腹巻はダサい。ダサいのは仕方がない。
ファッションと逆を行くのが腹巻だからだ。
「ファッションは我慢」なんて言葉を聞いたことがある。ファッションのためなら多少の暑さ寒さは我慢せいということだ。
そういう我慢をしないのが腹巻。だから腹巻はダサいが、寒さを我慢しなくて済むというのがメリットだ。

 

 


服の下に着用すれば目立たない腹巻は、縁の下の力持ち的な感じで寒さをしのいでくれる。腹巻だけしていれば極寒の寒さの中を全裸でいても風邪をひかないかといえばそんなことはないが、ドラクエのアモールの水くらいのサポートアイテムだと思ってもらいたい。

 

 

(グンゼ)GUNZE 愛情腹巻 遠赤綿リッチ腹巻 <リブ> H1100A 10 ベ-ジュ L

(グンゼ)GUNZE 愛情腹巻 遠赤綿リッチ腹巻 <リブ> H1100A 10 ベ-ジュ L

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ!!!