読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の名前はジロギン。

ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、営業職の仕事について、ハンターハンターの考察記事を書いています。ハンターハンター記事が一番オススメかも。

MENU

平日のランチにいくらかける?750円は高いよね…?

日記 考察 仕事 あるある現象分析 お金 主張 食事

スポンサーリンク

私の名前はジロギン。


私は平日は会社員として働いている。
週5日はお昼ご飯を食べているわけだが、よ~く考えてみたら、
かなりの額をランチ代にかけている事に気が付いた。


その日によるが、私はランチを外で食べているため、平均すると750円位が1日のランチ代になっている。
ということは、週5日だと3750円、4000円弱ほどランチに費やしている。
月にすると、4週間であるため、16000円になる。


…16000円ね…16000円!!??
これはかけすぎではないかと思うのである。
いや、かけすぎだよね間違いなく!
飲み会何回出来るんだ?
3~4回は余裕で出来る!これは勿体無い!

 

 

 

少し調べたが、ビジネスパーソンの半分以上がランチ代は1日500円以内に収めているとのこと。
…そうビジネスパーソンだ。サラリーマンとは言わない。今時はビジネスパーソンと言うのだ。
お昼を食べるのは給与受給者、つまりサラリーマンだけでないこと、
そして「マン」は人間全体を示す言葉でもあるが、どちらかというと男性を指し示す言葉であるため、
今時はパーソンというのだ。
かっこつけたわけではない、「ビジネスパーソン」という言い方がナウのソーシャルスタンダードなのだ。

 

 

 

そんなことはどうでもいい。
500円以内でランチを収めるということは、松屋の牛丼並盛+サラダほどだ。
私としては足りない。牛丼なら大盛を頼みたいところだ。
でも、牛丼大盛でも750円はかからない。520円位。ちょっと割るが500円位で済む。
いや、特盛でも630円か。安っ!松屋安っ!毎食松屋にしようかな?ってレベルだ。


500円でランチを抑えるのはそんなに難しくないことが分かった。
松屋だ。松屋に行けばいいのだ。

だがランチを自分ひとりで食べるのなら松屋でいいのだが、
私は会社の同僚たちとランチに行くので、750~850円位の、定食を出すお店に行くことになるのだ。ゆっくり話せるようなおみせに。
しかも同僚の多くは実家住まいで、家賃や光熱費などは払っていない。
750円の食事を食べていても問題はないのだ。
彼らはブルジョアだ。私はスラム出身の会社員のようだ。


あまりにブルジョアたちのブルジョアジーなライフスタイルに付き合い続けていると、
確実に私の財政面がひっ迫してくる。
1日のランチ代を500円にするか750円にするか。
たった250円の差だが、1ヶ月、20日で考えると5000円も浮くことになるのだ。
5000円は大きいぞ。5000円使えるお金が増えるだけで生活はかなり楽になる。
逆にどうせう○こになるだけのランチに、5000円多く支払うのはどうなんだ?悲しいよ!

 


人付き合いのためにお金を使い過ぎ、生活に支障が出るのであれば本末転倒だ。
やはり自分の命が一番。己の身が大事なのだ。
人付き合いも大切ではあるが、自分の生活はもっと大切だ!
お金の無駄遣いは禁物だ。金!金!金!金が自分を守るのだ!

だからそろそろやんわりと、


「あっ…僕今日は社内で食べるよ…孤独にね」


って断ることも必要なんだろうなと思う。

 

さらに夜ご飯だってあるのだ。
やばいぞ、月に食費だけで3万円以上使ってるなこれは!
3万!うまい棒なら3000本!
毎日うまい棒100本食べてた方がお腹いっぱいになるんじゃないか?

 

 

 


大学生の時に借りていた奨学金の返済も地味に重くのしかかってくる。
学生の時は


「奨学金なんて将来金持ちになって一括払いしてやるわっ!」


くらいに思っていたが、全然そんなことはなかった。
安月給でひーひー言っている。
非現実的にもほどがあったなと反省している。
地道に返していくしかなさそうだ。

 

今の生活から脱却するためにも、早くブログでお金を稼げるようになりたい。
2~3万円毎月入ってくるだけでも全然生活の余裕が違うのだ。
その為にも、もっとブログを更新し、成長させなければならないな。
満足に稼げるようになるまでは、松屋と近所のスーパーのお惣菜ですごすかな。

 

 

 

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

 
ジョコビッチの生まれ変わる食事

ジョコビッチの生まれ変わる食事

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ!!!