読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の名前はジロギン。

ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、営業職の仕事について、ハンターハンターの考察記事を書いています。ハンターハンター記事が一番オススメかも。

MENU

【ハンターハンター】円の範囲広さランキング!1位はどのキャラクター?

考察 マンガ ハンターハンター アニメ

スポンサーリンク

 f:id:g913:20161022043839j:image

 


ハンターハンターで登場する「念」は、体得すれば戦闘にも生活にも応用できる便利な能力です。
念の才能は基本的に誰でも持っていますが、意識的に使いこなせる人間は非常に限られています。


基本的な念の技術

・・・念の源となるオーラを練る
・・・オーラを身体中に纏う
・・・オーラを体の一か所に集めて強化する
・・・オーラを限りなく弱める


これらを使いこなせるだけでも、常人とは比べ物にならない力を得ることができます。

 

さらに、基本的な念の技術を組み合わせて使うことで、より高度な念に発展させることもできます。


そのひとつがです。

 

 


」とは?


「纏」と「練」の高等応用技です。
本来人間はオーラを体の周囲数ミリ〜数センチくらいの間隔でまとっています。
そのオーラの間隔を故意的に広げることで、オーラの範囲内に入ったものの形や動きを察知できるようになるという技術です。

 

f:id:g913:20161022044125j:image


オーラを半径2m以上に広げ、1分以上維持し続けなければ円とは呼べません。
基本的に円はその名の通り術者から円形にオーラが広がり、半球体のような形になります。


離れている範囲や死角となる背後などにいる人や物まで把握できるという便利な能力です。


しかし、円はどこまででも広げられるというわけではなく、人それぞれ得意不得意があったり、その日の体調によって広げられる範囲が変わったりしてきます。

 


そこで今回は、

作中で円の範囲が明らかになっているキャラクターたちの円の広さをランキング形式

で紹介したいと思います!

 

 

 

 


円の範囲広さランキング!!

 

第5位
キルア=ゾルディック
円の範囲:半径57cm

 

f:id:g913:20161022044110j:image


天才と呼ばれたキルアにも苦手分野がありました。それが円です。
円は自身の半径2m以上にオーラを広げる技術のことですから、キルアの場合、円を使えないと言った方が良いです。


キルアはオーラを大きく広げ、長時間維持することをとても苦手としています。
最も得意で安定的にオーラを広げられる幅が57cmということです。
長時間維持するということを考えなければ57cm以上もいけるのかもしれません。


殺し屋として生きていくなら、暗殺するターゲットの距離や追っ手が迫っているかどうか把握するために円は使えた方が明らかに得だと思います。
しかしキルアは殺し屋を辞めたがっていたので、円が苦手というのは、キルアの精神的な部分が影響しているのかもしれませんね。

 

 

 

第4位
ノブナガ=ハザマ
円の範囲:半径4m

 

f:id:g913:20161022044154j:image


やってきました、4mさんことノブナガさん。
作中初めて円を披露した人物です。
ノブナガはハンターハンター屈指の名言


「オレは太刀の間合い(半径4m)までで十分…!(つーかこれが限界)」


を生み出しました。
「つーかこれが限界」の一言がなければ


「無駄に円を広げればいいってもんじゃない。広くても対応できる範囲でなければ意味がない。俺の場合は4mもあればどんなことにも対応できる」


みたいな強キャラのイメージがついたというのに。この一言が今日のノブナガさんいじりを呼ぶ結果となりました。


ただ、ノブナガの発は作中では明確になっていません。円の範囲が狭いのはノブナガの発の制約の可能性もあります。旅団では唯一能力の全容がわかっていないので、今後明らかになるかもしれません(新アニメ版だとノブナガの発が円とされてしまっていました。円って鍛えればほとんどの念能力者ができる技術だったのに…)

 

…あと太刀の間合いが4mって、むしろ広すぎる気がします。刀って1mくらいでしょうし、腕も肩まで含めて1mくらいでしょう。
多少踏み込みで距離が延びたとしても、4mって刀の切っ先しか届かない気がするけど、それで切れるのかな?

 

 

 

 

 

第3位
カイト
円の範囲:半径45m(多少前後する)

 

f:id:g913:20161022044239j:image


第3位はカイトで半径45m。
円の広さで強さは決まらないものの、ノブナガさんの11倍以上の範囲を探れるカイト。
動植物のハントをしているカイトとしては、暗い森の中など目が効かない場所での活動に円は必要かもしれませんね。

 

カイト曰く、半径45mは体調と精神状態で2〜3mほど前後するとのこと。
念は毎日同じパフォーマンスができるわけでなく、コンディションによって良し悪しが変わってしまいます。
ちょっと不便ですが、それゆえに格下の使い手が格上に勝てたり、相性によってレベルの差を埋めたりできるのがハンターハンターの面白さであり、考察が捗る理由でもあるのです。

 

 

 

 

番外
達人
円の範囲:半径50m

 

f:id:g913:20161022044341j:image


特に誰ってわけでもないのですが達人です。何の達人なのかはよくわかりません。念の達人なのかな?
ノブナガが円を披露した際にした例え話の中に出てきました。
円の範囲は半径50mと、カイトを上回る範囲を探れるかなりの実力者です。
ノブナガの脳内にのみ存在する達人なので、キャラクターとして登場しているわけではありません。そのため番外としました。参考までに。

 

 

 

 


第2位
ゼノ=ゾルディック
円の範囲:半径300m

 

f:id:g913:20161022044404j:image


ここから一気に範囲が広がります。
キルアの祖父・ゼノの円は半径300mに及ぶとのこと。おじいちゃんは孫と違って円は得意のようです。まぁ熟練度が違いますけどね。


ただ、ゼノの場合、300mというのは自称であることと、「本気を出せば」という前提条件があるので、基本的にはもっと狭い範囲になると思われます。


半径300m…完全に視認できない距離の様子も計れるということですね。
家からちょっと離れたコンビニに何人くらいお客さんがいるのかくらいは簡単に知れてしまう、そんなイメージでしょう。

 

 

 

 

 

第1位
ネフェルピトー
円の範囲:最長2km

 

f:id:g913:20161022044437j:image


1位はピトーです!その距離2kmと完全に他の追随を許さぬ円の範囲です。
最長と書いたのは、ピトーの円は円形ではなく、形をとどめないアメーバ状の円で、ピトーの意思で円の一部のみを伸ばしたり縮めたりすることができるためです。
伸ばしきった時の最長距離が2kmということなのです。


しかも驚くべきことに、ピトーはこの円を女王蟻のために作った巣の周囲やそして王が生まれた後に移住した東ゴルドー共和国の宮殿の周囲などを数日〜数週間に渡って円を張り続けました。
人間キャラクターではオーラ量が足りなすぎて、こんなにも長時間円を維持できないでしょう。キメラアントの、さらに上位に当たる護衛軍の圧倒的なオーラ量を知らしめるピトーの円なのでした。

 

 

 

 

 

作中で円の範囲が明確になったのはこの5名(と架空の1名)のキャラクターのみです。
他にも円を使ったキャラクターは、プフとメルエムくらいですが、範囲は数字として明らかになっていませんでした。
作中の描写からすると、プフはカイトと同じか少し劣る程度、メルエムは宮殿全体を覆うくらいだったので、半径1km弱くらいは探れるのかなという気がします。

 

円は強さを測る指標にはなりませんが、今後突入する暗黒大陸は何が待ち受けているかわからない場所ですので、自分の周囲を探る円はとても重要な能力になる…かもしれないですね!

 

 

 

HUNTER×HUNTER 1-33巻セット (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER 1-33巻セット (ジャンプコミックス)

 

 


 

 

こちらの記事もどうぞ!!!