読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の名前はジロギン。

暇つぶしのためのブログです。ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、ハンターハンター、ナルト、ワンピースなどの漫画考察記事を書いています。電車の中や仕事の休憩中、寝る前などおヒマな時にどうぞ!

MENU

ペヤングわかめMAX醤油味を食べてみた感想と味付けに一工夫してみた!

スポンサーリンク

 

私の名前はジロギン。

 

先日私とペヤングとの因縁について記事を書いた。

そして今現在ペヤングには非常にお世話になっているということも。

まるか食品様、本当にありがとうございます、ペヤングを生み出してくださいまして。

 

www.g913-jiro.com

 

昨日もまたペヤングのお世話になろうとコンビニに行ったのだが、私としたことが、こんなペヤングも発売されているなんて知らなかった・・・

 

ペヤングわかめMAX醤油味

 

f:id:g913:20161211223546j:plain

 

ペヤング中毒者としては非常に気になるパッケージだ。

緑すぎるぜ・・・パヤングといえば白いパッケージなのに、緑過ぎでもはや別の商品のようだ!

ということで早速食べてみることにしたのだ。

 

 

f:id:g913:20161211223727j:plain

 

中身は「ソース」とかやくとして「わかめやらコーンやら、唐辛子的なもの」

ソースと書いてあるが、これは醤油である。焼きそばにソースと聞くと、あの黒っぽくてどろっとしたソースを思い出してしまうかもしれないが、これは醤油だ。

ほら、ミートソースとも言うでしょう。あのおたふくとか中濃とかブルドックとかだけがソースではないのだ。「先入観や固定概念は捨てなさい」と食べる前に教えてくれているかのようだ。

 

 

f:id:g913:20161211224049j:plain

 

わかめなどのかやくとお湯を入れて3分間。湯きりをしたらソース(醤油)をかけて完成!

私は大雑把な性格なもんで、最近こういうインスタントラーメンやらカップ焼きそばなどを作る時、3分間をタイマーなどでちゃんと測らない。「そろそろ3分だろ」くらいの感覚で作っている。

 

いや〜実に汚い仕上がりになってしまった。こういうところも大雑把な性格が出ている。盛り付けなどに気を使わない、ダメなところだ。ちゃんとしないとな、もういい歳だし。

 

実際に食べてみたところ、結構辛めのお味。私自身辛いものが苦手なのだが、普通のペヤングだと思って食べるとだいぶ辛い。ここにおいても「先入観や固定概念は捨てなさい」と教えてくれているかのようだ。

 

味は完全に醤油。しかし、私は「焼きそば=ソース(おたふくとか中濃とかブルドックとか)」という体質の人間。醤油味も好きなのだが、やはり焼きそばを食べる時はソースでなければ気が済まない。どうしても味が薄く感じてしまう。

何か味付けに工夫をしたいなと思った時、思いついた!

 

 

 

 

 

f:id:g913:20161211224649j:plain

 

ラー油だ!ラー油を入れてみよう!

醤油+ラー油の組み合わせは、餃子などでも実現されているし、餃子とか中華とかでよく「わかめスープ」みたいなのも出てくるから、相性いいんじゃないか?と思いラー油を4滴ほどかけてみた。そして食してみた。

 

・・・うん、別にかけなくていいや。もうね、餃子のタレ感が満載で、ラー油数滴でこんなに変わるのかってくらい餃子。餃子を細くのばしたものを食べてるみたい。わかめもただラー油の味がする紙みたいな存在になってしまった。

あまりかけないほうがいいかも、やっぱりね、こういう商品って味の研究に研究を重ねられて作られているわけで、私のような味素人が味のバランスを崩すような真似してはダメなんだろうね。すみませんでした。

 

 

 

 

個人的にこのわかめMAXは美味しいは美味しいのだが、やはり王道のペヤングの方が好きだなという印象。

どこで聞いたんだっけかな・・・こういう別の味を出すのは、「やっぱり王道の味の方がいいや」と消費者に感じさせて、改めて王道の味のものを買わせるためと聞いたことがある。シンプルイズベストだと思わせるために別の味を出すという説もある。実際私もそう感じたしまったわけで。

 

でもペヤング中毒者としてはこのわかめMAX醤油味も否定できない。

すごくいいと思う!本当にすごくいい!

何がいいかって、本当に言葉に言い表せないくらいいんだよ!ほら、わかめって髪も生えてくるっていうし、いいとこ尽くしじゃん!

っていうことでこれからもどうぞよろしくお願いしますよ、ペヤングさん。