読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の名前はジロギン。

暇つぶしのためのブログです。ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、ハンターハンター、ナルト、ワンピースなどの漫画考察記事を書いています。電車の中や仕事の休憩中、寝る前などおヒマな時にどうぞ!

MENU

人生において「時間」「お金」「肩書」どれを優先する?

スポンサーリンク

 

私の名前はジロギン。


当ブログでも幾度か触れてきたが、私が現在勤めている会社では18時~18時30分に帰宅することができる。残業代は出ないので会社自体が「早く帰れ」というルールを敷いているほどだ。
給料は安いのだが、その分会社が終わってからの時間や、休日などの時間が他のサラリーマンの方に比べて多いと思う。


さらに正直なところ、私と同年代、20代会社員が貰っている「基本給」としては私も他の会社とそれほど遜色ない金額をもらっている。ホワイトといえばホワイト企業なのかもしれない。不満はたくさんあるが。

 

www.g913-jiro.com


しかし、たくさん給料をもらっているサラリーマンは、給料の半分くらいが「残業代」によるもので、基本給に差があるわけではないだろう。

 

「時間」か「お金」

を天秤にかけたとき、つまり就職の時に私は「時間」を選んだことになる。
おかげさまでこうしてブログを書くための時間を確保できており、本当に少しずつではあるが、「独立する」という目標に向かって進捗してはいる。自分なりに時間を利用できている。


私と同じ環境で働く同僚たちも、私と同じように比較的多くの自由な時間を与えられているわけだが、もちろん同僚全員が私のようなブロガーやアフィリエイターではない。
与えられた時間の中で遊んだり合コンしたりに使っている者がほとんどだ。

そんな姿を見て私は


「ふんっ!努力することを怠った家畜小屋の豚どもめっ!そうやって与えられたエサを食べて、日がな一日遊びほうけてぶくぶく太っている裏で、自然界を生き、獰猛に、狡猾に日々努力を続けている者がいることを知れ!!」


なんてことは思っていない。こんなにひどい人間ではない。
まぁ私も街コンやら相席居酒屋やらに行ってるからね。
でもほら、これはブログのネタ作りも兼ねてであって、ただ遊んでるだけではないけどね!・・・ってものも言いようだなぁ。

 


でも私は、せっかく与えられた時間を何から何まで遊びに使ってしまうのは勿体無いと考えている。
自分の人生の目標のために使いたいなと思うのである。
確かに私の人生の目標の一つには


「お嫁さんと小高い丘の上にある小屋のような家に住み、家の周りにはヒマワリ畑があり、そのヒマワリを家から車で2時間離れた町にある花屋に卸して豪華ではないが質素でもない生活を送る」


という頭の中がヒマワリ畑な目標もあるが、もっと大きな目標として、


「会社から独立してフリ―ランスとして生きていく」


というものがある。この目標を達成する為に時間を使いたいと思うのだ。
ということで今コツコツブログを書いている。

 

 

 

 

悲しいことに

時間はあるだけでは何の価値もない。
時間は使ってはじめて価値が生れる。
「自分を磨くために」を付け加えた方がいいか。


お金も使わなければ価値はないかもしれないが、正直「お金持ち」なだけで魅力的だ。
多少ルックスが悪くてもお金持ちならモテる世の中だ、残念ながら。
モテるだけでなく、お金を持っているだけで人が寄ってくる。良い人ばかりではないが、お金を持っている人を頼りに人が寄ってくる。
それだけでお金には価値があるといえる。


またこれはお金持ちとも関連してくるが、「肩書」もあるだけで価値がある。


「東大卒で大手金融機関勤務の帰国子女」


こんな肩書を持っていたらさぞモテるだろう。肩書もあるだけで相当な武器になる。
明らかに優秀そうだし、新卒の面接なんて、まさにこういう学歴やら資格やらといった肩書の競い合いだ。

 

「時間がある」だけでは何の価値もない。
むしろ時間がある=暇人のような見られ方をし、ポジティブなイメージはない。
そして、更に言うと、
お金は使わなければ大幅に減ることはない。お金持ちであり続けられる。
肩書は詐称していない限り死ぬまで使うことはできる。
しかし時間は、自分の人生分という上限がある上、何もしなくてもだんだんと無くなってしまう、恐ろしく最悪な代物だ。


「時間」を選択した場合、自分に価値を与える「行動」をとらなければ、何も価値を持たない。無駄になってしまう。
「何もしなくてもいいし、何してもいい」という時間を優先した生活を送るのは、一番楽なようで実は一番シビアな選択肢だ。


時間の代わりに働いて金を得るか、時間の代わりに勉強して肩書を得るか。
よく考えると、金も肩書も時間を対価に手に入れるもの。
結局時間を価値あるものに変える行動をしなければ、膨大な時間が無駄になってしまうということだ。
お金と肩書と時間を比較したが、時間あってのお金や肩書だったか。

 

 

与えられた時間を生かすも殺すも自分の自由なのだが、やはり目的達成のために利用したいところではある。
だって、私自身の今のスペックがなぁ・・・


会社勤務 (でも時間はめっちゃある)
給料は安い (でも時間はめっちゃある)
一応大卒 (でも時間はめっちゃある)
目立った資格なし (でも時間はめっちゃある)
特にイケメンというわけではない (でも時間はめっちゃある)


だからなぁ。もっと頑張れそうな気がするのだ。
せめてここに


月○十万PVのブログ運営 (その為忙しい!)


が加われば、ちょっとは見栄えのするスペックになって、今より少しくらいモテる
色んな人と交流を持ち、自分の人生を楽しめそうなのだが。

 

 

しかし、もし本当に時間を自分のために、または他人のために有効活用できたのならば、そんじょそこらの人間以上の収入に肩書、さらなる時間まで得られるかもしれない。一発逆転のチャンスがあるのは「時間を優先した者」なのだ。

時間が沢山ある暇人諸君!あとは自分次第!私と共に、この腐るほど、売るほどある時間を有効活用していこうじゃないか!

 

何が有効活用なのかはわからない。それを見つけ出すのも自分の能力だ。やはり難易度は非常に高い選択であることを忘れてはならない。でも。それが見つかるまで諦めなければ、まぁそれなりに道が開ける気がする。うん、断定はしない。

 


しばらくの間、私の時間は引き続き「ブログを成長させること」に使っていこうと思う。
ブログを起点にフリーランスになるなんてことは片手間でできることではないはずだ。
彼女を作るのは後回しにしようと思う(と言いつつ全然諦めてないから何だかんだ活動する)。