私の名前はジロギン。

ハンターハンターなどの漫画考察、雑記、怖い話、商品レビューなどを書いています!

MENU

私は笑わない。なぜなら…

スポンサーリンク

私は何をやらせても出だしがすごく悪い。
中学の時の部活もそう。
高校・大学受験もそう。
出だしは周りの人たちと比べて最悪。
本当に何もできないんじゃないかってレベル。

でもありがたいことに、スロースターターならではの超後半追い上げタイプでもある。
引退試合に今までにないほどの力を発揮したり、受験日当日に苦手科目がサラサラ解けるようになったり…

自分としては正直やきもきするというか、ヒヤヒヤする場面が多くて嫌になる。

もっと余力持ってクリアできないかな?

と思う時が幾多とあった。




飲み会の時もそうで、私はエンジンがかかるのに時間がかかる。

飲み始めを19時とするならば、私のエンジンがかかるのは22時頃だ。
しかしエンジンが一度かかれば、朝の5時までエンジン全開状態で乗り切ることができる。
これは良いのか悪いのか。だが私はこの性質によって、厳しい戦いを幾度か乗り越えてきた。




正直、エンジンがかかる前の私はつまらない。
というより、人の話に興味を持たないから、つまらないと言われる。
まぁその通りなのだが。

人が話していても

「あぁ、そうなんだ。へぇ。」

程度の感想しか持たないことが多い。
例えばとても深刻な問題なら別だが。
「俺この前旅行行ってさぁ」
みたいな話は、正直興味がない。
ブログとか見れば、同じところ言ってももっと魅力的にその旅を表現している人がいると思うと、どうも親身になれない。
親身にならなくていい話ほどそう。

冷たい人間だと言われる。で、まぁ当たってる。
人に興味を持たない。かなりヤバイやつなんだろうな私と思う。
通常の感情としては、金魚より感情表現がないんじゃないだろうか。




面白いとは思っている時もある。
そういう時もあるんですけど、ただ笑ってないだけだということを理解してほしいけど、無理なんだろうなと思う。