私の名前はジロギン。

ハンターハンターをはじめとした漫画の考察や、1000円以内で出来る懐かしい遊びなど、幼かったあの頃に帰れるブログです!

MENU

なぜ忍者は「ニンニン」というのか?

スポンサーリンク

ニンニン

 
といえば何でしょう?
そう、「忍者」ですね。
黒い装束で身を隠し、背中には剣を背負い、
敵に遭遇したら手裏剣や忍術で対抗する。
普段は闇に隠れ、そしてニンニンと言っている…
 
ん?ニンニン?
 
なぜニンニンって言う必要があるんだろう?
一見何の意味もなさそうですが、忍術といえば「ニンニン」と言うイメージがあります。
誰に教わったわけでもありませんが、忍者の真似をするときなども、両手の人差し指を伸ばして組んで「ニンニン」って言っちゃいます。
 
なぜ忍者はニンニンと言うのか。
というより私たちの中で忍者=ニンニンというイメージがついているのか?
今回はそれについて考察したいと思います。
 
f:id:g913:20160505183932p:image
 
 

多分これが原因

 
忍者がニンニンと言うイメージはおそらく、有名忍者漫画
 

『忍者ハットリくん』

 
によって私たちに植えつけられました。
『忍者ハットリくん』といえば、藤子不二雄A先生が手がけた名作漫画ですね。
漫画が描かれたのは50年以上前のようです。
とても歴史を感じさせる作品ですが、おそらく小さい子でも知っている子は知っているのではないでしょうか?
 
アニメ化や映画化(実写化も含む)、その他商品化などもされていますので、直接漫画を知らない世代にも浸透しているのではないでしょうか?
かく言う私も全く忍者ハットリくん世代ではありません。
私の世代で忍者漫画といったら「NARUTO」ですね。
小学生になるかならないかくらいの時に連載が開始されました。
 
 

 

 
話を戻します。
忍者ハットリくんの主人公・ハットリくん(本名:ハットリカンゾウ)の口癖が
 

「ニンニン」

 
です。ニンニン言ってます。
その理由はわからないものの、おそらく
「忍者」の「忍(ニン)」から、ニンニン言ってるのではないかと思います。
例えると、「ケロケロケロッピ」みたいな感じです。「ニンニン忍者ハットリくん」みたいな。
 
忍者ハットリくんを見た世代が、
「忍者ってニンニンって言うんだ!」
と認識し、その子供、そしてその孫と語り継がれ、未だに忍者はニンニン言ってるというイメージが定着している…と見て間違いないでしょうね!
 
 
 
 
本来なら忍者はいわゆる隠密活動を行うスパイです。
物かげや天井裏に潜み、重要な機密事項を盗み聞きしたりするのが本職です。
 
しかし、そういった忍者の活動中に「ニンニン」と言ってしまったらどうでしょう。
 
「そこに忍者いるよ!だってニンニンって聞こえたもん!忍者はニンニン言うんだから、間違いなくそこに忍者いるよ!」
 
と敵国の殿様などにバレてしまいます。
本来の忍者はニンニン言うのはまず得策ではないでしょう。あくまでニンニン言うのは私たちのイメージに過ぎないわけです。
 
 
 
 
 
結論からすると、
 
忍者はニンニン言うというイメージは『忍者ハットリくん』によって一般化していったと見て間違いないと思います。
 
また1つ世の中の疑問が解決しました…ニンニン!
 
 
 
こちらの記事もどうぞ!!