私の名前はジロギン。

ハンターハンターをはじめとした漫画の考察や、1000円以内で出来る懐かしい遊びなど、幼かったあの頃に帰れるブログです!

MENU

ドラクエ7の最初の遺跡を私が簡単にクリア出来た理由

スポンサーリンク

f:id:g913:20160530200550j:image


私は暇な時や二日酔いで何も出来ない日は布団で横になり、2ちゃんまとめをひたすら見ています。
目と指しか使わずに出来る2ちゃんまとめ閲覧は二日酔いの日には最適ですね。

基本的にはハンターハンターの考察を読み漁ってます。私のハンターハンター好きはハンターハンターまとめサイトで書き込んでいる方々にもそこそこ匹敵出来るんじゃないかなと思っています。



その他に見るまとめサイトはゲームのまとめサイトで、特にドラゴンクエストのまとめはよく見ますね。
私がプレイしたことがあるのはドラクエ3、5、7、8のみですが、一時期はハマってましたね。最近めっきりやらなくなり、「ドラクエの2ちゃんまとめ見てれば良いか」という気分になってますが…



そんな感じで見てきたまとめサイトですが、ドラクエに関して幾度も議題に上っている事柄がいくつかあります。

例えばキラーマジンガ強すぎ!」とか
「ラスボスで最強なのは誰?」とか
「最もトラウマな敵は?」とか…

これらは何度も議論されている議題です。詳しくは語りませんが、調べればすぐにまとめが見つかると思います。よろしければ調べてみてください。




そんなドラクエまとめの中で、この議題も良く上がります。それは…

ドラクエ7は最初のスライムに遭遇するまでに挫折しがち」

という議題です。

スライムといえば、ドラゴンクエストシリーズ最弱にして最も有名なモンスターです!
ほとんどのシリーズで最初の敵として立ちはだかります。

最初の敵と戦うなんて、ゲームをやっていればものの数分でたどり着くはず。
しかしドラクエ7はそうもいかないのです。



主人公が住む「エスタード島」は世界に一つだけしかないない平和な島です。
モンスターは一匹も存在していません。

そんな主人公がモンスターに出会うまでには、親友キーファとともにエスタード島の遺跡の謎を解明しなければいけないのです。

この遺跡にもモンスターは出現しません。
しかし、遺跡の奥に進むために施された仕掛けが難しすぎて、当時の子供達を挫折させてきたというのです。

ドラクエ7の発売日が2000年頃でしたから、30歳前後くらい以上の方には馴染みがあるのではないでしょうか?
確かに子供にやらせるには仕掛けが複雑すぎて、諦めちゃう気がします。
しかも解決のヒントも分かりにくくて、攻略本なくしては難しかったと思います。

この遺跡をクリアしない限り、スライムにすら出会うことは出来ません。
冒険が始まらないのです。なんと悲しいことでしょう。





私がドラクエ7をプレイし始めたのは発売からだいぶ時間が経った2004年頃。
中古で買いました。ゲオで。

当時の私は小学6年生。まぁそこそこゲームもプレイしてきたし、それなりの難易度でもクリアできるレベルだったと自負しています。
中学からは部活を始めてゲームをやる機会がめっきり減りましたが、ちょうど小学6年まではバリバリのゲーマーでした。

そんな中で始めたドラクエ7
問題の遺跡にたどり着いた当時の私でしたが…

サクッとクリアしてしまいました!

特に苦戦した記憶はありません。
そして特に攻略本を読んでやったわけではありません。

それでもクリアしてしまいました。
ある程度年齢がいっていたというのもあるかもしれませんが、その数年後に2ちゃんまとめを見て、

「えっ!?ドラクエ7の最初の遺跡って難しかったの?」

と改めて驚くほどでした。






そう、私は天才ゲーマーだった…
なんてことは無いんですよ。
思い返せば簡単なことでした。

そもそも私がドラクエ7を購入したきっかけは、ドラクエ7の小説を読んだから」なのです。

1〜3巻セットでした。
私自身、小説は未だに苦手で、読むのが途中で億劫になってしまうんですけど、このドラクエ7の小説は読破しました。
その期間はゲームを止めて読んでましたね。
しかも何周も読破したした記憶があります。

そんなこんなで、私は小説で最初の遺跡の謎を理解しており、

「あっ、ここ小説で読んだところだ!」

と進研ゼミばりの予習で攻略してしまったのです。
小説内に直接的な攻略の説明はなかったものの、仕掛けのヒントの意味を理解するには十分だなってくらいの情報があり、難しさを感じずに終えてしまいました。

うん、この予習力が勉強に発揮できていればもっと頭良くなっただろうな。
まぁそうはいかないのが子供なわけで。そんなわけで。




リメイク版のドラクエ7では、この遺跡に対するクレームがひどかったのか、だいぶ改修されて、ほとんどの仕掛けが取り除かれちゃったらしいですね。
私はプレイしていないのでわかりません。2ちゃんまとめの情報です。

ゆとり世代仕様」なんていう解釈もされていますが、今思うと、私もサクサク進めたとはいえ、なんで導入部分であんなに時間かけさせたんだろうと疑問に思います。

焦らしですかね?モンスターに会うまでのワクワク感を限界まで引き延ばし、そして登場するスライム。そこでプレーヤー達の興奮をピークに持ってこさせてもっと楽しませる的な…




それか、スライムが制作サイドに頼んだ可能性もありますね。

スライム「もう何作も何作も俺たち雑魚キャラ扱いされて、マジ辛いっすよ…
ほとんどのプレーヤーが俺たちのことバカにしてるんですって。本当に限界です。ストレスで髪が抜けちまってますよ、こっちは。
俺たちを強くしろとは言いません、言いませんけど、せめてプレーヤー達に俺たちと戦うことが改めて楽しいと思わせられる仕様にしてくれないっすかねぇ?堀井さん!?」

みたいな感じでね。




まとめサイトを見ていたら、昔のことを思い出したので、こんなことを書いてみましたとさ。
病み上がりにはちょうど良い文量。




こちらの記事もどうぞ!