私の名前はジロギン。

ハンターハンターをはじめとした漫画の考察や、1000円以内で出来る懐かしい遊びなど、幼かったあの頃に帰れるブログです!

MENU

社長とケンカしたった!

スポンサーリンク

今日は私の会社の社長と一悶着起こしちゃいました笑

経緯がありまして、今私と後輩が携わっている事業は、誰が見ても成立し得ない事業で、周囲からもかなり厳しいという声を聞いておりました。

実際その通りで、いろんな企業様にお話を聞いても、「そんなのできるかっ!」「それは15年前に終わったビジネスだ」という声を貰うばかり。

契約が取れた企業にしても、「とりあえず契約だけしておくわ。」程度の、明らかに乗り気じゃあない状態。今後契約が白紙になること必須のような状態です。

これ以上先がない状態にあり、私は後輩とともに現状報告を社長にしました。
しかし社長は

「営業力がないからだ」
「熱意がなければ事業は成功しない」
「諦めたらそこで試合終了」

みたいなことしか言わないのです。
それどころか、私たちが反旗を翻した様にさえ扱う始末で、私もついつい頭にきてしまいました。

社長自身も私たちの行為に少し焦っている様でした。というのも、私の会社は非常に若い社員が多く、平均年齢は25歳程度なんですね。
ですから倍くらいの年齢がある社長に対して物言いするという人はほとんどいなかったのではないかと思います。
というより、そういう人たちは皆辞めてしまって、社長の言うことを素直に聞く人たちが残っているという印象です。

だから私たちのように「出来ないものは出来ない」と言ってくる人たちは久しぶりだったんでしょうね。

それに周りの人たちからも「そんなこと言って大丈夫か?」と心配される始末。
別に私たちは事実とそこから感じたことを伝えただけで、何をしたというわけでもありません。

社長への報告全てが社長にとって都合の良いものなはずがありません。
むしろ悪い部分を包み隠して報告せず、良いことだけ報告していたら取り返しのつかないことになることだってありえます。
聞こえの良い報告なら誰にでも出来ます。しかし事実を報告するのが報告というもののはずです。


また社長の言葉も営業力がないだの熱意がないだの、根本的な解決にならないものばかり並べて、そんなことで解決したら世の中どんなビジネスだって成功しているはずです。
それでは乗り越えられない壁があるからこそ、ビジネスっていろんな調査をしたり戦略を練ったりするのでしょう。それもなく熱意がどうのこうの言われても成功するとは思えません。

 

私は完全に頭にきてしまい、もう仕事に対する熱意なんてものは逆になくなりました。
もう明日から何をモチベーションにして会社行こうかと悩んでしまいます。

まぁむしろ時間は出来ましたけどね。私たちはおそらく社内で干されてしまいますから、後輩一緒にブログ書くか、何か自分たちで楽しいこと考えてやってやろうと思います!

 


さっきまで頭にきていましたが、自分たちで好きなことが出来る時間が増えるならば、これはチャンスです!もうとことんやってやりますよ!
明日会社行ってデスクとか全部無くなってたら即行家に帰ってブログ書きまくりますね!
そしたら超最高!!!


組織で生きていくためには、上の指示には黙って従い続けることが鉄則なのかもしれませんが、そうやって黙認すればするほど自分というものが無くなってしまう気がします。
自分が無くなってしまっては、ブログも書けません!

もうこうなったら歯向い続けますし、辞めてやる覚悟も出来ちゃいました!思い立ったが吉日ですね!不思議なことに後悔も何もありません!

心残りは後輩を巻き込む形になってしまったことですが、後輩も社長のやり方には疑問を持っていましたし、今の事業の限界も私以上にわかっていました。だから私の選択には同意で、こんなもの続けていても誰も喜ばないと正直に語ってくれました。

 

出来ないものは出来ない。
それを言って何が悪い。


うん、マジでこれを機に辞めたい笑
「辞める前に君に投資した分の金を返せよ!」と言われたけど、知ったこっちゃあねぇぜ!
賭けで失った分の金返せってのはどこの世界で通じるんだ!?
ギャンブルに負けたらそこまでだろうが!!

 

といことで明日から伸び伸びとした気持ちで会社に行けそうです!
あまりブログをこういう発散の場にしたくなかったですし、今回の記事を読んで心を害された方には申し訳ありませんでした。
申し訳ありませんでしたが、あー!スッキリした!!!

 


こちらの記事もどうぞー!