私の名前はジロギン。

ハンターハンターをはじめとした漫画の考察や、1000円以内で出来る懐かしい遊びなど、幼かったあの頃に帰れるブログです!

MENU

昨日の自分を乗り越えるには「プレッシャー」が必要!

スポンサーリンク

f:id:g913:20160612204815j:image

 

 

 

今日はこの記事で5記事目の更新です。
昨日は4記事書きましたので、平日より多く書けました。ただ記事数だけ多ければ良いというわけではありませんが、この記事をもって昨日の自分以上の成果を出せたということになります。
簡単に言えば、「昨日の自分を乗り越えた」ということですかね。それだけ多くの時間記事を書くことに集中できたというわけですから。

 


正直この記事を書くかどうかは迷いました。
今日1日全く記事を書かなかったわけでもないですし、単に記事数を増やしたところで自己満足にしかなりません。しかし何でしょう、せっかく時間もあるし、今日もう1記事多く書くことが昨日の自分を乗り越えることになるなと思いました。


というのも、昨日も今日と同じようにもう1記事くらい書く余裕はあったのです。しかし、良いネタが思いつかず断念し、そのまま2ちゃんまとめを見て満足して寝てしまったのです!!
ちょっとそれが心残りでして、今日も同じような状況になりそうでしたので、あと1記事、少ない文字数でも良いから書こうと思いました。

 

 

昨日の自分というのは非常に厄介です。
なぜなら味方のようですが敵だからです。
サポートしてくれているかと思いきや、突如として牙を剥きます。もはや裏切りに近いです。


特にブログを続けているとよくわかります。
今日までブログを書き続けるというバトンをつないでくれたのは昨日の自分です。
昨日の自分がサボってしまっていたら、確かに乗り越えるのは簡単です、1記事でも書けば昨日より成果を残せるわけですから。すぐ達成出来ます。けどそんな中で今日までしっかりつないでくれた昨日の自分は、今日までの自分をサポートしてくれた味方と言えます。


しかし毎日書き続ければ続けるほど、ネタは無くなり、文章を考えるのも大変になってきます。すると、昨日の自分を乗り越えることが難しくなります。
書けば書くほど自分の首を絞めてくる、昨日の自分は今日の自分の敵でもあります。


味方のようで敵…昨日の自分というのは例えるとルパン三世峰不二子みたいな感じですね。
裏切りは女のアクセサリーという言葉がよく似合います。

 


また、厄介なのは、昨日の自分も今日の自分も、自分は自分であることです。すなわち目の前にはっきり敵として存在している他人ではない分、


「まぁ頑張ろうが頑張るまいが自分次第だし、別に誰かに差をつけられるわけでもないし、誰かに怒られるわけでもないし、今日はいいか。」


というサボるための言い訳が頭の中を駆け巡り、昨日の自分に負けるコースを一直線に進んでしまいがちだということです。これも厄介です。
この言い訳は何も間違ってないのです。別に自分が今日頑張らなくても誰が困るわけでも、誰かに怒られるわけでもない、自分がまたどこかのタイミングで頑張れば良い…
間違っていません。

ですので昨日の自分に負けてしまうのですね。いやぁ厄介厄介。本当に昨日の自分に勝つのは難しい。

 

 


自発的に昨日の自分に勝つというのは相当な精神力がなければ難しい、というより勝ち続けることには限界があるかと思います。
どんな人でも負けてしまうと思います。


おそらく勝つには「自制心以外の何か」が必要ですね。それは良くも悪くも


「プレッシャー」


だと思います。

 

例えば、甲子園球児たち(最近おじさんになってしまったからかな?野球の例えが多いなぁ…)。


彼らは毎日厳しいノックをして球を追いかけ、何百、何千という回数の素振りを行います。
これを1人でただ黙々と毎日行えというのは、とても酷ですし、まず出来ません。
しかし何故彼らがそんな厳しいことを出来ているか、それはプレッシャーがかかっているからです。


「試合に勝つためには自分が上手くならなければいけない」


「プロになるため自分の実力をスカウトマンに認めてもらわなければならない」


「次の試合で負けたらレギュラーから外される」


「今度エラーしたら監督に怒られる」


「遠く離れた強豪校に通うため高いお金を出してくれた親に自分が試合に出て活躍する姿を見せたい」


などなど、理由は様々だと思いますが、これらのプレッシャーが彼らを駆り立て、厳しい練習にも毎日臨める強い精神力を生んでいると思います。そういったプレッシャーがないとやはり無理です。


このようなプレッシャーが昨日の自分にも勝つだけの力をくれると思います。
心のゆとりを持ってやりたいところですが、多少のプレッシャーが人間には必要です。

 


私も今こうして昨日の自分に勝つために、プレッシャーをかけています。それは、


毎日読んでくださる読者さんがいる

 

というプレッシャーです。
自分がサボれば、せっかくやってきてくれた読者の皆様をがっかりさせてしまいます。
そうさせないためにも毎日の更新をしようと自分を鼓舞しています。それが良い方向へと作用しており、ブログを更新する活力となっています。
本当に読者の皆様ありきのブログなのだと痛感します。

 


今日5記事書いた自分は、明日の自分にとっては強い味方であり強敵です!
平日ですから、今日ほど記事数を増やすことは出来ません。では明日の勝利条件は何か?
それは


「昨日5記事書いたから今日は1記事でいいや」

 

と思わずに書けるかどうかです。最低2記事、できれば3記事というペースを崩さないようにできるかどうかが明日の勝利条件になると思います。


あまりにも記事数を意識しすぎて1記事あたりの質や文量を落としては本末転倒ですが、2〜3記事なら集中すればしっかり記事を書けるはずですので、負けないように頑張りたいと思います!


昨日より今日、今日より明日!
もし昨日と同じくらいの成果になってしまっても、「昨日と同じ成果を2日連続で出せた」と思えば、まさに昨日の自分を乗り越えたことになると思います。


少し負けそうになったらこの記事を思い出していただけると幸いです。

 

 

こちらの記事もどうぞ!!