私の名前はジロギン。

ハンターハンターなどの漫画考察、雑記、怖い話、商品レビューなどを書いています!

MENU

誕生日プレゼントに「本」を送るのもありですよね?

スポンサーリンク

今日は会社の同期の誕生日会を開くことになっています。私主催ではなく、むしろ3日前に突然言われたので、ブログも書きたいですし、行かないでおこうかなと思ったのですが、せっかくの誕生日会を荒らすのも楽しいだろうなと思い、参加することにしました。
悪い考えしてますね。ダークジロギン。

 


やはり誕生日会に参加するからにはそれなりの誕生日プレゼントを買わなければなりません。
まぁ悩みますよね。何が良いかなと。
特に私は人の誕生日を祝うようなタイプではないので、悩みますね。


こういう時には


自分が貰って一番欲しいもの


をプレゼントとするというのが良いと聞いたことがあります。

 

もし自分が誕生日に貰って嬉しいものは何かなと考えてみて、パッと思いついたのは「本」でした。
実のところ私は本をそんなに読みませんが、人からプレゼントされた本なら読むでしょうし、プレゼントされたらどんな本でも割と嬉しいと感じると思うのです。
本当に、昆虫図鑑とかでも嬉しいですもん。

 

 

 


ということで昨日、本屋でプレゼントとなりそうな本を探しに行きました。


しかしやはり迷う…どれにすれば良いのか…
一応事前に調べておいたんですけど、プレゼントにおすすめな本としてネットで紹介されていたのが「星の王子さま」とか「100万回生きたネコ」とか、そういう本が多く、確かに良い作品なのですが誕生日に貰うものでもないだろうと思い、結局自力で探すことにしました。

 

迷うこと20分。うん、そんなに迷ってないですね。
私はちょうど良い本にたどり着きました。

それがこの本です。

 

 

f:id:g913:20160714065031j:image

 

 ちょっと画像がボケてますが、

「新規開拓営業の鉄則」という本です。

ビジネス書ですね。

 

何がこの本が良いかというと、これは私たちの会社の同期にしかわからないことなのですが、
この本は私たちが今勤めている会社に新卒として入社する前、会社から読むように言われた本なのです。研修前資料みたいな感じで、配られました。


タイトルからして見るからにブラック臭の強めな本で、「マジかよ…ブラック企業入っちゃったのかよ…」と私たちを落胆させた思い出の本です。

あれから1年以上経過し、仕事にも慣れ、だんだんと社会を舐め始めているであろう社会人2年目にとっては、初心を思い出す上で、この本を改めて渡しておきたいと思いました。


緊張して出社した初日。
初めての上司。
仕事のミス。
社会人としてのマナー。


何もかも分からなかったあの時を思い出し、今一度仕事に打ち込むためには、この本が必要だと感じました。


一度貰ったものをもう一度もらう…
さぁて…一体どんな顔をするだろうか…(ニヤリ(^(^)

 

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ!!!