私の名前はジロギン。

ハンターハンターをはじめとした漫画の考察や、1000円以内で出来る懐かしい遊びなど、幼かったあの頃に帰れるブログです!

MENU

「テレアポ万歳」企業の現実。テレアポなんて非効率な営業方法やがて無くなるよ。

スポンサーリンク

f:id:g913:20160805073443j:image

 

 

現在私は営業の仕事をしているので、全く見知らぬ企業に電話をかけたりします。いわゆるテレアポですね。
正直に言うとテレアポって迷惑極まりない行為かつ非効率的な営業手法なんですよね。
営業の基本=テレアポみたいに考えられてますが、多分今後テレアポなんて消滅すると思います。


私同様テレアポをしている方ならお分かりかと思いますが、基本的に各社「営業は受けないように」と言われているでしょうから、受付の方がブロックします。1000件電話をかけて2〜3件アポイントが取れるくらいが平均ですかね?悪い時だともっと割合は低いです。
しかも電話に出たら、必要のない売り込みの電話だったらその時間は無駄な時間になりますし、かけた側にとっても無駄な時間です。
双方にとってメリットのない時間を生むのがテレアポだと思います。

 

 

 


私の父は、私の会社より1000倍くらい大きい会社に勤めております。名前は出しませんが、業界トップの会社です。全然偉い立場ではないですが。
業界トップクラスの知名度のある企業になると営業の方々はテレアポをしないそうです。テレアポをしなくても問い合わせで案件が来るとのこと。まぁCMとか打てますからね、それがテレアポ1億件ぶんくらいになってそうです。大手企業になると、業界によるとは思いますが、基本テレアポは不要という企業が多いようですね。

 


また、私が転職を考えていた時に受けた企業でも、私が「営業では主にテレアポをしています」と面接官に伝えたら驚かれました。
その企業では、全てインバウンド営業、つまり問い合わせのみでテレアポなどは行わないそうです。これは創業当初から品質にこだわり続けた結果、仕事の質の良さが話題になり、今ではテレアポや飛び込み営業など不要になったそうです。
その企業には別の職種で受けたのですが、営業職の募集をしていたら確実に転職してましたね。でも募集をしていないということは辞める人が少ないのでしょう。そりゃそうだ、インバウンド営業なんて待ってれば仕事が来るわけですから、精神的に楽ですもん。

 


今勤めている会社では、「テレアポの回数=それだけ営業を頑張っている」という化石みたいな価値観が根強く残っていて、1日のほとんどをテレアポで終えます。むしら多少営業成績が悪くてもテレアポさえしていれば許されるみたいな本末転倒な事態になっていて、私はウンザリしています。
言い方は悪いですが、「商品の質の低さを営業が言葉でごまかしている」ようなそんな感じで、売っている方もしてもいい気分はしません。

気分良く仕事がしたいです。

 

 

 

中小企業はテレアポなどのアウトバウンド営業をしなければならないのは事実ですが、ネームバリューもない企業でテレアポをするっていうのはかなりハードモードですよ。自分で興した会社ならば自分がやらなければならないのは当然ですが、一社員として働くのなら、中小企業の営業っていうのはかなりの精神力や確固たる目的がなければキツイと思います。


あと相手にも怒鳴られますからねぇ…確かにテレアポって時間の無駄ですしムカつくでしょうし、かけてるこちらが悪いのは事実。
しかし電話越しとはいえこんな秒速で、しかも初対面の相手に向かってキレられるって人間性どうなってるんだと疑問に思うことさえあります。例えばその電話先がすっごいやばい、そういう闇側の企業だったらどうするんでしょうかね。代表クラスの人ならネットで顔割れしてますし、迂闊にキレない方がいい気がしますが…
いずれにせよテレアポは双方に良い結果をもたらしません。

 

 

また自分の会社に対して腹の立つというか煮えきれない思いがあるのですが、「テレアポしろテレアポしろ」って何かにつけて言うくせに、うちの会社は他社からの電話営業は全て受電した人が断るように言われているのです。
いやこんなにテレアポの重要性(笑)を訴えてるのならちょっとは他社の営業マンの話聞いてやれよって思います。面倒ですけど、その矛盾に腹が立ちます。


ですので私は受電したときは、「多分この営業マンも何百件って電話してるんだろうな」と思い、なるべく優しく断るようにしています。
でもそっちの方がいいと思うんです。いつこの電話先の相手が自分のお客さんにとってなるかわからないので、優しく接しておいて自分に損はないですし、相手の心労にもなりませんから。
もしかしたらその営業マンが私のブログを毎日読んでくださっている方かもしれませんからね。だとしたら冷たく接するなんて論外ですよ。ありがとうと言いたいくらいです。

 

 


中小企業の、特にうちの会社のような「テレアポ万歳」企業の現実を少しでもお伝えできたのなら幸いです。
これから転職を考えている方、あるいは新卒で勤めるという方、テレアポは非常に辛いものです。
でもおそらく10年もしないうちに電話営業はかなり少なくなると思います。本当に効率悪すぎですし、離職の原因でもあると思います。だからなくなるはずですよ。

 


私の目標としては、当ブログを成長させ、多くの企業に「テレアポなんかするよりジロギンのブログに広告を載せてもらった方がよっぽど効果がある」と思ってもらうことです。
うーん、テレアポしてる間にもブログ書きたい…

 

 

 

 

営業のプロが新人のために書いた はじめての「営業」1年生 (アスカビジネス)

営業のプロが新人のために書いた はじめての「営業」1年生 (アスカビジネス)

 

 

 


こちらの記事もどうぞ!!!

 

g913.hatenablog.com

 

g913.hatenablog.com