私の名前はジロギン。

ハンターハンターなどの漫画考察、雑記、怖い話、商品レビューなどを書いています!

MENU

休みの日ほど人間性が明らかになる

スポンサーリンク

f:id:g913:20160811084308j:image

 


今日からお盆休みだぜー!いえーっ!ざまーみろぉ!??


と朝からハイテンションになっている私です。
今日から5連休に入ります。山の日がなければ4連休どまりでした。
いやぁ本当に山の日様様ですね。いいタイミングで生み出されたもんですよ。


ということで連休初日、何をするのかというと…
何もありません。そうブログを書く、寝る、食べる、う○こするのみ。
それ以外これといったやるべきことがありません。


私はかなり、いや病的なほど物事に頓着が無く、


「○○をしなければならない」


という状況にない限り「何もしていないこの時間こそが幸せ…」と考えてしまう無欲人間なのです。
若者たちの○○ばなれみたいなものの典型です。
車も興味ないし、服とかも特に高いものが欲しいとかこだわりはないし、食べ物も料理が楽でお腹いっぱいになればいいし、
酒は…飲みますけど、なんか気品あふれるワインみたいなものではなく安い焼酎でいいです。
そんな人間です。


そんな私が行動を起こすためには、自分の予定に「自分以外の誰か」が絡まないとなのです。
その誰かは家族でも友達でも誰でもいいのですが、「誰かも参加するから自分もいかなきゃ」みたいな動機づけがないと、
活動的になれないんですよね。
自分ひとりだと「まぁいいか、後でで。」という気持ちになってしまい。できないことが多いです。
髪を切ることなどは、本当に自分次第の予定なので後回しにしてしまい、キモロン毛状態になってしまうことが多いです。
もしこれが「知り合いの美容師さんの店に切りに行く」とかだったら話は別。
決めた日時に髪を切りに行くことでしょう。その美容師さんが待っているはずですので。
でも私には知り合いの美容師さんはいないですし、私の髪を切るために働いている美容師さんはこの世にいませんから、
「まぁ別にいいや。」という気持ちになります。

 

今思うと相当厄介な性質ですねこの私の性質は。
とりあえず誰かを巻き込む、「道連れ気質」ってところですか。
自分ひとりだけで完結することも誰かにとりあえず声をかけてみます。
一人でできないというわけではなく、私の重い腰を動かすためには「誰かがいる」という思いが必要なのです。

 

一人で何でもパッパッと取り掛かれる行動力が欲しいなと思います。
というよりもっと物事に興味を持つ心が欲しいなと思います。
友人からは


「ジロギンよ、お前は一体誰が死んだら泣くんだ…?」


と聞かれてしまう始末…他人にも興味がないのです。
誰かにいてもらいたいけど、誰でもいい…ここでも無頓着さが出ています。
もっと誰かを大切にしたいなと思います。
誰だろうな…今大切なのは…私がもう5年間飼っているペットの金魚
『キラーフィッシュ』
ですかね…。こいつだけは本当に私を頼りにしてくれる相棒ですよ…オスかメスかもわからないんですけど。

 


物事に無頓着な私のお盆休みはまるでピラミッドに眠るファラオのように何もしない休日となるかもしれま…
いや!13日!13日は出かける!よし!セーフ!大丈夫!ファラオ状態にならない!
…ってこういう風に「最低限」を満たせばいいみたいな性格が無頓着さをかそくさせているんだろうなぁ…

 

 

 


こちらの記事もどうぞ!!!