私の名前はジロギン。

暇つぶしのためのブログです。ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、ハンターハンター、ナルト、ワンピースなどの漫画考察記事を書いています。電車の中や仕事の休憩中、寝る前などおヒマな時にどうぞ!

MENU

【ハンターハンター】ゼノの念能力は変化系?放出系?

スポンサーリンク

 

今回はハンターハンターの記事です!単行本を読み返していたら疑問に思う箇所がありました。


キメラアント編の後半戦に差し掛かる部分です。ハンター協会の会長ネテロは、最強の念能力者とされた自分でも太刀打ちできない可能性のある蟻の王・メルエムと1対1での決闘を行います。そのためにはまずメルエムの側近である護衛軍を引き離す必要があったため、巨額の資金をつぎ込んでゼノを雇い協力させます。

 

この一連の場面でゼノは、自身の念能力「龍頭戯画(ドラゴンヘッド)」を応用した念能力を複数使います。ゼノは設定では変化系とされているのですが、キメラ=アント編におけるゼノのドラゴンヘッドは、放出系のように描かれているなと思うのです。ゼノの念系統は変化系なのか放出系なのか疑問に思ったので、考えてみたいと思います!

 

 

ゼノ=ゾルディックとは?

 

f:id:g913:20160904085734j:image


暗殺一家ゾルディック家の一員で、キルアの祖父にあたります。「一日一殺」「生涯現役」などの格言のようなものを服にぶら下げている白髪の老人です。
見た目は老人でも作中屈指の実力を持っているとされています。根拠としては、武装したマフィア数十人を7秒以内で全滅できる(自称)、クロロと同等かそれ以上の実力、バトル大好きなピトーがゼノのオーラに触れた途端臨戦態勢に入るなど、その強さをアピールするような描写が複数あるためです。


念能力は「龍頭戯画(ドラゴンヘッド)」という能力で、オーラを竜の形に変化させて敵を攻撃したり、人を運んだりすることもできます。

 

f:id:g913:20160904085755j:image

 

 

 

ゼノは変化系?放出系?


ハンターハンターのキャラクターブックでは、ゼノは変化系の念能力者とされていました。息子のシルバも変化系、孫のキルアも変化系であるため、一説には「ゾルディック家の白髪の家族は変化系でゾルディック家の当主になる」とされていました。
また、変化系は「オーラを手元から離して使うのが苦手」にある系統で、11巻の時点でゼノが「牙突(ドラゴンランス)」をクロロに向かって使った時にはオーラはゼノの手にくっついていました。

 

f:id:g913:20160904085840j:image

 

やはりこれは変化系の性質が故だと思います。同じく変化系のヒソカのバンジーガムも、手元から離さなければどこまでも伸ばすことが可能ですが、離すと10mくらいしか伸ばせなくなります。
これらのことから考えるとゼノは変化系で問題ないのですが、キメラアント編のゼノは「オーラを手元から離して使うのが苦手」という変化系の性質を無視している気がするのです。

 

 

放出系説が浮上した点


まずはゼノが宮殿進入時に使った

「龍星群(ドラゴンダイヴ)」

 

f:id:g913:20160904085906j:image

 

大きな龍のオーラが分散して無数の小さな龍となり降り注ぐ能力です。これは明らかにゼノの手元からオーラが離れています。小さな龍でもコムギなどの一般人が当たれば致命傷になる程の威力はあります。変化系なのにオーラを離してもそれだけの力が持続するのかどうか、疑問です。


その後、ゼノは「龍頭戯画(ドラゴンヘッド)」を使い、ネテロとメルエムを龍に乗せて少なくとも数キロ離れた場所まで運搬しています。これもどちらかというと放出系が得意とする芸当だと思います。

 

f:id:g913:20160904085924j:image


ということを考えると、ゼノは変化系なのか放出系なのかわからないのです。わからないですが、私なりに答えを出してみました。

 

 

 

ゼノは変化系も放出系も

極めている


ハンターハンターには念系統を複数使った発を持っているとされているキャラクターもいます。例えばモラウの「紫煙拳(ディープ・パープル)」。基本的にはモラウが吐き出した煙を操る能力ですので、操作系の能力であると考えられますが、モラウはディープ・パープルで分身を作っています。これはオーラを手元から離して使う必要があるため、放出系の能力も併用しているとみて良いでしょう。このように1人で複数系統を使うことも可能です。


モラウの場合、操作系と放出系は近い系統なので、どちらも得意であると言えますが、ゼノの場合、変化系と放出系は遠い系統なので、互いに苦手な系統のはずです。
しかし、ネテロのような念を極めた使い手になると、もはや念の系統なんて無視した発を持っています。ネテロの「百式観音」は描写的に、具現化、操作、放出、変化あたりを使っているように見えますが、ネテロ自身の念系統は強化系とされています。恐らく念を極めると、自分が不得意とする系統でも、かなり高いレベルで使えるようになれるのではないかと思います。


ゼノも70近いおじいちゃんですから、相当長い時間念の修行をしてきていると思います。その中で不得意だった放出系も使えるようになったのかもしれません。これが1番納得のいく答えではないかと思います。

 

キメラ=アント編からは、出てくる念能力が全部特質系なんじゃないかってくらい何でもありになってきますから、正直ゼノ以上に系統が不明なキャラクターもいっぱいいます。ただキメラアントは生まれ方が特殊なので、それこそ判別できない系統は特質系という解釈で良いと思うのです。しかしゼノはキメラ=アント編以前から登場しているキャラクターなので、変化系なのか放出系なのか、とても気になりました。
私的には両方とも使えるくらい修行をしたっていうのが答えです。たぶんゼノ自身の得意系統は変化系なんじゃないかな?

 

 

 

 


こちらの記事もどうぞ!!!

 

g913.hatenablog.com

 

g913.hatenablog.com

 

g913.hatenablog.com