私の名前はジロギン。

暇つぶしのためのブログです。ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、ハンターハンター、ナルト、ワンピースなどの漫画考察記事を書いています。電車の中や仕事の休憩中、寝る前などおヒマな時にどうぞ!

MENU

頭が良くなりたくて新聞を読もうと思ったけど、YAHOOニュースで充分かも。

スポンサーリンク

 f:id:g913:20160906071941j:image


昨日ふと思いました。


「こいつ頭いいなぁ~」って思われたい。


頭がいいと言っても、
「あらゆる計算式を解ける」
とか、
元素記号を全て暗記している」
というような頭の良さではありません。
少し言葉で説明するのは難しいのですが、


「こいつ話の要点をしっかり押さえて理解しているな」


と思われることです。
私が「頭いいなと思う人」の条件でもあります。
頭がいい人って、話の要点を瞬時に抑えて理解してるんですよね。
で、その上で「的を射た良い質問」もするのです。

 

 

 

以前とある企業に営業に行った時のこと。
そこは有名な大手企業でした。毎年就活生がたくさん採用試験を受けて倍率何千倍とかになりそうな会社です。
商談相手にうちの会社の商品を10分程度軽く説明したのですが、
そこからさらに深い部分や、こちらが不利になるのであまり話したくなかった内容まで すぐに理解したうえでたくさん質問を受けました。
やはり高い倍率を誇る企業の社員は頭のキレが違うなぁなんて思いましたね。
完全に敗戦となった商談でした。

 

まぁ大手企業の社員=頭がいいっていう認識のは正しくないとは思いますが、人数が多い会社ですと、そういうキレッキレの人に遭遇する確率も高くなりそうですよね。
ただ大手企業に入社すれば頭が良くなるというわけでもありません。
意識次第でどこの環境においてもキレッキレの頭を持つことは可能だと思います。

 

やはり感じたのは「知識量」ですね。予備知識の量が違うんですよね、頭のいい人って。

知識が多いから、色んな角度から話を振られても全てに対応出来るし、持っている知識や認識とズレた話が出れば、その差異が疑問となりそのまま良い質問になる。
圧倒的な知識量の差が「話の要点を押さえる能力」につながると思います。
まさに私が手に入れたい頭の良さであり、日常生活で一番役に立ちそうな能力だと思うのです。

 

 


まずは知識をつけることが大切ですね。
ありとあらゆる業界の知識を手に入れられれば最強ですが…人生には時間の限りがありますからね。難しいと思います。
一番広域まで網羅できるのは「新聞」ですかね。新聞が一番効率よく広い業界の知識と動向が読めると思います。
「本」もいいと思いますが、時間がかかる上に、本になった時点で過去のことですから、現在役に立つとは限りません。


う~ん、新聞読んでないなぁ…最近情報源が専ら2ちゃんねるなので。なかなか偏った情報ばかり得ています新聞は紙面で各業界の情報を一覧できるので、広く業界のことが目に入ります。

 

誰と話しても「ズバッと要点を押さえて話せる人」の条件は「新聞を読んでいること」かなと思います。今の私の生活にとても欠落しているものです。
スマホでいいので、新聞を読む機会を増やしていこうと思います。というか毎日読みます。

 

 

 

ってことで、スマホで読める新聞のデジタル版をいくつかダウンロードしてみたのですが…
どれもろくに全文読めない

会員登録だのなんだのしないと全文読めなかったり、1日に読める記事の制限があったり…まぁ本来新聞って月に3000円くらい払って読むものですからね。当然っちゃ当然なんですけど…これだったら全然YAHOOニュースで良いじゃん…

 

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ!!!