私の名前はジロギン。

暇つぶしのためのブログです。ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、ハンターハンター、ナルト、ワンピースなどの漫画考察記事を書いています。電車の中や仕事の休憩中、寝る前などおヒマな時にどうぞ!

MENU

ついに蚊を撃破!素手で戦うのが最強!

スポンサーリンク

f:id:g913:20160909175323j:image

 

 

先日から蚊に悩まされていた私。

 


昨夜ついに元凶と思われる蚊を仕留めることに成功しました。
決戦の地はお風呂場。私がシャワーを浴びているところをフラフラと、野良犬のように飛んでいるところを素手で圧殺しました。
血を吸うだけならまだしも、覗きまでするとは、例えると泥棒に入った家から金品を盗み、さらにお風呂の窓から家主がシャワーを浴びている姿を覗き見ているような二重の罪を犯していることになります!悪は許しておけねーぜ!

 

蚊は産卵を水辺で行うと聞きます。やはり水が多いお風呂場は産卵にはうってつけの場所ということでしょう。風呂場が蚊のねぐらになっていたようです。蚊の卵は小さくて見えません。見えませんが、さすがにシャワーのMax温度をかければ焼け死ぬだろうと思い、風呂場を一通りシャワーしました。人間でも熱いと感じるシャワーの温度を、あんな小さな蚊の、しかも卵がかぶれば、それは効果てきめんでしょう。

 

 

本当はアースノーマットを近所の薬局で買おうかと思ったのですが、本体と内用液を買うと2000円くらいしそうな勢いだったんですね。蚊を仕留めるために2000円…もし仕留められたとしても、なんか勝ったんだか負けたんだかわからんなということで、見つけ次第素手で仕留めることにしました。接近戦です。

 

ちなみに、ファブリーズなどの除菌スプレーも蚊に効果的です。ぶっかけると飛べなくなります。その隙に始末する。ちょっとかわいそうですが、これがワイルドライフなのです。

 

でもやっぱり素手が最強だと思うんですよ。死んだのを確かめることもできますし。漫画とか映画でよく「死体を確認したか?」みたいなシーンあるじゃないですか?で、確認していないと、死んだはずのやつが間違いなく生きているんですよ。蚊も同じです。死んだのを確認しない以上はどこかで生きているかもしれない。アースノーマットではなかなか死んだのを確認できません。そして漫画や映画では、死体を確認しなかったやつは、「問題を解いたら、必ず見直し確認をしましょうって、先生に習わなかったか?」とか言われて死んだはずのやつに殺されるってまでがパターンです。蚊を殺したのを確認しないと、また蚊に刺されることになります。

 


どうやら私の部屋で猛威をふるっていた蚊は1匹だけだったようで、他にはいないようです。毎夜刺されていましたが、昨夜は特に刺されませんでした。戦いは終わったようです。
ただ、毎回蚊が1匹だけとは限りません。何匹も同時多発することもあるでしょう。確実に素手で始末するのも良いですが、多対一なら、アースノーマット的なものを使って一網打尽にしたほうが早いかもしれませんね。ちょっと高いですが。

 

 


こちらの記事もどうぞ!!!

 

 

 

g913.hatenablog.com

 

g913.hatenablog.com