私の名前はジロギン。

暇つぶしのためのブログです。ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、ハンターハンター、ナルト、ワンピースなどの漫画考察記事を書いています。電車の中や仕事の休憩中、寝る前などおヒマな時にどうぞ!

MENU

【ジョジョ】吉良吉影死亡後の川尻家の家計は誰が支えていくのか?

スポンサーリンク

 

 

ジョジョ4部のアニメが終了し、毎週の楽しみが減ってしまった今日この頃。

4部のアニメも3部くらいハイクオリティでやってほしかったですねぇ・・・4部は個人的に好きな部なので、もっと作り込んでほしかった・・・

その代わりと言ってはなんですが、私が4部の考察をたくさんしていきたいなと思います!

 

4部は完結しましたが、正直消化不良といいますか、謎を残したまま終わっている部分が多数あるんですよね。

中でも私が気になっているのが、

「吉良吉影死亡後の川尻家のその後」

です!身分を偽りながらではありますが、お父さんとして川尻家の収入源となっていたはずの吉良吉影。そんな吉良も仗助たちとの戦闘で死んでしまったため川尻家の収入は0になってしまったはず。以降川尻家はどのようにして生活していくのか、この点については原作で触れられていませんでした。

 

そこで今回は、

吉良吉影死亡後の川尻家の家計は誰が支えていくのか?

を考察していこうと思います!

 

 

 

川尻家とは?

 

f:id:g913:20170102200813j:plain

 

世帯主・川尻浩作、妻・川尻しのぶ、子・川尻早人の3名によって構成されていた杜王町に住む一般家庭です。

戸建ての賃貸住宅に暮らしています。家賃は月13万円。しかし新車の購入と息子早人の学費などが家計を逼迫していたようで、先月から家賃を滞納しており、銀行の口座残高は0円、家の金庫に10万円ほどが貯金してあるだけというすでにかなり危機的な家計状況でした。しのぶも夫・浩作の給料を「安月給」と罵っていましたので、裕福な暮らしはできていなかったようです。さらに早人は自室に監視カメラや盗聴器のセットを完備していましたので、早人もそこそこ家計を苦しめていたのではないかと思われます。

吉良は仗助たちから逃れるため、偶然遭遇した背格好の似ていた浩作を殺害し、顔、頭皮、指紋などを奪って完全に浩作になりすまし、川尻家で生活を開始しました。

父は死に、その殺した張本人と一緒に生活をしなければならないという、最悪の運命を川尻家は送ることになりました。

 

 

川尻浩作とは?

 

f:id:g913:20170102201643j:plain

 

川尻家の世帯主です。作中での初登場時は既に死亡しており、顔などが剥ぎ取られた状態でしたので、どのような人相だったのかなどはわかりません。しかし、しのぶが浩作として帰宅した吉良を何の疑問もなく家に入れていることからも、浩作となった吉良の顔が浩作本人とそっくりだったと見ていいでしょう。

浩作については以前記事を書いておりますので、そちらをご参照ください。

www.g913-jiro.com

 

 

川尻しのぶとは?

 

f:id:g913:20170102202203j:plain

 

川尻浩作の妻。短大在学中に浩作と付き合い、早人を妊娠したために結婚しました。

しのぶ曰く、浩作は有名な大学に通っていて背も高くて、物静かな男性で、周りの女性からはモテており、しのぶは周りの女性に対して優越感に浸りたく、大して好きでもなかったけれども浩作と付き合いだしたそうです。合コンに来た長身イケメンって感じだったのでしょう(ちなみに浩作の身長は吉良とほぼ一緒なので175cmほど。目立って長身というわけでもない気がします。さらにちなみに吉良の靴のサイズは25.5cmで浩作の靴のサイズは吉良より一回り大きいそうなので26〜26.5cmほどと思われます)。

しのぶからすると浩作は「つまらない男」で、真面目に働いているし、酒を飲みすぎることもないが、ゆえに刺激がなくつまらないと感じていたようです。家でもほとんど会話はなかったようで、しのぶは心の中で「ギギギって鳴るこの借家の玄関の安ドアもドアだけど本当にあいつのように情けない音立てるわ…」とディスりまくっていました。

 

しかしなんとも皮肉なことに、吉良になりすました浩作が手料理を振舞ったり、家賃の取立てにきた大家のカバンから金を盗むというスリリングな行為をしたことにより浩作(本当は吉良)への愛情が芽生え、本当の夫を殺した張本人にもかかわらず、吉良を好きになってしまいました。

f:id:g913:20170102203450j:plain

 

 

川尻早人とは?

 

f:id:g913:20161224092716j:plain

 

川尻夫妻の子供で一人っ子。ぶどうヶ丘高校の小等部に通っています。

父・浩作の行動の怪しさに気がつき、いち早く吉良の正体を突き止めました。

早人についてもこちらの記事にてまとめていますので、ご参考までにどうぞ!

www.g913-jiro.com

 

 

それでは吉良死亡後の川尻家の家計を支えているのは誰か考察していこうと思います。

 

 

空条承太郎?

 

f:id:g913:20170102204610j:plain

 

杜王町にやってきた時点での承太郎は28歳でもういい大人です。承太郎は4部終了時に杜王町で見つけたヒトデについて論文を書き、海洋学者になっています。学者ということは大学教授的な職に就いているということでしょう。

大学教授の年収は800万〜1200万円くらいの間であるようですので、承太郎の年収も多くてもこれくらいかなと。承太郎はDIOを倒した功績もありますのでもっともらっても良さそうですが、スタンドはスタンド使いにしか見えないので、どこに「お金頂戴」と申請すれば良いのやら・・・スピードワゴン財団からもらってそうですが、裏金として大学で問題になりそうです。

さらに承太郎にはこの時点で娘・徐倫が生まれていますので、自分の家庭に費やさなければなりません。さすがに年収1000万前後でしのぶと早人2人分も養うのは無理そうですので、承太郎が川尻家を支えている可能性は低いかと。教授じゃなくて准教授とかならもっと給料安いかもしれないし。

 

 

 

岸辺露伴?

 

f:id:g913:20170102205156j:plain

 

露伴先生は週刊少年ジャンプに「ピンクダークの少年」という大人気漫画を連載していて、20歳にして巨大な自宅を構えるほどの超勝ち組です。お金面に関しては印税で凄まじい金額をもらっているはずです。

露伴自身は独身で扶養家族もいませんし、アシスタントも雇っていないのでそれほど支出は多くなさそう。ジャンプで連載している人気作家ならば年収は億単位のはずですから、だいぶ持ってますよええ。羨ましいです。

さらに露伴はスピンオフ短編「岸辺露伴は動かない」シリーズの「六壁坂」にて山を6つ購入したと発言しています(しかし文無しになり康一の家に泊めてもらっています)。

f:id:g913:20170102205612j:plain

 

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)

岸辺露伴は動かない (ジャンプコミックス)

 

 

岸辺露伴は動かないシリーズの露伴は27歳で4部から7年後になっています(にも関わらず仗助や億安は学ランのまま)が、20歳当時から相当な収入があったとみて間違い無いでしょう。山を買えるって規格外すぎます。

しかし変わり者でひねくれ者の露伴。多少の援助はしてくれるかもしれませんが、基本的にはこういうスタンスでしょうね・・・

f:id:g913:20170102210117j:plain

 

 

 

ジョセフかスピードワゴン財団?

 

f:id:g913:20170102210700j:plain

 

ジョジョの作中屈指の金持ちといえばジョセフ、またはスピードワゴン財団でしょうう。ジョセフはアメリカの不動産王ですから、今のトランプ大統領的な存在ですよね。超高層マンションを幾つも保有しているとか、そんなレベルです。

スピードワゴン財団は財団ですので、個人が所有できるレベルの金額では効かないでしょう。露伴を含め何気に4部に絡んでくるキャラクター高所得者が多いです。

ジョセフやスピードワゴン財団はスタンド使いの脅威を十分知ってますから、吉良に利用され、完全に被害者となったしのぶと早人については、支援金を出すくらいのことをしてもいいと思います。

 

しかしジョセフは「逃げるんだよぉ〜!」みたいな性格をしているので、「川尻家の支援・・・?逃げるんだよぉ〜!スモーキー!」とトンズラしてしましそうです。スピードワゴン財団も一家族の援助にまでは乗り出さないかもしれませんね。

 

 

 

しのぶが働く

 

浩作も吉良も死に、しのぶはシングルマザーとなったわけですが、これまでずっと専業主婦をしてきたしのぶも働かなければならなくなるでしょう。しのぶは短大在学中に早人を妊娠したようですので、おそらく正社員としての労働経験はないと思われます。ほとんど労働経験のない女性を正社員として雇う企業はかなり少ないと思いますので、パートを掛け持ちして収入を得るほかなさそうです。シビアですが、これが一番現実的な流れかと思います。

さらに早人はおそらく私立の小学校に通っていると思われますし、パートだけで家賃13万の家に暮らし続けるというのはかなりきついと思いますので、今まで通りの生活とはいかなそうですね。文句を言いながらも浩作の存在は川尻家にとって大きかったと思います。吉良があのまま住み着いていてもしのぶ的には幸せだったかもしれませんが・・・吉良はいざ自分の身に危険が降りかかったらしのぶも早人も殺しかねないので、やはりいなくなって正解だったとは思います。

 

一か八か再婚を狙うことも出来ますが、社会出ると出会いって少ないんですよねぇ。しのぶも専業主婦でしたし、コミュニティは狭そうですから、出会いはあるのかどうか…

 

 

 

早人がネットで副業

 

これは意外なパターンかもしれませんがありえます!4部の時代設定は1999年で、ちょうどインターネットが普及し始めてきた時代にあたります。まだまだ一般的ではなかったとはいえ、この数年後には堀江貴文さんや三木谷浩史さんなどンターネットビジネスで起業を果たした人々が多く現れました。

早人は小学生にして監視カメラや盗聴器を使いこなす頭脳をもち、スタンドが見えないにもかかわらず吉良のキラークイーン第3の爆弾「バイツァ・ダスト」の能力を打ち破る策を思いつくほど有能です。ネットで家計を助けるくらいの収入を稼ぐのなんて、バイツァ・ダストを打ち破るより断然簡単でしょう!4部終了から数年後、インターネットを使いこなせるようになった早人が副業を始める、この可能性は高いと思います!

 

 

 

 

ということでまとめると、私個人として、吉良死亡後の川尻家の家計を支えていくのは

当面はしのぶ自身。しかし数年後、中高生になった早人がインターネットについて勉強し副業を始める。

という感じではないかなと思います。

 

しのぶも早人も吉良による殺人の被害者に違いありません。だとしたら何らかの形で生活面の援助を受けて当然だとは思います。しかし、4部ラストでジョセフが言ったように、杜王町の人々は「黄金の精神」を持っているとも思います。苦しい状況に置かれても自ら道を開いていく心をしのぶも早人も持っていると思いますので、彼らも自らの手でたくましく生きていくのではないでしょうか。

 

この記事を書いていて、川尻家のその後というテーマは

「お金はあるけど殺人鬼との危険な生活」か「お金はないけど危険もない生活」か、どちらが幸せなのかを考えさせられるテーマだなとも思いました。