私の名前はジロギン。

ハンターハンターなどの漫画考察、雑記、怖い話、商品レビューなどを書いています!

MENU

【ハンターハンター】個人的にカッコ悪いと思う念能力ランキングワースト7

スポンサーリンク

 

昨日はこのような記事を書きました!

www.g913-jiro.com

ハンターハンターに登場する、

「個人的にかっこいいなと思う念能力の名前絵ランキングベスト8」です!

念能力の見た目とか、能力そのものではなく、あくまで「名前のかっこよさ」にフォーカスしてランキングにしてみました。

作品に登場する念能力は大体カッコよく、厨二心をくすぐってくるものばかりなのですが、中には例外もありまして・・・

今回はその例外、

個人的にカッコ悪いと思う念能力ランキングワースト7

を決めたいと思います!

昨日のカッコよさランキングに関しては名前に重きをおきましたが、カッコ悪い念能力ランキングに関しては名前のみならず能力そのものにも着目し、トータルしてカッコ悪いなと感じるものを選びました。やはり独断と偏見ですので、ご了承ください。

でもあまりなかったですね、かっこ悪い念能力。意外と決めるのに苦労しました。念能力は大体どれもかっこいいので、7位までで限界でしたね。

では参りましょう!まず7位から!

 

 

 

第7位 ジャジャン拳

f:id:g913:20170304215600j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 19巻66P/冨樫義博)

なんと早速主人公・ゴンの念能力からです!「最初はグー!」というジャンケンの掛け声の後、強化系、変化系、放出系の技を繰り出すゴンの必殺技にあたります。

グーは念を込めた超強力なパンチ(「硬」と呼ばれる念の技術です)。

チョキ(チー)はオーラを刃物に変えて敵を切断。

パーは念弾を飛ばす(キメラアント編序盤ではナックルに素手で弾かれる程度の威力でした)。

というように、ゴンの体得している系統に合わせて技が変わります。ゴン自身は強化系を得意としているため、グーが最も登場頻度が高く、最も攻撃力が高いようです。

 

主人公の必殺技なので、ジャジャン拳が登場するシーンはどこも「熱いシーン」ばかりです。そのためジャジャン拳は確かにカッコよく見えるのですが、よくよく見るとちょっとダサいかもなと思いました・・・まだゴンは子供なのでいいと思うのですが、さすがに30歳40歳になって「最初はグー!」とやるのはアウトかなと。ゴンが成長した姿のゴンさんがジャジャン拳をやっているのにはそこはかとなく違和感が・・・

ゴンもだんだんと恥ずかしくなってきちゃいそうですよね。高校生くらいの年齢になったらヤバイ程の黒歴史になると思います。

でも、ゲンスルー戦とかではジャジャン拳がすごくかっこよく見える不思議・・・これが主人公補正ってやつなのか・・・?

 

 

第6位 竜巻独楽(たつまきごま)

f:id:g913:20170304215644j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 6巻108P/冨樫義博)

そんな念能力あったか?と思われる方も多いかと思いますが、厳密に言うと念能力というより念を応用した技と言ったほうがいいかもしれませんね。

天空闘技場の200階クラスの闘士・ギドが使った技です。「洗礼」によって失った足の代わりにつけた1本足の義足を使って自身を独楽のように回転させます。これにより相手の攻撃を弾きつつ、体当たりなどをすれば攻撃にも転じられるのです。

 

攻防同時にできるというのは確かに合理的ではあるのですが、まぁ「回っているだけ」ですからね。ダサさが際立ちます。

例えばハンターハンターを読んだ子供が

「ハンターハンターごっこやろうぜ!じゃあ俺はギドの役ね!喰らえ!『竜巻独楽』!!」

ってやるかって言ったらまずやらないでしょう。真似したくはならないですよね。それはやっぱりダサいから、カッコ悪いからだと思います。

でもフィギュアスケート選手の回転はあんなにカッコよく、または綺麗に見えるのに、なぜギドの回転はカッコ悪いのでしょうか・・・やっぱり見た目かな?ってことはフィギュアスケートも技術や演技と同じくらい見た目、ルックスが好成績を取るために重要なんじゃ・・・おっと、誰か来たようだ。

 

 

第5位 卵男(ミサイルマン)

f:id:g913:20170304215716j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 28巻110P/冨樫義博)

キメラ=アントの師団長・ウェルフィンの念能力です。具現化・操作・放出の3系統の念を同時に行っているか、特質系の能力だと思われます。ウェルフィンの提示した命令に対して、対象者が反抗した場合、ウェルフィンの背中に具現化された発射台からミサイルが相手に撃ち出されます。このミサイルは相手をどこまでも追いかけます(メレオロンに対して発射した時は「神の不在証明(パーフェクトプラン)」を使用され、ミサイルもメレオロンを感知できず、追いかけられませんでしたが)。ミサイルが当たった相手の体内には「黒百足(くろむかで)」が入り込み、相手がウェルフィンに対して反抗したり、攻撃したりすることで成長し、体内を蝕みます。交渉や脅しに向いた能力です。

 

ウェルフィンのキャラデザもかっこいいですし、能力的にもなかなかかっこいいハンターハンターの念能力らしい能力だなとは思うのですが名前が・・・「卵男」というのは如何なものかと。ミサイルマンというのもかっこいいのですが、卵男がなんとも引っかかります。年中ゆで卵を食べている人みたいな、そんなイメージをしてしまって・・・イカンイカン、ウェルフィンのかっこよさにのみ集中するんだ・・・でも・・・卵男か・・・

 

 

第4位 体毛を自在に操る

f:id:g913:20170304215757j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 9巻48P/冨樫義博)

陰獣の一人、豪猪の念能力です。自分の体毛を硬化させて攻撃に使ったり、逆に柔らかくして防御に使ったりすることができます。硬くした時の体毛は、ライフルの銃弾を弾き、戦車を破壊するスーパーバズーカを食らってもやけど程度で済んでしまうほど強靭なウボォーギンの肉体に突き刺さるほどでした。

 

体毛を操るというのはちょっとなぁ・・・やっぱり「嫌がられそう」ですよね。念能力としては地味に強いとは思うのですが、体毛を云々というのは人様からのウケが悪そうです。世の中、ムダ毛は処理するようにという考え方ですからね、なんとも不快な感じがしてしまいます。いくら強いとはいえ、自分の念能力が「体毛を操る能力」だったら一生使わないで生きていく道を選んでしまうかも。カッコ悪いというより、「嫌な」念能力です。

同じ「毛を操る」のならば、パームの「暗黒の鬼婦神(ブラックウィドウ)」みたいな毛でかっこいい造形ができるくらいのレベルになりたいですね。

関連記事:【ハンターハンター】パームがキメラアントになった途端強くなりすぎ問題 - 私の名前はジロギン。

 

 

 

第3位 回天(リッパーサイクロトロン)

f:id:g913:20170304215837j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 22巻50P/冨樫義博)

さてさてここからが上位陣です!3位は幻影旅団メンバー、フィンクスの回天(リッパーサイクロトロン)。フィンクス本人曰く「腕を回すほどパンチ力が増す」そうで、15回ほど回したところ、念を込めたパンチでもかすり傷一つ負わないキメラアントを一撃で木っ端微塵にしました。フィンクス的には回す回数は半分くらいでもよかったとのことで、制約がある分非常に高威力の念を込めたパンチが出せるようです。オーラ量の関係で威力の上限はあるかと思いますが。

 

名前的には十分イケメンなリッパーサイクロトロンですが、こちらもあまり見栄えが良くない気がします。腕をぐるぐる回すわけですからね。昔、小学校のリレーなどの時に、カーブで腕をぐるぐる回して、遠心力?的なもので加速をしようとしている子がいましたが、そんな感じですよね。「なんであいつカーブで腕ぐるぐる回すんだろうね?」と他のクラスメイトから言われてしまうように、フィンクスの腕ぐるぐるも旅団メンバーから冷たい目で見られちゃってそうです。何か他にかっこいい制約はなかったのかなぁ?

そんな腕をぐるぐる回さなければならない制約付きのリッパーサイクロトロンがある一方で、同じパンチ系の念能力であるウボォーギンの「超破壊拳(ビッグバンインパクト)」は制約なしで巨大なクレーターを生み出す威力がありました。ノーリスクで出せるにもかかわらずビッグバンインパクトの方がリッパーサイクロトロンより威力は高そうです。そういう面からもリッパーサイクロトロンはなんだかちょっと残念な能力だとも思えてしまいます。

それでもフィンクスが頑張って考えて作った能力なのです多分・・・

 

 

第2位 蛭を操る能力

f:id:g913:20170304215907j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 9巻52P/冨樫義博)

これはカッコ悪いというより完全に気持ちが悪い能力と言ったほうがいいでしょうね。陰獣の蛭の能力です。蛭は体内に様々な種類の蛭を飼っており、その蛭を敵に寄生させて攻撃します。作中ではウボォーギンに「マダライトヒル」を寄生させました。この蛭は傷口からだんだんと膀胱に向かい卵を産み、排尿と同時に孵ったばかりの赤ん坊蛭が数億匹飛び出すというかなりやばい蛭です。その時の激痛で常人であればまず死ぬとのこと。えげつねぇな・・・

 

何というか、これしかなかったのでしょうか?蛭を操る能力って、これでいいのか?蛭よ?いや、蛭は蛭が好きで蛭を操る能力にしているわけだから、これでいいのか!

自分が好きなもの、愛着があるものを使うほど念は強く作用するそうなので、蛭が大好きな蛭にとっては蛭を操る能力がマッチしていたのでしょうね。でもなぜ蛭だったのでしょうか?蛭の過去に一体何があったのか?今度考察してみようかな?「陰獣の蛭はなぜ蛭を操ろうと思ったのか?」みたいな。

もし自分の念能力が「体内に飼っている蛭を操る能力」だったら、とりあえず手術して体内の蛭を全部取り除いてもらうと思います。蛭もペットと思えばペットになるのでしょうが、これはショッキングすぎます・・・私が特別蛭が好きではないからなのかもしれませんが、素直に受け止められませんね。せめてカエルにして欲しかったなぁと、手術台でそう思うと思います。

それでも蛭にとっては最適な能力なのでしょう。蛭蛭書きすぎてゲシュタルト崩壊してきそうだ・・・

 

 

 

第1位 16m80cm!!

f:id:g913:20170304215936j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 16巻134P/冨樫義博)

これは何かというと、グリードアイランド編に登場したシングルハンター・ツェズゲラが自慢した能力のことです。能力・・・なのかな・・・?

キルアに「練を見せろ(修行の成果を見せろ)」と言われたツェズゲラはオーラを使ったジャンプで垂直跳びをし、地上から最高で16m80cmまで飛び上がることができるとアピールしました。まず人間には不可能な記録を叩き出しています。16m80cmといえばビルの6階とか7階とか、それくらいじゃないでしょうかね?

 

まぁ、「だからなんなの?」と言わざるをえないツェズゲラおじさんの自慢です。ツェズゲラの念能力がこの垂直跳びだとは思わないのでずが、作中であまりにも他の能力を見せなかったので、もうこれをツェズゲラの念能力だと思わざるをえません。いい年したおっさんが突如として飛び上がり、「くくくく、私の垂直跳びベストは16m80cm!!」などとドヤられても、さすがにダサすぎます。しかもその直後に初めてオーラを使った垂直跳びを試したゴンとキルアに追い抜かされるという始末。これはもっとダサすぎます。さらに言うとこの垂直跳びが本編で生かされることはありませんでした・・・なおさらなぜツェズゲラはジャンプ力自慢をしたのか、謎です。

実際の所、ツェスゲラの真骨頂はジャンプ力ではなく「オーラの超高速攻防力移動」にあります。そう、ある・・・はずだったのですが、ドッッジボール戦でレイザーと念獣の高速ボールパスからの直撃をオーラでガードし、一命を取り留めたものの重傷でゲームに参加できなくなってしまいました。攻防力移動もちょっと微妙・・・さすがにシングルハンターのツェズゲラが戦闘に関する念を全くもって会得していないとは思いませんが、あまりにも見せ場がなさすぎます。

念能力というより、ツェズゲラのカッコ悪さが際立ってしまい、そこばかりフォーカスしてしまいました・・・でもツェズゲラはただジャンプ力がすごいおじさんではなく、結構いいおじさんなのですよ!

関連記事:【ハンターハンター】ツェズゲラさんのような「良いおっさん」になりたい!! - 私の名前はジロギン。

 

 

まとめ

個人的にカッコ悪いなと思う念能力ランキングはこんな感じです。

ちょっと微妙な部分もあって、ジャジャン拳とかは結構カッコよくもあるなぁと思います。あえてダサいネーミングにしている感じもありますよね、印象づけのために。少ないんです、ハンターハンターの念能力でかっこ悪いものは。やっぱりカッコ悪い能力となると敵キャラだったり噛ませ犬キャラが多い印象です。

ツェズゲラに至っては念能力ではなくキャラクターそのものの評価になってしまいました・・・disり気味でしたが、私にとってはツェズゲラも愛すべきハンターハンター屈指の噛ませ犬キャラなのです。

 

個人的にちょっと残念だったのはフィンクスで、旅団員にしては能力がそんなに強くない気がします。腕をぐるぐる回さなくてももっと威力の高い念パンチを出せる強化系能力者はたくさんいそうですからね。しかもなんていうか・・・とってつけた感もありますし。旅団は謎が多いので、念能力については楽しみにしていたのですが・・・しかし、旅団メンバーは皆、メンバー同士にも秘密にしている能力があるようですので、フィンクスもリッパーサイクロトロンを上回る念能力を隠していると期待したいと思います!それではこの辺で!