私の名前はジロギン。

暇つぶしのためのブログです。ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、ハンターハンター、ナルト、ワンピースなどの漫画考察記事を書いています。電車の中や仕事の休憩中、寝る前などおヒマな時にどうぞ!

MENU

【ハンターハンター】ブログのPV数をハンターのランクやキャラの強さに置き換えてみた!

スポンサーリンク

 

私はハンターハンターの大ファンでもあり、日々ブログを更新する、いわゆる「ブロガー」でもあります。基本的にこの2つの側面でもってブログを書いております(会社員の側面は除く)。

ハンターハンターの記事を書くときは完全にハンターハンターに関する内容のみに限定しておりますが、今回はその方針を少し変えまして、ハンターハンターとブログをミックスした内容にしてみました。それは

ブログのPV数をハンターのランクやキャラの強さに置き換えてみた!

というものです。ハンターハンターの世界に登場するハンターにはその功績などによって幾つかのランクに分かれています。以下の記事をご覧いただくとわかりやすいです。

www.g913-jiro.com

ブロガーにとっては毎日気になってしまうブログのPV数。このPV数のうち、月間のPV数をハンターのランクと対比させて番付のようなものを作ってみました。

ブロガーでない方は、「ブロガーのPV数ってこんな感じに分かれるんだ」と思っていただければと思います。

ブロガーの方は「自分のブログはハンターハンターでいうとこれくらいの位置にいるんだ」と参考にしてみてください!

 

最後に注意点!今回の対比はあくまで私個人の独断と偏見によるものです。ブログはPV数だけで上下が決まるものではありません。また、ハンターのランクもキャラ単体を見ると上下が変わることがあるので厳密に正しいものではありません。娯楽の一つとしてお楽しみください。

あと、ハンターのランクって定義しましたが、ハンター以外も出てきますのでご了承ください。

 

 

 

0〜1万PV/月→ハンター試験受験生レベル

f:id:g913:20170608234332j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 1巻118P/冨樫義博)

月間1万PV未満のブロガーというと、まだまだ駆け出しのブロガーです。多くがブログを始めてまだ半年も経っていないブロガーでしょう。ブログは開始してから3ヶ月〜半年くらいはほとんど読まれる機会がないので、月のPV数が1万に届かなくても仕方がないのです。この時期はまだまだ下積み時代という感じでしょう。

ハンターハンターの世界で言えば、まだプロハンターになっていない「ハンター試験の受験生」が該当するでしょう。ハンター試験はありとあらゆる分野のプロフェッショナルたちでもクリアが困難で、命を落とすこともある厳しい試験です。ブログの書き始めの時期もPV数の伸び悩みなどから多くの脱落者が出やすい厳しい時期でもあります。まるでハンター試験さながらです。この厳しい時期を乗り越えていくとプロハンターの道が開けます。

この位置に該当するキャラ

トンパ、トードー、ニコル、アモリ3兄弟など

 

 

1万〜3万PV/月→駆け出しのプロハンターレベル

f:id:g913:20170608234628j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 5巻44P/冨樫義博)

脱落者が多数出るハンター試験をクリアした者たち、すなわちハンターライセンスをもらったばかりのプロハンターに値するのが1万PV〜3万PVくらいのブロガーだと思います。実はこのレベルに達するまでブログを続けられるブロガーというのはとても限られているのです。継続さえすれば達成できる数字ではあるのですが、毎日ブログを更新し続けるだけでも相当大変なのです。そう言った難関を乗り越えたブロガーは、ハンター試験をクリアし、晴れてプロハンターになったばかりのハンター達、そんな位置付けになると思います。

しかし、まだ念も使えず、ハンターとしての功績もあげていないこの状況では、上には上がたくさんいます。このステージに来てからが本当のハンター、いやブロガーとしての始まりといえるでしょう。

この位置に該当するキャラクター

天空闘技場編以前のゴン、キルア(この時点ではプロハンターではありませんでしたが実力はプロ相当でしたので)、クラピカ、レオリオ、ハンゾー、ポックルなど

 

 

 

3万〜5万PV/月→天空闘技場200階クラスレベル

f:id:g913:20170608234856j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 7巻120P/冨樫義博)

月間3万PVを超えてきたブロガーが次に目指すのが5万PVという大台です。まだまだ5万PVでは満足かないかもしれませんが、5万PVを超えるブログというのはさらに少なくなってきます。例えるならばハンターハンターの世界でも念能力を使える人が限られているみたいな感じです。念能力は限られた力です。

さらに念の習得はプロハンターになったものに課せられる「裏ハンター試験」として極秘裏に執り行われます。プロハンターの次の目標と言ってもいいと思います。5万PVは、ハンター試験をクリアし1万PVを超え、3万PVというプロハンターに到達したブロガーが次に目指す念能力的な目標として適切だと思いました。月間5万PVに行けば、念能力の基本を体得したレベルでしょう。

このレベルに該当するキャラクター

ヨークシンシティ時点のゴン、キルアなど

 

 

5万〜8万PV/月→陰獣レベル

f:id:g913:20170608235103j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 9巻78P/冨樫義博)

5万PVを超えてくるとかなりのペースでPV数も伸びるようになっていき、その様子はまさに念能力を体得したことで常人では到底勝てない力を手にしたゴンとキルアのようです。ただ、念の基礎を習得しただけのゴンとキルアでは、まだまだ勝てない相手が沢山いました。自分なりの「発」を体得した者たちです。念能力による必殺技を持つ者たちです。

作中ではマフィアンコミュニティーの切り札「陰獣」たちが相当すると思います。彼らは各自「発」を体得し、4対1ではありましたが、幻影旅団のウボォーギンを苦戦させる程度には戦えました。結局全滅してしまいましたが、陰獣は相手が悪かっただけで、世界的に見たら強者なのです。5万〜8万PVのレンジに入るブロガーはさらに限られてきます。そう、陰獣レベルと言えるほどに・・・ってなんかこのレベルだけあまりいい印象を与える文章が書けないな・・・陰獣強いんだよ本当は!ただ、ちょっと相手を舐めすぎただけで。

関連記事:【ハンターハンター】陰獣は弱い?いやいや結構強いと思える5つの理由! - 私の名前はジロギン。

 

 

8万〜10万PV/月→団長の手刀を見逃さなかった人レベル

f:id:g913:20170608235254j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 11巻63P/冨樫義博)

このレベルにまで達するブロガーさんは非常に少ないです。だんだんと注目され始め、ブログのコメント欄などにもコメントが寄せられ始めるレベルでしょう。かといって多くの人の目に触れているわけでもないので、ネガティブなコメントもそこまで飛んでこない、ブロガーとして一番楽しい時期と言っていいかもしれません。ここまでくると、多くのブロガーが目標としている10万PV超えが次の目標になってきます。ただ10万PVまでもう少し届かないあたり、この位置にいるブロガーは「団長の手刀を見逃さなかった人」レベルだと思います。

クラピカの見立てではゾルディック家のシルバとゼノになんとか対抗できそうで、クロロがサシでの戦闘を望んだほどの男が団長の手刀を見逃さなかった人です。おそらく念能力を習得し、「発」まで開発したプロハンターには敵わないものの、相当な強さは持っていたと思いますので、この辺りにしました。

関連記事:【ハンターハンター】団長の手刀を見逃さなかった人の強さはどれくらい? - 私の名前はジロギン。

 

 

10万〜15万PV/月→星なしプロハンターレベル

f:id:g913:20170608235432j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 20巻133P/冨樫義博)

ついに来ました!月間10万PV越え!ここまでくるには早いブロガーなら半年前後で達成してしまうこともありますが、だいたい1年近くはかかるでしょう。当ブログも月間10万を超えるまでには1年弱ほど要しました。ブログの内容にもよりますけどね。

10万PVを越えれば晴れて一人前のブロガーと言ってっもいいレベルだと思います。ハンターハンターで例えるならば星を持っていないプロハンターたちです。イマイチピンと来ないかもしれませんが、「発」を習得し、ハンターとしての活動やさらなる念の修行(攻防力移動など)を積んだハンターたちのことを指したつもりです。まだ大きな功績を立てるには至っていませんが、凶悪な犯罪者と対等以上に戦えたり、単独でも十分任務を遂行できるレベルのハンターです。ブロガーとしてもハンターとしても一人前のラインだと思ってください。

ただ星なしのプロハンターと言ってもナックル、シュートレベルのシングルハンターに近いレベルからレオリオのようなほとんどハンターとしての活動をしていないレベルまで幅があります。

この位置に該当するキャラクター

(キメラアント編前までの)ゴン、キルア、クラピカ、レオリオ、ナックル、シュートなど

 

 

15万PV〜20万PV/月→キメラアントレベル(護衛軍除く)

f:id:g913:20170608235642j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 22巻82P/冨樫義博)

「発」を使え、一人前となったハンターといえども敵わないキメラアントたちは、月間10万PVを超えて20万PVに差し掛かってきたブロガーのようだと言えるでしょう。たまに10万PV前後でも全然この20万PVくらいのブログを別の要素で超えてくる(収益や話題性など)キルアみたいなブログもあるのですが、順当に行けばやはり20万PVに近いブログの人気や知名度は10万PVくらいのブログを凌ぐと思います。

ここでいうキメラアントは王直属護衛軍を除きます。後述しますが、護衛軍の3匹は遥かに上です。兵隊長〜師団長クラスのキメラアントとお考えください。もちろんこのキメラアントたちもピンキリですね。フェイタンとやりあえるザザンもいれば、ほとんど戦闘力のないメレオロンまで様々ですので。上下の幅も加味してこの位置にしました。

関連記事:【ハンターハンター】キメラアント師団長たちの強さランキング! - 私の名前はジロギン。

この位置に該当するキャラクター

ザザン、レオル、ウェルフィン、ラモット、ユンジュなど

 

 

 

20万〜30万PV/月→シングルハンターレベル

f:id:g913:20170608235921j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 20巻45P/冨樫義博)

20万PVを超えてくるブログはかなり有名になっているブログだと思います。SNSで記事がシェアされたり、ブログのファンもたくさんついてきていることでしょう。同時にネガティブなコメントなども増え始めますが、こればかりは仕方がないです。30万PVに差し掛かるブログには「このブログならでは!」というような強みがある場合が多い気がします。ある分野に特化していて、その分野の情報なら他のサイトに引けを取らないみたいな。万人受けという以上に専門性が評価されている感じですかね。単純に今後ブログが成長する過程という場合もありますが。

専門性という面では、自らの専門とする分野で大きな功績を立てたハンターの称号である「シングルハンター」がこの20万〜30万PVのブログにはちょうど合致すると思います。シングルハンターの称号を持っているハンターは、プロハンターの中でもさらに限られており、業界内でも有名人です。おそらくその分野の超一流スペシャリストでもあると思います。

またシングルハンターの中でもモラウなどは師団長のヂートゥ、レオルを撃破するほどでしたから、キメラアント師団長以上の力を持つ者もいます。そういう観点からも30万PVに届きそうなブログの凄さを表する上で適切だと思いました。

関連記事:【ハンターハンター】モラウの本気の強さは護衛軍に匹敵するのか?考察してみた! - 私の名前はジロギン。

この位置に該当するキャラクター

モラウ、ノヴ、ツェズゲラ(?)など

 

 

30万〜50万PV/月→幻影旅団レベル(クロロ除く)

f:id:g913:20170609000126j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 22巻10P/冨樫義博)

日々のたゆまぬ努力と試行錯誤の結果たどり着けるのが30万PV以上の領域だと思います。才能あるブロガーであれば1年以内で達成してしまうのかもしれませんが通常は1年以上かかってたどり着くレベルでしょう。このレベルだと扱っているテーマによっては「ブログだけで生活出来るかな?」ってくらいの収入を得る人も出てくると思います。ですがこのレベルまでたどり着くには本当に努力が必要です。

30万〜50万PVのブログを運営するブロガーは幻影旅団レベルと位置付けました。正直作中での幻影旅団の強さはイマイチはっきりとせず、シャルナークやコルトピなど非戦闘員たちと比べたらシングルハンターのモラウの方が強そうですし、フェイタンがキメラアントのザザンに割と押され気味でしたので私としても位置付けには100%自信が持てません。ただ、幻影旅団の強さは「熟練のハンターですら迂闊に手が出せない」ということからシングルハンターよりやや上に位置するものだと思いました。

旅団メンバーではないですが、ゲンスルーもシングルハンターであるツェズゲラが戦いを避けようとしていたことから、同じくらいではないかと思います。後述しますが、クロロは作中の描写的に別格です。

この位置に該当するキャラクター

幻影旅団メンバー、ゲンスルーなど

 

 

 

50万PV〜70万PV/月→ダブルハンター

f:id:g913:20170609000421j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 18巻65P/冨樫義博)

50万を超えるブログはもう確実に有名ブログですね!特にブログについて常にアンテナを張っているブロガー同士であれば一度は見たり聞いたりしたことがあるレベルなのではないでしょうか?企業から商品やサービスのレビュー依頼が来たり、ASPからのお問い合わせも数多く届くようになるレベルだと思います。記事がSNSでシェアされたり、検索で上位を撮っていたりなどの要因から、非常に多くの方に読まれるブログです。ブログの書き方みたいなのを教える側にもなれそうですし、完全なるブログ飯がそろそろ見えてくるかも・・・?

幻影旅団を倒せるようなレベルのとなると、ダブルハンターくらいでないと無理だと思います。明確な戦闘描写があったのはビスケぐらいですが、ビスケの強さはグリードアイランド内でも間違いなくトップレベルでしたので、旅団と戦っても真っ向から打ち破れると思います。

関連記事:【ハンターハンター】ビスケがゲンスルーと戦っていれば余裕で勝てたんじゃない? - 私の名前はジロギン。

また他のダブルハンターを見ても、多くが十二支んのメンバーだったり(ミザイストムなど)、念使いの中でも世界で5本指に入るほどのジンなどがいます(ジンは名実ともにトリプルハンターでもいいともいますが、申請していないようです)。ダブルハンターは戦闘力だけで決まるわけではなく後進の育成なども評価基準になりますので、この位置が適していると思いました。

この位置に該当するキャラクター

ビスケ、ミザイストム、ジン、リンネ、サッチョウなど

 

 

70万〜90万PV/月→ゾルディック家レベル

f:id:g913:20170609000638j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 31巻111P/冨樫義博)

ここまでくればブロガーとしてはかなり満足のいくレベルだと思います。いや、むしろここまでくると100万PV越えたくて仕方なくなってくるはず!逆に意欲が湧いてくるタミングだとも思います。まだ私は経験したことはありませんが。ブロガー界隈では確実に有名なブロガーとして認知されることでしょう。

ハンターハンターの世界で「有名」といえばゾルディック家でしょうね。伝説の暗殺一家としてその名を知らぬ者はいません。家族はマフィアやネテロですら協力を仰ぐほど実力のある暗殺者で、その分依頼の費用も高額です。それが証にゼノ、シルバ、イルミなどゾルディック家には作中屈指の実力を持つキャラクターが多くいます。

イルミとほぼ同格と思われるヒソカも多分このレベルだと思います。多分・・・

関連記事:【ハンターハンター】ヒソカとイルミはどちらが強いのか?考察してみた! - 私の名前はジロギン。

この位置に該当するキャラクター

ゼノ、シルバ、イルミ、ヒソカ(?)など

 

 

 

90万〜100万PV/月→クロロレベル

f:id:g913:20170609000821j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 11巻64P/冨樫義博)

ついに100万PVに手が届くレベルにきました!100万PVはブロガーにとってもうビッグドリームですね!100万PVにまで達するブログはもう本当に一握りだけだと思います。日々の努力だけでなく、正直才能も関わってきますね。個人のブログで100万PVまで達成できれば一つのゴールと言ってもいいレベルでしょう。100万PVを超えるブログとなると非常に少ないと思います。

作中で言えばクロロって感じです。頭も切れて戦闘力も高く、念能力も条件さえ満たせばほぼ全て扱えるという非常に強力なキャラクターです(あとイケメン)。私がクロロのことが好きだということと、当ブログの目標が月間100万PVということで重ね合わせてしまった部分がありますが、他の旅団員とは頭一つ、いや二つ抜けた強さがあるので、位置的にも100万PV相当かなと思いました。目指せクロロ=ルシルフル!

 

 

100万〜150万PV/月→トリプルハンターレベル

f:id:g913:20170609001021j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 30巻172P/冨樫義博)

100万PVを超えた先にある領域ですね。なんだかもうこれ以上となると完全に未知の領域って感じです。毎日3万PV以上は確実にあるってことですからね。アナリティクスのリアルタイム分析見るの楽しいだろうなぁ。ここまでくればもうブログ飯も十分達成できるレベルだと思います。トップブロガーを名乗っても、多くの人が認めてくれる・・・のではないでしょうか?

トップということで、ハンターとしての最高位に当たるトリプルハンターが位置として適していると思いました。後進の育成にも、自らの功績としても多数の偉業を成し遂げたハンターに与えられるのがトリプルハンターの称号です。正直に言うとまだトリプルハンターの称号を持つキャラクターがはっきり戦闘をしたわけではないですし、キャラクターたち的にもそれほど戦闘を得意としていなさそうなキャラクターが多いので、単純にハンターとしてのランクだけで位置付けてしまいました。実力的にはクロロの方が上だとは思いますが、階級的に判断して100万〜150万PVのブログはトリプルハンターに相当すると考えました。

この位置に該当するキャラクター

パリストン、チードル、ボトバイなど

 

 

 

150万PV〜300万PV/月→ネテロクラス

f:id:g913:20170609001208j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 25巻75P/冨樫義博)

有名人ではない一般人のブロガーで月間150万〜300万PVを叩き出すというのは完全にゴールと言っていいほどの領域だと思います。もうブログを極めたレベルではないでしょうか。長年のブログ更新、緻密な計算、ファンの獲得などをあらゆる面でカンストしている気がします。一般の方でこのレベルまでいけたら、書籍の執筆依頼なども多数入ってきそうですね。私もこのレベルまで・・・行けるかなぁ・・・?

極めたと言う観点から、このレベルはハンター協会元会長のネテロが該当すると思いました。数年間山にこもり感謝の正拳突き1万回を毎日行った結果、ネテロは最強の念能力者になりました。まさに日々のたゆまぬ努力が生んだ結果こそがネテロです。このネテロの生き様は300万PVに届くブログを運営しているブロガーのイメージに当てはまります。もちろん私個人の考えではありますが。

関連記事:【ハンターハンター】ネテロの修行は10000時間の法則に当てはまる?計算してみた! - 私の名前はジロギン。

 

 

300万PV〜500万PV/月→王直属護衛軍レベル

f:id:g913:20170609001343j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 21巻29P/冨樫義博)

月のPV数が500万PVに届く・・・個人のレベルでここまで行くことは果たして可能なのでしょうか・・?もはや一つの事業として会社が運営していてもおかしくないレベルだと思います。1ヶ月で500万回以上閲覧されるブログですからね、ここに商品情報などを載せれば広告効果は非常に高いと思います。世の中の企業が注目するブログになるででしょう。

例えるならばキメラアント王直属護衛軍のようです、ネテロですら「自分より強い」と言わしめ、ゴンが自らの念能力を失うことを引き換えに倒したピトーなどのレベルに等しいと思います。護衛軍の3匹は人間のハンターがまず到達しうるレベルではない強さを兼ね備えていました。

ただ、実力的に言うとメルエムとの戦いを前に修行をしたネテロの方が護衛軍より強い気もしますが、護衛軍たちも生まれたばかりでろくに修行をしたわけでもないのに念能力を使いこなし、ネテロと同格かそれ以上の力を持っていたとするとポテンシャルは桁外れです。どのみち規格外のキャラには変わりないので、その強さとPV数の到達難易度を考えてこのレベルにしました。

この位置に該当するキャラクター

ピトー、ユピー、プフ

 

 

 

500万〜1000万PV/月→メルエム(復活)

f:id:g913:20170609001612j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 29巻32P/冨樫義博)

レベルが違いすぎて私の想像では及ばないようなレベルです。1000万PVに届くレベルです。1日あたり30万回くらい閲覧される・・・ってなんだそのブログ!モンスター級ですよ!ここまできたらもう著名人になっている気がします。いや著名人だからこそたどり着ける領域と言うべきでしょうか・・・もはや努力だけではどうしようもないレベルです。本当に残念ですが、ここまでたどり着くにはブログ以外で注目される要素も絡んでくると思います。

まさにキメラアントの王・メルエムのようです。しかもただのメルエムではなく、ネテロに「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」を使われて爆破し、瀕死のところをプフとユピーの体を食べることで復活した後のメルエムです。超高速での飛行や山を粉々にする念弾、光の速度で移動できる円などを使えるようになり、ナックル曰く「国家レベルの武力」になっていました。もはや個人でお手に負えません。こんなメルエムのごときPV数を誇るブログならば運営も一人で行うのではなく数名で、本当に企業として回すようになってもおかしくないと思います。この桁違いな感じは、メルエムのようだと思いました。

 

 

1000万PV以上/月→五大厄災レベル

f:id:g913:20170609001822j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 33巻25P/冨樫義博)

もはや個人ブロガーの想像の域を超えたブログでしょう。どうなるんだろう、1000万PV越えたらどうなるんだろう?ブログで飯を食うどころかかなりの金持ちになれる気がします。企業からの広告案件もたくさん来そうですし、広告を貼っておくだけでも十分な収益になりそうですし・・・なんなら「ブログを買い取りたい」と言い出す人まで出るかもしれませんね。

このレベルは人知を超えた存在、暗黒大陸に巣食う五大厄災レベルと言えるでしょう。厄災に関してはまだまだ不明点が多く考察しにくい部分がりますが、とにかく人類の手には負えないレベルです。ちょっと大袈裟かもしれませんが、ブロガーにとって月間1000万PVを超えるブログなんて恐ろしいほど想像に難いブログなのです。

関連記事:【ハンターハンター】連載再開前に「暗黒大陸の五大厄災」についておさらいを兼ねてまとめた! - 私の名前はジロギン。

 

 

 

改めて申し上げておきますが、今回の記事の内容は私の個人的な考えのもと書き上げたものですので、ご了承いただければと思います。まぁ本当に娯楽だと思ってください。

 

あまり正しい考え方だとは思いませんが、ブロガーをやっているとやっぱり

「ブログのPV数=戦闘力」

みたいな考え方をしてしまいがちです。全然違うんですけどね。PV数が多いからいいブログ、数ないから悪いブログ、そんなことはありません。読んだ人にとって有益であったり、楽しんでもらえたり、感動してもらえたり、何かに訴えかけることができているのであればPV数に限らずいいブログなのだと私は思います。

ただ遊び程度に「PV数=強さ」みたいな考え方をするのもたまには悪くないかなとも思います。

 

今回はハンターハンターの強さやランクにブログのPV数を当てはめてみました。ピンと来ない方もいらっしゃったかと思いますが、この記事をきっかけに

ハンターハンターに興味を持ったブロガー

ブロガーに興味を持ったハンターハンターファン

などが増えたらいいなと思います。