私の名前はジロギン。

ハンターハンターなどの漫画考察、雑記、怖い話、商品レビューなどを書いています!

MENU

Amazonのダンボールを使って超簡単な本棚を作ってみた!

スポンサーリンク

 

私の名前はジロギン。

 

私はよくAmazonを利用して商品を買います。人と話すのが苦手な私にとってアマゾンで買い物をするのはとても気が楽です。宅配のお兄さんと数秒お話しするだけで商品が届くのだから、ありがたいのです。

しかし、調子付いて注文しすぎると、部屋中アマゾンのダンボール箱だらけになってしまい、この処分に困ってしまいます。

これまで何度か、この余ったAmazonのダンボール箱を使っていろんなものを作ってきました。

「HUNTER×HUNTER」クロロのベンズナイフ

www.g913-jiro.com

「NARUTO」の猿飛アスマのアイアンナックル

www.g913-jiro.com

まぁどれもこれも実生活ではまるで役に立たないものばかりでしたね。

そこで今回は、きちんと役に立つものをダンボールで作ろうと思います。

今回作ったのは

本棚

です。作り方を紹介していきます。

 

 

 

f:id:g913:20170812173914j:plain

今回使ったのはこのサイズの段ボール。縦(短い辺)が37cm、横(長い辺)が46.5cmのダンボール箱です。しかし使う箱の大きさは入れる本のサイズによるので、これ以外の大きさのものでも大丈夫です。

私は漫画の単行本を入れる想定で本棚を作るので、単行本が入る奥行き、約11.5cmくらいのものが入るダンボール箱を選びました。本のサイズによってダンボールの大きさは選んでください。

 

f:id:g913:20170812174328j:plain

こんな感じでですね。多分このダンボールの奥行きは12cmくらいだと思いますので、これくらいあれば週刊少年ジャンプ連載のマンガの単行本が入ります。

ということで、早速作ってみましょう。

とても簡単にできるのですが、カッターを使うので小さい子はお父さん、お母さん、お兄さん、お姉さんにやってもらいましょう。

おじいさん、おばあさんでもいいですが、やはりこういう作業は若手がやるべきだと思います。おじいさんおばあさんなどベテラン方にこんな簡単な作業はやらせないようにしましょう。

 

f:id:g913:20170812174618j:plain

まずは、本来ダンボールのふたになる部分を切っていきます。

全部で4つありますが、今回私は1箇所だけ残しておくことにしました。その理由は後でわかります。ダンボールと間違えて自分の手を切らないようにしましょう。あなたのナイフ術が試されます。

 

 

 

f:id:g913:20170812174742j:plain

はい、すべて切るとこんな感じになります。ちょっと切り口がザキザキなのご愛嬌。なるべく丁寧に切った方が見栄えは良くなります。まぁ所詮ダンボールなので見栄えも何もないですが。

 

f:id:g913:20170812174858j:plain

私はこの本棚をハンターハンターの単行本を入れておく本棚にするつもりなので、ハンターハンターと書きました。この看板はあってもなくても構わないと思います。必要なければ切り裂いてください。

 

f:id:g913:20170812175209j:plain

さてでは、この床に煩雑に散らばった漫画たちを収納していきましょう。

ひどいなこれは。棚作ってよかった。

 

f:id:g913:20170812175518j:plain

とりあえず1段あたり、29巻まで入りました。もう1段使えばハンターハンター全34巻全て入りそうですね。

 

f:id:g913:20170812175635j:plain

全巻収まるとこんな感じ。1段29巻まではいるとすると、このサイズならば29×2段=58巻まで入りそうです。ドラゴンボールでも入りますね。ワンピースは入りきりません。

このようにAmazonの段ボールを使えば、本棚を作ることもできます。

難点としては、上段を本でいっぱいに詰め込んでしまうと、下段の本が取り出しにくいことですかね。上段には1〜2巻分のスペースを用意しておいたほうがいいです。

 

 

 

この「Amazonダンボール箱本棚」のメリットとしては、

・部屋が片付く(段ボールも本も)

・段ボールをリサイクルできるので環境に優しい

・本が増えてもわざわざお金を払って本棚を買わずに済む

・本棚を組み立てるより作るのが圧倒的に簡単

といったところでしょう。環境にも優しいし、節約にもなります。5分足らずで作れてしまうものなので、本の整理や段ボールの整理に困った時は作ってみてください。

私の家も本棚が1つしかなく、そろそろ棚いっぱいに本が詰まってしまうところでした。これからも、本もAmazonのダンボール箱は増えていくと思うので、活用していきたいと思います。

また別の活用方法が思いついたら、紹介します。っていうか今度はもっと高いクオリティのものを作ってみます・・・今回はここまで!