私の名前はジロギン。

ハンターハンターなどの漫画考察、雑記、怖い話、商品レビューなどを書いています!

MENU

ポーカーの各役が1発で揃う確率は何%なのか?500回カードを引いて調べてみた!

スポンサーリンク

 

私の名前はジロギン。

 

ポーカーというトランプゲームをご存知でしょうか?

5枚のカードを引き、決まった役になるようカードを捨てたり引いたりして、複数名で勝敗を競います。

役は揃えにくいほど強くなります。一番強い役を揃えた人が勝ちになります。

賭け事に用いられる代表的なゲームです。

ただ、強い役は本当に揃えにくいです。自分の意思でカードを残したり捨てたりできるものの、それでも揃う確率は非常に低いです。

 

そこで今回は、

ポーカーの各役が1発で揃う確率は何%なのか?

カードを500回引いて調べてみました!

以下、各役ごとの紹介と500回引いた時に揃う確率の検証結果になります。

 

 

 

検証方法

・ポーカーのルールに則り使用するカードはジョーカーを除く52枚のトランプです。

・カードをシャッフルし、山札の一番上から5枚引き、役を確認します。

その時点で役が揃っていた場合、「1回揃った」とカウントします。

・引いたカードは再度山札に戻しシャッフル。改めて上から5枚引き、役が揃っているか確認します。

・この作業を500回繰り返します。

 

 

ワンペア

f:id:g913:20170820184335j:plain

絵柄に構わず、同じ数字の組が1組できるのがワンペアです。

1番弱い役になりますが、最も揃えやすいです。ワンペアが勝てるのは、自分以外のプレーヤーの役が揃ってない場合のみです。

500回引いた時にワンペアが1発で揃う確率は・・・

200回/500回(40%)

でした。3回引けば2回、運が良ければ3回ともワンペアになる計算ですね。

 

 

ツーペア

f:id:g913:20170820184636j:plain

絵柄にかかわらず、ワンペアの組み合わせが2組できるのがツーペアです。

ワンペアの上位に当たる役です。ツーペアも比較的揃いやすい役なので弱い方になります。

500回引いた時、ツーペアが1発で揃う確率は・・・

14回/200回(2.8%)

でした。激減しましたね。ワンペアに比べてツーペアが揃う確率は3%弱でかなり低いです。

カードが配られた段階でツーペアが揃っているのは実は期待薄です。

 

 

スリーカード

f:id:g913:20170820185026j:plain

絵柄にかかわらず、同じ数字のカードが3枚揃う役がスリーカードです。ツーペアに勝つことができます。

500回引いた時、スリーカードが揃う確率は・・・

9回/500回(1.8%)

でした。意外とツーペアと大きく変わらない結果になりました。ツーペアを引くよりスリーカードを引けた方が強いですからね。実はそれほど確率的に差のないツーペアとスリーカードでした。

 

 

ストレート

f:id:g913:20170820185519j:plain

絵柄にかかわらず、数字が5つ連続する役がストレートです。画像は1〜5になっていますが、例えば6〜10などでもストレートになります。スリーカードの上位に当たる役です。

500回引いた時、ストレートが1発で揃う確率は・・・

2回/500回(0.4%)

でした。まぁまず引くことはないですね。カードを交換していくことで揃えるしかないでしょう。1発で引き当てたら相当ラッキーだと思います。

ちなみに今回の検証では、

75回目と196回目でストレートを引きました。

f:id:g913:20170820190027j:plain

 

 

フラッシュ

f:id:g913:20170820190110j:plain

今度は数字にかかわらず、5枚同じ絵柄が揃った場合、フラッシュという役になります。フラッシュは役の強さでいうと真ん中くらいになりますね。

500回引いた時、フラッシュが1発で揃う確率は

1回/500回(0.2%)

でした。ストレートよりさらに低い確率・・・フラッシュが1発で揃うことはほぼないでしょう。人生で500回以上ポーカーをする人は非常に限られていると思いますので、生きてきて1発でフラッシュが揃うことに巡り会える人は、運命の出会いを果たしていると言えます。

今回は408回目でフラッシュが揃いました。

f:id:g913:20170820191434j:plain

 

 

それ以上の役は1回もそろわず0%

フラッシュ以上の役が1発で揃うことはありませんでした。

今回は500回と回数を絞ったので、それ以上の回数を検証すれば出るかもしれませんが、もはや何万分の1という確率になってしまうかもしれません。

特に一番強い役のロイヤルストレートフラッシュが揃う確率は限りなく0に近いと思います。

ここからは各役の紹介だけにとどめておきます。

 

 

 

フルハウス

f:id:g913:20170820191719j:plain

絵柄にかかわらず、ワンペアとスリーカードを揃えるとフルハウスになります。

揃いやすい役2組を揃えるので、比較的揃いやすく、役としても上位に当たる強い役です。コスパのいい役のイメージがあります。

0回/500回(0%)

 

 

フォーカード

f:id:g913:20170820191920j:plain

同じ数字のカードが4枚揃うとフォーカードです。

揃いやすいようで意外と揃わないフォーカード。フォーカードまで揃えられたらもう高確率でその勝負は勝てるでしょう。

しかし1発目で揃えるとなると、不可能に近いと思います。

0回/500回(0%)

 

 

ストレートフラッシュ

f:id:g913:20170820192111j:plain

同じ絵柄で、数字が連番にいなっている役がストレートフラッシュです。その名の通り、ストレートとフラッシュが合わさった役です。

上から2番目に強い役ですが、ストレートとフラッシュの揃いにくさは先述の通りです。ストレートフラッシュが1発目で揃うのを期待するのは、無駄でしょう。

地道に手札を交換しながら作らなければ揃わない役だと思います。

0回/500回(0%)

 

 

ロイヤルストレートフラッシュ

f:id:g913:20170820192346j:plain

同じ絵柄で、数字も10〜Aまでが連番になっている役がロイヤルストレートフラッシュです。「ロイヤル」ですので、ジャック、クイーン、キングの王族を含まなければならなりません。

非常に限定的な役ですが、ロイヤルストレートフラッシュは最強の役となります。揃えれば勝ち確です。が・・・ロイヤルストレートフラッシュを揃えるのは至難の技。ポーカーのルールで手札を交換しながら揃えようとしてもまず揃わないですし、1発目で揃えようなんていうのは虫が良すぎる話でしょう。

0回/500回(0%)

 

 

 

まとめ

では各役が1発で揃う確率をまとめます。

ワンペア=200回/500回(40%)

ツーペア=14回/500回(2.8%)

スリーカード=9回/500回(1.8%)

ストレート=2回/500回(0.4%)

フラッシュ=1回/500回(0.2%)

フルハウス以上の役=0回/500回(0%)

 

という結果になりました。

いや〜、暇ですねぇ私。でもいい暇つぶしになりました。暇つぶしにも最適ですね。

検証には3時間要しました。カードをシャッフルしまくりました。

検証しすぎて腱鞘炎になっちまいました。なんてね。

f:id:g913:20170820194159j:plain

これを1000回、2000回と回数を増やしていけば、フルハウス以上の役が揃う確率も導きだせると思いますが・・・正直死を覚悟するような検証になると思います。単純作業で精神が死にますね。

今度は

「ロイヤルストレートフラッシュが1発で揃う確率」

も検証してみましょうかね・・・何日かかるかわかりませんが。