私の名前はジロギン。

ハンターハンターなどの漫画考察、雑記、怖い話、商品レビューなどを書いています!

MENU

【ハンターハンター】ついにハンゾーの本気が見られるか!?

スポンサーリンク

 

今回の記事はネタバレを大いに含みますので、単行本派の方は、ご注意ください。

 

 

ついに来ました・・・ジャンプの今週号となる38号で、ハンゾーさんがブチ切れていました。理由はハンゾーが警護していた第12王子・モモゼが何者かに暗殺されてしまったためです。

f:id:g913:20170821193308j:plain(引用:HUNTER×HUNTER 週刊少年ジャンプ38号/冨樫義博)

どうやらモモゼは「おヒマ?」の念獣を動かしすぎた結果、オーラ切れを起こしてしまったようです。元々王子たちは儀式によって自覚なく念獣を使えるようになったので、念の訓練はしていません。中にはオーラ量がかなり少ない王子がいても不思議ではありません。モモゼはオーラ切れを起こし、就寝した隙を突かれ、何者かによって殺害されてしまったようです。

関連記事:【ハンターハンター】モモゼ王子の「おヒマ?」の念獣は可愛いけど能力は微妙・・・ - 私の名前はジロギン。

クラピカの協力要請を受けて、モモゼの警護についていたハンゾー。ハンゾーはあくまでクラピカの目的である「第4王子・ツェリードニヒと接触する」ことを支援するために今回の任務に参加しているにすぎません。

ただ、ハンゾーもプロのハンターです。プロとして警護の仕事を請けた以上は、任務遂行は絶対。警護対象であるモモゼが死んだことはハンゾーにとっては非常に腹立たしいことのはずです。

モモゼを殺した犯人にというよりも、モモゼの殺害を防げなかった自分に腹を立てているのでしょう。凄まじ剣幕でした。

 

 

 

ただハンゾーはすでに犯人の目星はついていると言いますか、ある程度の絞り込みはできている様子です。ハンゾーは次なる犯行を食い止める気でいます。

そして犯人の能力は「分身」を使う能力であるとも予想しているようでした。分身を操ってモモゼを殺害したと。忍者であるハンゾーは何か察しているようです。

そしてハンゾーのこの発言。

f:id:g913:20170821193422j:plain(引用:HUNTER×HUNTER 週刊少年ジャンプ38号/冨樫義博)

どうやらハンゾーの能力も分身に近い能力なのかもしれません。ただ、その直後、自在に動かせる分身を具現化させる難易度についても触れていますから、ハンゾーの使う分身はそれほど自在には操れないものである可能性があります。

f:id:g913:20170821193516j:plain(引用:HUNTER×HUNTER 週刊少年ジャンプ38号/冨樫義博)

分身を使うからこそ、分身能力を持つ者の犯行と推察したのでしょうね。

 

ちょっと話は変わりますが、ハンターハンターの世界において「分身」の能力はかなり高度といいますか、コスパの悪い能力と考えられているみたいですね。

ハンゾーも、自在に動かせる分身を具現化させるのは相応の制約があると言っていましたし、天空闘技場で「分身(ダブル)」の能力を身につけたカストロに対してヒソカも「メモリの無駄遣い」と指摘し、分身能力を使うと他に何もできなくなってしまうくらい非常にコスパが悪いことを示唆していました(カストロの得意系統との相性もあると思いますが)。

関連記事:【ハンターハンター】カストロがヒソカに勝つにはどうすればよかったのか? - 私の名前はジロギン。

一方でモラウは煙を使って分身を最大で216体作れました(ただモラウの分身はあらかじめ設定した動きだけを行う分身)し、プフも自身の細胞を使って自在に操作できる分身を作り、かつ自身も自由に行動していました。

おそらく、無の状態からオーラだけで分身、しかも人間のような複雑な生物を具現化するとなると、オーラを割きすぎてしまうのでしょう。ただ煙だったり、自分の体の一部だったり、オーラ以外の物質を媒体にすれば分身を作り、操作するのも手軽になるのだと思われます。

「分身の材料がオーラ以外にあると、オーラを使う量が少なくて済む」というのはなんとなく実感できますね。

 

 

 

少し話がずれました。

モモゼが死んでしまったことに対するハンゾーの自責の念については、心中察するところではあります。しかし私たち読者としては、ついに十数年もの間謎につつまれていたハンゾーの能力や強さが見られる絶好の機会になるかもしれません。これは本当に期待大です!

分身能力のような能力を使うことはハンゾーの口から出ていましたが、本当のところはまだわかりません。早く見たいですね!

 関連記事:【ハンターハンター】ハンゾーはかなり強くなっている!その理由を考察してみた! - 私の名前はジロギン。

今のハンゾーは怒り心頭に達している状態です。王位継承戦のようなサバイバルゲームでは、だいたい怒りで冷静さを失ったキャラクターは死にます。

しかしハンゾーは、直情型のように見えて、実は冷静で、ハンターとしての資質も高い男です。作中時間でハンター試験編から約2年が経ってますので、さらに経験を積んで、実力も上げていることでしょう。怒りに任せ暴走するという死亡フラグを無効にするだけの潜在能力があると思います。ベテランハンターのビスケも側についていますしね。

 

ハンゾーはモモゼの警護というミッションは達成できませんでしたが、それゆえに、心に火がついて本気モードになってくれたようです。

念を使えない状態でもヒソカとそこそこ戦えるポテンシャルを持っていたハンゾーですので(念を使えないキルア目線)、本気のハンゾーはめちゃくちゃ強いだろうなと思います・・・今後が超楽しみです!