私の名前はジロギン。

ハンターハンターをはじめとした漫画の考察や、コスプレなどをしています!

MENU

『岸辺露伴は動かない』第2巻発売決定!『六壁坂』のアニメDVDも同梱!

 

私の名前はジロギン。

 

今週(2018年2月26日)発売のジャンプに、『ジョジョの奇妙な冒険』のスピンオフ作品『岸辺露伴は動かない』の新作

エピソード10 ザ・ラン

 

f:id:g913:20180227202634j:plain

出典:岸辺露伴は動かない 週刊少年ジャンプ2018年13号/荒木飛呂彦

 

が掲載されましたね!

 

岸辺露伴先生がスポーツジムで出会った謎の男「橋本陽馬(はしもとようま)」とランニングマシーンで「どちらが先に観念してマシーンの停止ボタンを押すか」で勝負を繰り広げていました。

 

露伴先生が巻き込まれる怪異は、いつも背筋をゾワゾワとさせてくれます。

今回の露伴先生はだいぶ走ってましたが、やはり「動かない」姿勢は変わらずでしたね(『動かない』の意味は後ほど説明します)。

 

今回はこの「ザ・ラン」の話題ではないのです(ぜひジャンプ本誌にてお読みください!個人的にはだいぶゾッとしておもしろかったです)。

ジャンプで一緒に告知されていた話題のことです。

 

そう、なんと!

 

『岸辺露伴は動かない』第2巻 アニメDVD同梱版

予約受付開始ィィイイ!

 

f:id:g913:20180227202805j:plain

出典:岸辺露伴は動かない 週刊少年ジャンプ2018年13号/荒木飛呂彦

 

したのです!

Amazonでも予約可能ということで、早速ポチってしまいました。

 

f:id:g913:20180227202932p:plain

 

これは買わずにはいられないッ!

 

 

ということで今回は、『岸辺露伴は動かない』の魅力についてと語るのと、第2巻の予約方法を解説したいと思います。

 

 

 

 

『岸辺露伴は動かない』とは?

大人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』のスピンオフ作品です。原作者は荒木飛呂彦先生で変わりはありません。

 

ただ、『岸辺露伴は動かない』は、ジョジョのようなストーリー物ではなく、1話完結型の短編です。

第1巻では『懺悔室』『六壁坂』『富豪村』『密漁海岸』『グッチへ行く』の5話が収録されていました。

 

物語は『ジョジョの奇妙な冒険 第4部ダイヤモンドは砕けない』に登場した人気キャラ「岸辺露伴」というキャラの視点で進みます。露伴が漫画の取材で訪れた地で起きた怪異の話です。

 

ややジョジョ4部の時と設定が異なるところがありますが(露伴は27歳になっていますが、億泰は学ランのままで高校生など)、基本的には4部の世界観で構成されています。

 

▼第1巻ご購入はこちらから!▼ 

 

岸辺露伴(きしべろはん)とは?

f:id:g913:20180227213435j:plain

出典:岸辺露伴は動かない 60P/荒木飛呂彦

 

20歳にして週刊少年ジャンプに「ピンクダークの少年」という作品を連載している漫画家です。

アシスタントは雇っておらず、作画もストーリー考案も全て自分で行っています。それでも休日がしっかりとれているという超速筆タイプです。

 

4部の舞台であるS市杜王町の出身で、一時期は東京で暮らしていたみたいですが、都会の騒がしさに馴染めず、故郷で暮らすことにしたようです。

 

スタンド能力は「天国への扉(ヘブンズ・ドアー)」というもの。

当初は露伴先生の書いた漫画原稿を見た人の情報や記憶を読み取るような能力でした。しかし、4部中盤以降は、相手を本のようにし、情報や記憶を読み取ったり、そこに命令を書き込むことでその動作を強制させるチート能力になっていました。

 

「動かない」の意味

「動かない」とは、岸辺露伴は怪異に遭遇しても、その怪異を解決しようとしたり、改善しようとしたりはしないという意味です。

実際にどの作品でも露伴は怪異を解決せずに、その状況を語るのみ(自分が巻き込まれた場合はとりあえずその場を切り抜けるのみ)です。

 

露伴は漫画家なので、あくまでも漫画家として「こんなことがあったよ」と伝えるだけにとどまっています。

 

なんだかすっきりしない部分もあります。

しかし解決してないからこそ、またどこかで露伴と同じ出来事に遭遇する人がいると考えて、ゾワッとする物語になっています。

 

 

『岸辺露伴は動かない』第2巻収録予定作品

岸辺露伴は動かない第2巻に収録されているのは以下の作品だと思われます(まだ明らかになっていないようです)。

どれも1巻には未収録作品ですので、収録されていることでしょう。

 

エピソード4 望月毛のお月見

露伴の近所に住む「望月家」の話。

望月家では先祖全員の命日が必ず中秋の名月という宿命があった。この宿命を免れるためには中秋の名月の日に家族揃ってお月見をしなければならない。

望月家は死の運命を免れるべくお月見を開始しするが、そこで奇妙な出来事が起こる・・・

 

エピソード7 天気雨

打ち合わせのために、雨の中、駅を訪れた露伴。駅には歩きスマホをする人々がたくさんおり、露伴に次々にぶつかっくる。

ホームでぶつかりそうになった肥満体型の男に露伴は問いただすものの、男とともに露伴は線路に落ちてしまう。これがまた奇妙な出来事の幕開けだった・・・

 

エピソード9 D・N・A

露伴は山岸由花子(やまぎしゆかこ)から、彼女の母親の知人である片平真依(かたひらまい)の相談に乗るよう依頼される。それは真依の娘・真央(まお)のことだった。

真央は精子バンクで授かった子供であったが、触れると全身が保護色化する尻尾が生えているなど、得体の知れない特徴があった。

露伴は真央の父親にあたる人物の情報を引き出そうと「ヘブンズ・ドアー」を使う。

果たして真央の父親は誰なのか?

 

エピソード10 ザ・ラン

は、冒頭で紹介した通りですね!

 

この4作品が収録されるのではないかなとされています。

どれも楽しみですね!

でもなんだかんだ個人的には「エピソード10 ザ・ラン」の感じは好きでしたね。

 

 

アニメDVD作品は「六壁坂(むつかべざか)」

『岸辺露伴は動かない』第2巻に同梱されているアニメDVDは、単行本1巻に収録されていた『六壁坂(むつかべざか)』という話です。

 

個人的には1巻に収録されている5つの短編の中で一番怖かったですね。

少しだけあらすじをお話しします。

 

六壁坂のあらすじ

ある日のこと。岸辺露伴は妖怪伝説の漫画の取材をするために、山を6つも買いました。しかし、山の価値が落ちたことで一文無しになってしまいました。

 

しかしそこの山には、確かに「六壁坂」の妖怪がいたんだと、露伴は自信満々に語ります。

 

f:id:g913:20180227205342j:plain

出典:岸辺露伴は動かない 67P/荒木飛呂彦

 

露伴が購入したと思われる山に家族と共に住んでいた「大郷南宝子(おおさとなおこ)」という一人の女性。

家の庭師である「釜房軍平(かまふさぐんぺい)」とは恋人関係にありました。

 

f:id:g913:20180227205442j:plain

出典:岸辺露伴は動かない 71P/荒木飛呂彦

 

しかし南宝子の家は名家であり、庭師に過ぎない軍平と付き合うことは両親も反対するところ。

そこで南宝子は軍平に別れ話を切り出します。その結果、口論となり南宝子は軍平を突き飛ばし、誤って殺害してしまいます。

 

f:id:g913:20180227205654j:plain

出典:岸辺露伴は動かない 78P/荒木飛呂彦

 

家族が帰ってくる前に軍平の死体を隠さねばと思う南宝子でしたが、軍平の死体からはまるで生きているかのように鮮血が飛び散り続けます。

 

傷口を縫っても焼いても血液は止まらない・・・これこそが「六壁坂」に住む妖怪のしわざなのでした・・・

 

 

かなり絵がグロいのと、ここから先は物語の核心になるので、控えておきます。

漫画でも夢に出てきそうな怖さがありましたが、アニメだとどう表現されているのか楽しみですね(ちょっと怖いですが)。

 

 

予約方法と締め切り

予約方法はとしては、週刊少年ジャンプの今週号(2018年2月26日発売号)についている「予約注文書に必要事項を記入し、書店へ持って行きましょう。

するとお店のお兄さんかお姉さんかが受け付けてくれます。

 

f:id:g913:20180227214735j:plain

出典:岸辺露伴は動かない 週刊少年ジャンプ2018年13号/荒木飛呂彦

 

ただ、書店に行く時間がなかったり、めんどくさいという人はAmazonで予約ができます。私はAmazonで予約しちゃいました。

時間もかかりませんし、発売日になったら配達されるので、オススメです!

 

お値段は3500円!DVDがついているのでお高めですが、テレビ放送とかはされないことを考えるとだいぶお買い得だと思います!

 

▼第2巻ご予約はこちらから!▼

 

予約の締切2018年5月16日!

発売日2018年7月19日!

 

f:id:g913:20180227214626j:plain

出典:岸辺露伴は動かない 週刊少年ジャンプ2018年13号/荒木飛呂彦

 

忘れないようお早めに注文しておきましょう!

 

・・・もしかして、予約しないつもりかい・・・?

 

だが断る

 

このジロギンが最も好きなことのひとつは、予約しないと思っているやつに「NO」と言ってやることだ!

 

 

まとめ:本家並みにオススメの作品

私は本家のジョジョも大好きなのですが(私の名前はジロギン。というブログ名は4部の最後の敵・吉良吉影が「私の名前は吉良吉影」と名乗ることからパクりました。それくらい好きです)、

それと同じくらい『岸辺露伴は動かない』シリースが大好きです!同じくらいオススメです!

 

まさに「奇妙」とう言葉が似合った短編なんですよね。

大きな事件は起きないのですが、まずありえないであろう「奇妙」な事件に露伴が巻き込まれる様子は、絶妙な恐怖を演出してくれます。

 

人気ドラマの「世にも奇妙な物語」の世界観を露伴が体感しているような作品ですね!

短編でさっくり読めますし、ジョジョが知らない人でも問題ありません!

今回紹介した露伴のことくらいをわかっていれば、事前知識不要ですね!

 

予約はお早めに!私も早く届かないかな〜と今から楽しみです!

 

▼第2巻ご予約はこちらから!▼