私の名前はジロギン。

HUNTER×HUNTERなどの漫画考察や、怪談・オカルト話の考察、ヒトコワ話を掲載しているブログです。

【ヒトコワ】反省の庭

私の名前はジロギン。

 

今回紹介するのは、三井 幸一郎(みつい こういちろう:仮名)さんという男性が体験した話。

20年以上前、三井さんが中学2年生の頃にさかのぼる。

 

反省の庭

当時、三井さんの家は家族3人暮らし。
埼玉県の某市内に暮らしていた。

 

ある朝のこと。

三井さんは学校に行く支度をしていた。

朝食を食べ、制服に着替える。

時間に余裕があったので、リビングでニュース番組を見ることにした。

 

テレビのすぐ左側には窓があり、庭に出られるようになっている。

この時はカーテンがかかっていた。

 

テレビを見ながら、三井さんはカーテン越しに人影が動いているのに気づいた。

影は右から左へとゆっくり動き、カーテンの中程でピタリと動きを止めた。

 

家族の誰かが庭の掃除でもしているのかと思った。

しかし、父親はすでに仕事へ出かけている。

母親は2階で掃除機をかけていて、モーターの音が聞こえてくる。

 

だとしたら、カーテンの向こう側、庭にいるのは誰だ?

三井さんは少し怖く感じたが、思い切ってカーテンを開けてみることにした。

 

学ランを着た男がまっすぐ前を見て庭に立っていた。
「気をつけ」の姿勢を保ち、瞬き以外微動だにしない。

学ランを着ているが、顔からして学生ではない。40〜50代に見えた。

 

三井さんは窓を開け、男に、

 

「何してるんですか…?」

 

と尋ねた。

男は、

 

『反省してるんです!』

 

と、元気のある大きな声で答えた。

 

「反省って、何を…?」

 

『反省してるんです!』

 

その直後、男は三井さんから見て右側に体を90度回転させると、軍隊の行進のような歩き方で庭から出ていった。

 

最初「戦争で亡くなった人の幽霊」かと思った三井さんだったが、それにしてはしっかりと話ができていたし、庭に男の足跡がしっかりと残っていた。

間違いなく生きた人間だったのである。

 

しかし、男がなぜ三井さんの家の庭に入ってきて、何を反省していたのか全くわからない。

 「幽霊の方がまだ道理にかなう出来事だった」と語ってくれた。

※ご本人や関係者に配慮し、内容を一部変更しています。

 

謎すぎる…

とにかく謎が多いこの話。

男の素性、目的などが一切不明です。

 

その後、学ランを着た男の目撃情報はなく、逮捕されたなどの話は聞いていないそう。

あまりにも情報がないので、三井さんは今でも自分の見間違いという可能性を捨てきれないのだとか。

 

確かにこんな不思議な出来事が起きたら、自分の頭の方を疑ってしまいますね…