私の名前はジロギン。

ハンターハンターをはじめとした漫画の考察や、コスプレなどをしています!

MENU

【怖い話】二段ベッドに潜む影

 

f:id:g913:20180409205610p:plain

 

私の名前はジロギン。

 

今から約17年前。私が8歳だった時の話だ。

 

私には2歳年下の妹が1人いる。

私と妹は、昔から「二段ベッド」にあこがれていた。

 

我が家はそんなに裕福ではなかったので、二段ベッドを買うのはお金の面でかなりの負担になったと思う。

無理を承知で親に頼み、私の誕生日プレゼントということで、二段ベッドを買ってもらった。

 

だいぶ年季の入った、中古の二段ベッドだった。

 

大喜びの私と妹。

しかし、この二段ベッドが不思議な体験のきっかけになった。

 

あのベッドには何かがいたんだ。何かはわからないけど、確かに何かが。

 

 

父が二段ベッドを組み立て終わった。

大きさは天井ぎりぎり。上の段に乗ったら、子供といえど立ち上がれるスペースはない。

上半身を起こすのが精一杯だった。

 

かなり窮屈だったが、もちろん私も妹も、上の段で寝たかった。

 

ジ「オレが上の段だ!お前は下の段で眠れよこの愚民!」

 

妹「うちが上で寝るんだよ!下克上だ!下克上!」

 

と、二段ベッドの上の段に登って言い争っていた。

 

ジ「わかった、後で決めよう。にしてもけっこう高いな〜」

 

妹「高ぇ〜!」

 

私と妹はベッドの上から床を見下ろした。

高さは2mないくらいだろうが、子供としては高かった。

 

 

床に私たちの頭の影が3つ映った。

・・・ん?3つ?

 

ジ「あのさ、床の影見てみ?・・・3つない?」

 

妹「え?なんで3つあんの?・・・こわ・・・」

 

ジ「絶対何かいるじゃん!オレたちの間に何かいるじゃん!」

 

妹「あーやっぱうち、下でいいわ!愚民らしく下で眠るわー!下々の人間が、上の段で寝るのは頭が高いですからねー!」

 

ジ「いやオレが下でいいし!お兄ちゃんだからガマンするしー!お前の下克上成功だよ!本能寺の変以来の大型下克上成功だよー!」

 

私たちは、上の段を譲りあった。

絶対に何かが、上の段にいる。私たち以外の、目に見えない何かが・・・

 

 

 

その夜

じゃんけんの結果、私が上の段で寝ることになった。

 

ジ「くそが!もし霊的なものが出たら、下段に浸透するくらいおしっこ漏らしてやるからな!」

 

妹「それもそれでこえーわ!!」

 

22時ごろ家の電気を消し、家族全員寝りについた。

 

20分もしないうちに下の段から妹のいびきが聞こえた。

しかし私は、1時間経っても2時間経っても眠れなかった。

ひたすら目をつむり続けた。

 

 

 

ようやく、うとうとしてきた時だった。

何かが聞こえる・・・

 

「う・・・え・・・上の・・・だ・・・んが・・・いいよぉ・・・」

 

かすれた女の声だった。

直視できないが、私のことを見ている気配がする。

 

たぶん霊。

たぶんじゃなく、ほぼ霊。

いや、霊でファイナルアンサー。

 

どうやら上の段で寝たいらしい。

上へ上へと、登りたい意欲をアピールしてくる。

向上心は素晴らしいが、できればそれはベッドではなく会社などで見せて欲しいものだ。

 

「う・・・え・・・の・・・だん・・・が・・・いい・・・よぉ・・・」

 

上の段がいい・・・ということは、こいつは今、下の段にいる霊ということのようだ。

 

ベッドに登った時に見えた影は、上の段にいる私たちの間にいたこいつの影ではなく、下の段からこいつが顔を出していて、できた影だったということだろう。

 

こいつは下の段から見ていたのだろう、上から下を覗く私たちを。

 

 

 

ということは、この霊の直接の被害を受けているのは私ではなく、下のだんで寝ている妹の可能性が高い。

 

私は勇気を振り絞り、声のする方を薄目で見た。

 

「上の・・・だ・・・んが・・・いいよぉ・・・」

 

白目をむいた妹が、こちらを覗いていた。

おそらくだが、霊に取り憑かれているようだった。

 

「う・・・え・・・のだん・・・が・・・いいよぉ・・・」

 

このままでは妹の意識は解放されないかもしれない。

除霊なんてことはできないが、言葉を喋る霊であれば、こちらの言葉も理解できるはず。

私は霊と対話を試みた。

 

ジ「おい、幽霊よ。今オレはおしっこがしたい。」

 

霊「・・・」

 

ジ「もしお前がこれ以上オレを脅せば、オレは膀胱にためた尿をここに撒き散らす、100%な。そう、お前が寝たいと思っている上の段にだ。」

 

霊「それ・・・だけは・・・おしっこ・・・だけは・・・無理・・・」

 

ジ「ならば妹を解放し、二度とオレたちの目の前に現れるな。上で寝たいなら・・・天国へ行け。二段ベッドの上の段より、もっと高いところで眠れるぞ。」

 

霊「天・・・国・・・上へ・・・上へ・・・」

 

妹の体はベッドの下の段へと戻っていった。

私の言葉が通じたようだ。うまいこと幽霊の心をコントロールすることができた。

その途端、私は眠りへと落ちてしまった。

 

 

 

翌朝

 

妹「うわぁ!クサっ!つーか濡れてる!」

 

妹の声で目を覚ました。

どうやら私の漏らしたおしっこが、下の段にまで沁みてしまっていたらしい。

 

幽霊をコントロールできても、膀胱まではコントロールできなかったようだ。