私の名前はジロギン。

ハンターハンターなどの漫画考察、雑記、怖い話、商品レビューなどを書いています!

MENU

秋葉原でガンダムの「ザクのニット帽」を買ってきたよ!

スポンサーリンク

 

私の名前はジロギン。

さて3連休初日。今年は5年ぶりにクリスマスとクリスマスイブ、天皇誕生日が3連休に重なる年なのだとか。まぁ私にはどうだっていいことだ。ただの3連休だ。何も変わりはない。

 

 

本当は3連休の間ずーっと家に引きこもっていようと思っていたのだが、冷蔵庫の中にウイスキーしかなく、これでは餓死してしまうなと思い、買い物がてら散歩に出かけた。

 

電車では何度も通りがかっていたのだが、「赤坂見附駅」はほとんど降りたことがなく、周辺には国会議事堂だったり東京タワーがあることくらいしか知らなかった。

ということでまずは赤坂見附駅で降りて周辺を散歩していた。当て所なく歩き回ったが、当てがなさすぎてオフィス街に迷い込んでしまった。駅前から離れるとなかなか楽しそうなところないいのね・・・

休日のオフィス街・・・本当に何もない。世界で一番何もないところかもしれない。まるで砂漠だよ。結局歩き続けて新橋まで来てしまったが、新橋なんてオフィス街中のオフィス街。オアシスのような楽しそうなスポットなど見つからない。

靴擦れもできてきたし、とにかくこのオフィス砂漠を抜けでなければと、電車に乗り、次は秋葉原に向かった。

 

 

休日の秋葉原。とても混んでいる。

秋葉原も来たことは数えるほどしかない・・・いやはや、行ったことない場所多すぎるな私の場合。もっといろんなところ行くべきだなと実感する。ちょっと家が好きすぎるなぁ。

 

私もそこそこ変わり者なのだが、秋葉原にはいろんな人がいる。私のような変わり者でも受け入れてくれる気がする・・・でも道端でメイド喫茶とかのビラ配ってるおねーちゃんたちに全然声かけられなかったのはちょっと残念だった。おかしいなぁ、ちゃんとおしゃれして行ったのに・・・声かけられたらホイホイついて行っちゃうよ私は!いい見込み顧客だったのに!

 

 

 

 

それはさておき。

秋葉原に来たのだから何か買おうと思って、フィギュアなどが売られているお店に入ってみた。こういうお店にも普段は来ない。一人で来るのは初めてだ。

何か面白いものはないかなぁ〜と探して回った。すると

 

こ・・・これは・・・!!!

 

f:id:g913:20161223174651j:plain

 

ガンダムに出てくる「ザク」のニット帽!!

見つけた瞬間に購入決定!レジに持って行った!これだ!こういうのを探していたのだ!

私は休日は寝癖を直すのが面倒なので外に出るときはニット帽を被ることが多い。まるで女性がお化粧するのが面倒な時にマスクをするかのようにニット帽が好きで休日はよく被っている。ただのニット帽ではなく珍しいニット帽が欲しい。

そうこういうやつ!こういう珍しいニット帽が欲しかったのだ!

正直私はガンダムについて詳しくはないし、ザクについても「ガンダムの敵軍の量産機」くらいの情報しかない。しかし買ってしまった!私のウォンツを的確に射抜いてきたのだ、このニット帽は。

「こんなもの売れるわけないよ」と思うものでも、欲しい人には瞬時にレジに持って行き2419円払うだけの価値があるものである場合もあるんだなと、実感してしまった。そうこのザクのニット帽、2419円だった。定価3200円くらいで、割り引かれて2419円。高いと思うか安いと思うかはあなた次第。

 

一応ザクについて調べてみた。

 

ザクII(ザク・ツー、ZAKU II)は、『ガンダムシリーズ』に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は1979年放送のテレビアニメ『機動戦士ガンダム』。
作中の敵側勢力「ジオン公国軍」の主力量産型MSで、ジオン系MS共通の特徴である頭部モノアイ(一つ目)カメラと、右肩のシールド、左肩のスパイクが特徴。『ガンダム』放送当時のロボットアニメとしてはまだ珍しかった「量産機」としての設定がされており、同型の機体が作中に多数登場した。量産機の制式カラーは緑で、主人公「アムロ・レイ」のライバルである「シャア・アズナブル」の機体は赤く塗装されている。
名称の「II」(ローマ数字の2)は『ガンダム』本放送終了後に後付けされた設定であり、放送当時は単に「ザク」と呼ばれていた。同じく劇中に登場する旧式のザク(旧ザク)は、「ザクI」(ザク・ワン、Iはローマ数字の1)と呼ばれるようになった。

 

ウィキペディアより引用

ザクII - Wikipedia

 

へぇ、そうだったんだ。ガンダムのアニメは全然見たことないからなぁ。これを機に見てみようかな。

 

そんな感じで早速被ってみた。

 

f:id:g913:20161223175258j:plain

 

少しわかりにくいが私が頭にかぶっている。自分で頭を撮影するのがこんなにも難しいとは。ザクが上目遣いになってしまった。ザクの上目遣いでは胸キュンしにくい。

でもいいねぇ・・・これで街中歩いたらちょっと注目浴びるかもなぁ・・・いろんな意味で注目されるだろう。

恥ずかしいかもしれないが、コンビニに行ったり、少し散歩するくらいならザクのニット帽をかぶってもいいかなと思う。明日買い物行く時にはザクのニット帽被って行ってみよう。

 

 

あと、まぁ、これはね、やっておかないとね。

 

f:id:g913:20161223175542j:plain

 

「ザク人間」

とでも名付けようか。

「口から上の部分だけをザクに改造されたサイボーグ」ごっこもできる。

これも前見えなくて撮影に苦労した。さも楽しげにピースしているが、何も見えていない。この状態で街に出るのは危険だ。前が言えないのもそうだが、おまわりさんがやってきてしまう。

 

おまわりさん

「ジオン公国軍のお仕事中すみません、お話伺ってもいいですか?」

ジロギン(ザク)

「はい?」

おまわりさん

「職務質問させてもらいますね。まずその顔にかぶってるの取って。」

ジロギン(ザク)

「被ってる?何を言っているんだ?私はザクだ。取ることなどできん。顔面をはがせというのか?あー、怖いこと言うなぁ、ジャパンの警察官は!」

おまわりさん

「そうか・・・本当のザクならさぁ、こんな38口径のニューナンブで打っても傷ひとつつかないよねぇ?(銃に手をかける)」

ジロギン

「はい、すみませんでした!取ります!ふざけてすみませんでした!」

 

となりかねない。これは家だけでやろう。というか、これから顔が写らざるをえないときは、ニット帽を顔まで被って写ろうかな。

 

 

今日はたくさん歩いたし、いい買い物もできたし、わりと充実して1日になったと思う。出かけるまではずっとYouTubeで動画見てたけど、うん、充実してた。

 

問題はこれからだ、クリスマスイブとクリスマス。

さぁて、どうやって楽しんでやろうかなぁ〜?

 

 

機動戦士ガンダム ザク ジャガードニットキャップ Mens FREEサイズ

機動戦士ガンダム ザク ジャガードニットキャップ Mens FREEサイズ