私の名前はジロギン。

ハンターハンターなどの漫画考察、雑記、怖い話、商品レビューなどを書いています!

MENU

恐怖のジョギングを乗り越え、優雅な睡眠を手に入れるのだ!

スポンサーリンク

f:id:g913:20160801081552j:image

 

 

今週の土曜と日曜は


釣り堀→飲み→鎌倉


となかなかドタバタ弾丸ツアーと化しました。
本当は釣り堀→飲みで終わるはずでしたが、鎌倉へ。なぜ鎌倉に行くことになったのかは…覚えていません!ヤバイですね。


そんな感じで昨日は鎌倉から帰宅し、風呂に入ったあと私の大好きなファミリーマートの納豆をご飯にかけて食し、その後眠りました。
まるでPCの電源を切ったかのように意識がバチッとなくなりました。意識のシャットダウンとはこういうことかと感じました。


眠りについたのが大体21時半頃。そして朝目覚めたのが5時。7時間半睡眠でした。
一度も目覚めることなく朝を迎えていました。実は私はかなり眠りが浅い方でして、普通の日は2〜3回くらい目を覚まします。寝たんだか寝てないんだかよくわからない日もあるくらいです。
子供の頃からこんな感じで、寝てから朝まで一度も目が覚めなかったという経験は少なかったです。その代わりに寝坊したりすることは滅多にないという良さはありますけどね。


やはり疲れていれば眠りの浅い私でもグッスリ眠れるようです。しかしそれだけグッスリ眠れたおかげか結構歩き回って疲れていたはずなのに、今は不思議と体がスッキリしています。
あまり疲れないようにと考慮しながら生活してますけど、実は疲れってある程度必要なのかもしれないですね。あえて体を疲れさせることで優雅な睡眠を手に入れるってわけですか。
最近は仕事にも慣れてきてしまって、普通に働いて帰って来ただけでは体は疲れていないようですね。
「もっと俺を暴れさせてくれねぇかなぁ〜〜」
と言わんばかりに夜中目が覚めてしまうみたいです。

 

会社から帰って来たらジョギングでもしようかなと思うのですが、私は今年の1月にジョギング中に肺に穴が開いてしまい入院することになってしまいました。まさにジョギングが肺に穴を開ける弾丸の引き金になってしまったというわけです。
以来私はジョギングすることを恐れているのです。走ろうと思うとどうしてもあの時の記憶が蘇ってきてしまいます。

 

 


そう、この恐れ!
誰しもが何らかの形で持っている恐れ!
恐れを乗り越えるというのは自分に打ち勝つこと!恐れは自分自身の心が見せる幻影!
ある時はこの恐れが自分自身の行動にプレーキをかけて助けてくれることもある!
私の場合、また走れば肺に穴が開いてしまうという状態に再度陥らないように走らないという行動が取れていると考えることもできる!


しかし敗北している!恐れをなしている。
ではこの恐れを乗り越えるにはどうすればいいのか?
そう!この恐れを乗り越え、その先にある優雅な眠りを獲得するためには!
違う道を選ぶこと!走るだけが疲れを生む方法でないことを理解し、別の選択肢を取ること!これこそが恐れを乗り越え、目的を達成する1番の方法なんだ!
山頂は一つでもアクセスの方法はいくつもある!それに気づくことこそが恐れを乗り越えることにつながる!

 


ということで、自らの恐れを乗り越えて、最高の眠りを得るために何かジョギング以外の運動をしていこうと思います。
何をしようかな…?体操とかしてみようかな?

 

 

 

 

こちらの記事もどうぞ!!!