私の名前はジロギン。

ハンターハンターをはじめとした漫画の考察や、コスプレなどをしています!

【アンパンマン】何度も襲撃される職場を辞めないバタコさんの雇用条件を考察する

 

私の名前はジロギン。

 

今回も、アンパンマンの謎を考察していきます!

 

ジャムおじさんのパン工場で働くお姉さん?といえば、「バタコさん」ですよね。

元気にジャムおじさんの仕事を手伝い、どんな人(動物や食材たち)にも優しく接しています。

 

f:id:g913:20180820123539p:plain

出典:アンパンマンポータルサイト



ただ、パン工場って、必ずばいきんまんに襲撃されるじゃないですか?

アンパンマンや味方たちが撃退してくれるものの、バタ子さんもかなり怖い思いをしてると思うんですよね。

アニメが週1回(2話)の放送なので、ばいきんまんが襲撃するペースはわかりませんが、かなりハイペースで襲ってきていると思います。

 

そんな危険なパン工場という職場を辞めないバタ子さん。

一体どんな雇用条件で働いているのでしょうか?

考察したいと思います。

 

バタコさんとは

バタコさんは人間のような姿をしていますが、妖精です(アンパンマンワールドのキャラクターはみんな妖精という設定があります)。

実はバタコさんの設定には謎の部分が多いようで、ネットにもあまり情報がありません。

年齢や出身地などもわからない、謎多き女性でもあるのです。

 

バタコさんの性格は普段はとても優しく、おおらかなイメージがあります。しかし、ばいきんまんのように悪事をするものに足しては、過ちを指摘し、口調を強めることも。

「優しさとは甘やかすことではない。間違ったものを正すのが真の優しさ」ということを知っている、バタコさんなのです。

 

バタコさんはおむすびまんと両思いの関係にあるそうですが、最近はそのようなシーンはほぼなくなっています。2人の恋心がどうなったのかも不明です。

ただ、付き合っているとか、恋人関係にあるとか、そういうことではなかった模様。

パン作りの他に、裁縫も得意なバタコさん。アンパンマンのマントが破れた時は、バタコさんが直しています。

 

では、バタコさんの雇用条件について考察していきます。



バタコさんとジャムおじさんは無関係の他人

まずはバタコさんとジャムおじさんの関係について説明する必要があります。

もしバタコさんがジャムおじさんの身内だとしたら

「身内がやっているパン工場だから、何度襲撃されてもやめるわけにはいかない」

という答えで終わりだったでしょう。

「身内の仕事を手伝ってるから辞めないって、バタコさんは優しいね」と、感動できる終わり方ができました。

 

しかし、アンパンマンの公式サイトによると、バタコさんとジャムおじさんは無関係の他人とされています。

つまり、バタコさんとジャムおじさんは「従業員と雇用主」にすぎないのです。

 

アンパンマンがアニメ化される前までは、バタコさんはジャムおじさんの「孫」という設定があったそう。その影響か、アニメ第1話でもジャムおじさんはバタコさんを「わしの孫」と紹介していたそうです。

現在はその設定は無くなってしまったようですね。

 

ただの従業員と雇用主の関係にすぎないのならば、バタコさんは命の危険がある職場で働き続ける義理もないように思えます。

でも働き続けるということは、かなりの高待遇を受けているのではないでしょうか?



バタコさんの雇用条件

では、バタコさんの雇用条件や待遇について考えてみましょう。

 

実質副社長

パン工場の従業員は、ジャムおじさんを除くと、バタコさんと犬のチーズだけですね。

チーズを従業員に含めるかどうかは微妙ですが、アンパンマン号の運転をすることもありますので、一応含めましょう。

ただ、チーズはパン工場の外にある犬小屋に飼われていますので、待遇はあまり良くなさそうです。

アンパンマンもパン工場にいますが、彼はジャムおじさんが生み出した作品みたいなものです。いや、「商品」という見方もできますね(悲しいですが)。

このことを考えると、バタコさんってパン工場の実質的なナンバー2、つまり副社長みたいなものですよね。

 

副社長だとしたら、相当な給料をもらっているのではないかと思います。

しかしこの考察には1つ問題が。ジャムおじさんのパン工場はパンを「売っている」わけではないという点。収入はなさそうです。

そもそも、アンパンマンワールドにはお金がないですよね。ですのでバタコさんは給与面で高待遇を受けているわけではないでしょう。

 

副社長という肩書きこそありますが、それだけでばいきんまんに襲撃されるパン工場に務めるのは割に合わない気がします。

 

バタ子さんの生活費は全部ジャムおじさん持ち

バタコさんは、パン工場で寝泊まりしています。生活時間のほぼ全てをパン工場で過ごしていると思うんですね。

ということは、バタコさんの生活費はジャムおじさんが負担している可能性があります。

先程言った通り、アンパンマンワールドにはお金がありません。光熱費を請求されることはないでしょうが、食事をしたり、寝床を用意したり、衣服をそろえたりする負担は発生するでしょう。

 

バタコさんとしては、かなりありがたいですよね。パン工場で働いていれば衣食住全てをジャムおじさんに提供してもらえるわけですから。

しかも、他に行くあてがないとしたら、ばいきんまんに襲撃されようともパン工場に残るのがベストな判断でしょうね。

 

これはかなり有力な考察なのではないかと思います。

ただ、まだ別の可能性がありますので、考察は続けますよ!

 

パン工場の継承

ジャムおじさんの家族構成などは不明です。いない可能性すらあります。

だとすると、ジャムおじさんにもしものことがあったら、パン工場はどうなるのでしょうか。

 

世の中にはジャムおじさんのパンを求めている人たちがいる。アンパンマンだって、パンを取り替えなければ力が出なくなってしまう。

ジャムおじさんとしては、パン工場をついでくれる存在が必要ですよね。その存在としてバタコさんを選んだのではないでしょうか。

 

バタコさんがパン工場を継承するメリットとしては、

・ジャムおじさんの元で学んだパンの技術がそのまま生かせる

・ジャムおじさんが作ったコネクションを使ってパンの配布ができる

などがあるはず。だいぶ楽にパン工場の経営ができます。

 

衣食住もでき、仕事にも困らないのであれば、パン工場で働き続ける理由になりそうです。

バタコさんの雇用条件には「ジャムおじさんに何かあった場合、パン工場はバタコさんに移譲する」というものが含まれているのでは?

 

アンパンマンの使用権

アンパンマンは基本的にジャムおじさんの命令に忠実ですよね。ジャムおじさんが戦えといえば戦うし、戦うなといえば戦わない、傭兵みたいな感じです。

ジャムおじさんだけがアンパンマンに命令できると思ってしまいますが、実はアンパンマンはバタコさんにも忠実・・・かもしれません。

 

バタコさんの雇用条件には、「アンパンマンの使用権」も含まれており、ジャムおじさん同様アンパンマンを自由に使役できる。

アンパンマンは、アンパンマンワールドでも最強の実力者。そのアンパンマンに命令を下せるものこそが真の最強。

 

実質、世界を牛耳れる権利が与えられるとしたら・・・パン工場で働くメリットは大きすぎますよね!

 

・・・って、バタコさんはそんな危険な人物ではありません。アンパンマンを使って何かしようなんてことは考えていません!・・・よね?

 

雇用条件以外に理由がある可能性

バタコさんがパン工場で働き続ける理由は、何も雇用条件や待遇がいいからだけでありませんね・・・

もっと他にも理由があるのではないでしょうか?

 

ジャムおじさんによるすさまじい引き止め

バタコさんは非常に優秀な従業員だと思うんですよね。

仕事でミスをしている様子もないですし、ジャムおじさんがバタコさんを叱ったりすることもありません。ジャムおじさんとしてはかなり重宝していると思います。

 

ただ、もしかしたらバタコさんは何度もパン工場をやめようとしていた。しかしその度に、ジャムおじさんはバタコさんを引き止めているのかもしれません・・・

そうですよ、この可能性もありますよ!

 

しかもバタコさんは、アンパンマンの顔を投げれば百発百中で交換させることができる肩を持ってますからね!

プロ野球選手だとしても、球団が絶対に手放さないでしょう!

こんな芸当ができるのはバタコさんだけ!だとしたら、ジャムおじさんはなんとしてでも採用しておきたいはず!たとえ頭を下げたとしても!

 

・・・いやだ!

バタコさんに頭を下げまくっているジャムおじさんはいやだ!

ジャムおじさんの威厳のためにも、この考察は却下としましょう!

 

ばいきんまんに人質に取られないようにするため

もうちょっと冷静に頭を使ってみましょう!

もしバタコさんがパン工場をやめて出て行ったとしますよね?そうしたら、どうなるでしょう?

 

私がばいきんまんだったら、一人になったバタコさんを捕まえて、人質にしてジャムおじさんに脅しをかけると思います。

パン工場を辞めたとはいえど、バタコさんがずっと運営を支えてくれたことには変わりません。そんなバタコさんを、ジャムおじさんやアンパンマンは見捨てないと思うのです。

 

バタコさんはその可能性を理解していて、ばいきんまんが有利にならないようにパン工場にとどまり続けているのでは・・・?

 

もしこれが理由だとしたら、

バタコさんってカタギじゃないでしょ?

この理由は、アンパンマンワールド的には不適切かなぁ・・・

 

戦いを近くで見たい

実はバタコさんは、生まれながらの戦闘狂!戦いが好きでしょうがない!

でも、自分の力では敵と戦えないことがわかっているから、リアルファイトを見れるパン工場で働き続けている・・・

 

確かにパン工場で働いていれば、生活も支えてもらいながら、戦いを見ることができます・・・が、バタコさんは戦闘狂ではないと信じたい!

みんなに優しく、いつでも笑顔なバタコさんが戦闘狂だった・・・

これはシャレにならないほど怖い設定なので、やはりNG!

 

結論

いろいろ考察してきましたが、私の結論を出します。

バタコさんが命の危険もあるパン工場で働き続けているのは

 

「衣食住を負担してくれる」

「ジャムおじさんの後を継ぐ」

 

という理由があるのではないかと思います。

 

アンパンマンワールドにおいて、パン工場はかなりの重要な施設です。住人たちはパン工場のパンを楽しみにしてますし、工場にはいろんな食材たちも訪れます。

アンパンマンワールド全体の「食」を握っていると言っても過言ではないでしょう。

そんなパン工場で働き、やがては自分のものになるのだとしたら・・・多少ばいきんまんに襲撃されようとも、バタコさんとしては働き続ける理由になるはず!

 

・・・あれ?結局バタコさん、腹黒になっちゃった・・・