私の名前はジロギン。

ハンターハンターをはじめとした漫画の考察や、コスプレなどをしています!

「営業」から「Webライター」に転職して感じた仕事内容や働き方の変化

 

 

私の名前はジロギン。

 

今回は、私の前の仕事と、今の仕事を比べての変化について書きます。

このブログでも何回か書いてきたのですが、私は以前「営業職」として働いていました。期間は2年半ほどですかね。

自社で運営しているサイトを外部の会社に紹介して、利用してもらう感じの営業でした。

 

今は「Webライター」として働いています。昨年末から8ヶ月ほど続けてますね。

1日中、ひたすら文章を書いてます。

 

私が経験した「営業」と「Webライター」という2つの仕事。

どれくらい違いがあるのか、主観ではありますが、紹介したいと思います。

 

f:id:g913:20180821204943p:plain

 

 

働いている体感時間が全く違う

営業時代の私の仕事は、テレアポでした。

いろんな企業に「うちのサイトの話を聞いてくれませんか?」って電話をかけるんですよ。

1日100〜150件くらい電話してましたね。迷惑でしょ?

 

丁寧に「間に合ってますので必要ありません」って対応してくれる企業もあるんですけど、10件に1件くらい

「お前さぁ、誰に断って営業かけてんだよ?」

みたいな、すごく感情のこもった対応をしてくださる企業もあるわけです。

 

本当に私はこのテレアポが超嫌いでしてね。

会社の指示で迷惑電話みたいな営業をかけて、それで怒られるんですから。

「なんでこんなことしなきゃいけないんだ」って、納得いかなかったですよ。

 

しかも、こういう嫌なことしてる時間ってめちゃくちゃ長く感じます。

勤務時間の8時間が、3泊4日くらいに感じてました。

 

 

今のWebライターの仕事も勤務時間は営業時代と変わらず、1日8時間の週5日勤務。

ですが、1日当たりの体感時間がまるで違いますね。3時間半くらいに感じます。

これは、自分の好きなことをしているからでしょう。

 

私はこのブログを始めてから2年ほど、毎日のようにブログを更新してきました。

営業の仕事終わりでしたが、「書きたくないな」って気持ちになる日はなく書いてましたね(仕事のストレスをブログにぶつけてたのかも?)。

それくらいには、文章を書くことが好きなのです。

 

もちろん仕事で文章を書くときは、ブログのように自分の好きに書けるわけではありません。

それでも文章を書くことには変わりないので、楽しみながら仕事を出来ているんだと思います。

 

いやぁ、営業時代とは大違いですな。

 

 

 

私服勤務の違和感

これはですね、いまだに慣れていないことなんです。

営業時代は毎日スーツ勤務でしたが、Webライターになってからは私服勤務になりました。

 

新卒からスーツ勤務だったので、私服で会社に行くというのは違和感がありますね・・・

しかも、いまふと思ったんですけど、私、私服でビジネスバック持って朝の電車に乗ってるんですよね。

これは周りから見ても違和感しかないのでは・・・?

 

別にスーツ勤務でもいいのですが、会社全体が私服OKなので、明らかに浮くんですよね。お風呂のアヒルちゃんくらい浮くでしょう。

 

 

スーツは、夏は暑いし、冬は大して暖かくないという悪い意味で絶妙な服です。

あまり着たくはないのですが・・・コーディネートが楽っていうのはかなりのメリットです。

毎朝何を着て会社に行くか考えなくていいわけですからね!

 

いやね、私ですね、その・・・

自分がかっこいいと思っている服が、人のセンスと合わないタイプの人間なんですよ。

 

だから、家にこんな服しかないんですよね。

 

f:id:g913:20180821203913j:plain

 

これはダースベイダー。

 

f:id:g913:20180821203939j:plain

 

これは「 ONE FOR ALL , ALL FOR ONE 」って書いてある服です。

会社の人から

「ジロギンさんってONE FOR ALL , ALL FOR ONE とか思わないタイプの人間ですよね?」

って言われました笑

 

 

こんな服しかない私にとって、私服勤務というのは良いような悪いような・・・複雑な気分です。

 

しゃべる仕事からしゃべらない仕事へ

営業の仕事とWebライターの仕事は、真逆と言えるかもしれませんね。

営業は電話や対面で人としゃべる仕事です。

一方でWebライターは、誰ともしゃべらずに黙々と書き続ける仕事。

使っているスキルがかなり違うと思います。

 

営業の仕事には、だいたい自分以外の誰かが関わっていましたが、Webライターは己との戦いです。

いかに長い時間文章を書き続けられるか・・・これがWebライターの仕事の極意ではないかと思います。

 

今はすごいですよ、会社内で1日に発する言葉が30文字くらいしかない時もありますからね。

30文字って言ったら、短歌より短いですから。5・7・5・7・7で、1日の会話が全部おさまっちゃいますからね。

 

 

ただ、私は仕事中は話さないほうがいいかなと思っているタイプです。

黙って仕事しているほうが集中できるんですよね。

 

営業時代もテレアポや商談の時は話したものの、仕事中に同僚と私語をすることはほとんどありませんでした。

少なくとも、私から話しかけることはほぼなかったと思います。

 

仕事中の私は

口にチャックしてその上から縫い付けてあんのか?

ってくらい黙っているので、Webライターの働き方のほうが合っている気がしています。

 

会社の人との距離感が変わった

記事を書くのも会社の中なので、他の部門の人と同じオフィス内で働いています。

ただ、会社の人との距離感が微妙なんですよね。

 

私は黙々と記事を書いて、他の人と一緒に作業をするということはほとんどありません。

だから、会社の人とは「同じ空間で働いているけど、別の会社の人」みたいな距離感があるのです。

 

営業時代もあまり他の社員と絡もうとしなかった私ですが、少なからず一緒にお昼に行く人や、トイレで会った時に話す人はいました。

ですので全く交流がないとチョットさみしい・・・

 

私は、クラスのはじっこにいるけど、たまにはいじってほしいみたいな、面倒なヤツなのです。

適度に人間関係が欲しくなっちゃうんですよね (クソわがまま)。

 

自分から声をかけに行けよ!って話なんですが・・・

そういうタイプなら営業職の方がうまくいったのでは?

 

 

でも、今日は会社の人にランチに誘っていただいて、一緒にご飯を食べてきましたよ!

こういうの本当にありがたい・・・

ありがとう、それ以外、言葉が見つからない・・・

 

 

 

仕事のスキルがブログに役立つ

今のWebライティングの仕事は、読む人のことを考えたり、SEOで上位表示することを考えたりしながら文章を書きます。

そのために必要な知識やスキルも、仕事中に教わっている状態です。

 

これらはですね、私のブログにも役立っているのです!

このブログは、私の趣味全開のブログですので、SEOとかライティングのテクニックとかは全然意識してません笑

 ですが、もう1つ運営しているブログ「テニスのジロギン。」では、仕事で教わったライティングの方法を自分なりに応用しています。

 

jirogin.com

 

その結果は出てまして、「テニスのジロギン。」は

現在運営8ヶ月目。

全部で100記事超えたところで、今月は5万PVに届くかどうか・・・

という感じです。

バズもなく、検索流入がほとんどなのですが、そこそこ上手くいっています。

仕事のスキルが役立っている証拠では・・・?

 

 

営業やってた頃、ブログに役立ったことといえば

「営業やだわー!仕事したくねー!」

みたいな、仕事のグチをブログネタにすることくらいでした。

これはあまり良くないですよね。仕事のモチベーションも下がりますし、読んだ人も楽しい気分にはならないと思いますから。

 

Webライティングの仕事が趣味のブログにも活かせる。

これは仕事のモチベーションにも趣味のモチベーションにもなるので、私としては良い流れが出来ていると感じています。

 

まとめ:Webライターは向いている?

今は楽しく働けているので、私にはWebライターが向いているのではないかなと思っています。

もっと適職はあるのかもしれませんが、営業と比べたら、間違いなくWebライターが向いてますね。

 

文章を書くのが好きなので「書く行為が仕事になる」というのは、私としてはとてもありがたいです。

何か他にやりたいことや、新しい目標ができない限りは、Webライターを続けていこうかなと思います。

 

 

今回は、私の仕事に関する記事でした。

今後もちょいちょい、Webライターとしてどんな仕事をしているのかなど、書ける範囲で書いていきますね!

 

 

▼ライターを始めるなら「クラウドワークス 」がおすすめ▼

日本最大規模のライティング案件数を抱えるサイトです。未経験からでも始められる仕事が山のようにあります。

簡単なものだと10〜15分程度の作業でお金になるので、私もスキマ時間にクラウドワークス を利用中です!