私の名前はジロギン。

HUNTER×HUNTERなどの漫画考察や、怪談・オカルト話の考察、ヒトコワ話を掲載しているブログです。

【ヒトコワ】血まみれ男の事情

私の名前はジロギン。

 

今回紹介するのは、石田 純平(いしだ じゅんぺい:仮名)さんという男性が体験した話。

石田さんは、かつて私が入院していた病院の外科医。「変わった患者さんに出会ったことはないですか」と聞いたところ、こんなエピソードを聞かせてくれた。

 

血まみれ男の事情

某日、22時半ごろ。

石田さんが働く病院に、急患が運ばれてくるという連絡が入った。

 

救急隊員の話では、患者は男性、年齢25歳、手術歴なし、首から大量に出血。

現在、救急車で搬送中であり、10分後に到着するとのこと。

 

急患の男性は、救急隊員とともに歩きながら処置室に入ってきた。

首元に白いタオルを当てていたが、一部が赤く染まっている。

服装は上下グレーのスウェットだが、左半分は血を吸って濃い灰色に変わっている。

 

一見すると大変な状態ではあったが、男性の意識ははっきりしていて、名前や生年月日、今日の日付を聞いても問題なく答えた。

表情も冷静そのもの。

 

普通の人なら、血まみれの人間を見たら恐怖を感じるだろう。

しかし外科医である石田さんにとって、血まみれの患者を見るのは珍しいことではない。

自身の経験と、男性の状態から出血量はそれほど多くないと判断。余裕を持ちながら診察、縫合手術の準備をしていた。

 

男性に、家族は付き添っているのか聞いたところ、来ているのは同棲中の彼女のみとのこと。

男性にとって今回が初めての手術となるため、顔に出ていなくても不安を感じているかもしれない。

石田さんはその不安を払拭しようと、

 

「もしかして彼女に噛まれたんじゃないの?ケンカでもした?」

 

と冗談で聞いてみた。

すると、男性の表情が一瞬にして暗くなった。

そして、

 

『はい』

 

と小さく頷いた。

 

石田さんは最初、男性が自分の冗談にノリで応えてくれたのだと思った。

しかし、

 

『彼女は悪くないんです!オレのせいなんです!全部オレが悪いんです!!』

 

と、男性はこれまでと一変して激しく動揺し始めた。

冗談を言っている人間の形相ではない。

 

「ま、まぁそういうのはウチの担当じゃないからさ…とりあえず傷口を消毒して、縫合しようか。」

 

石田さんは男性を落ち着かせ、手術に取り掛かった。

 

傷口を見ると、確かに生き物に噛まれたようであった。

皮膚が剥がれ、筋肉が露わになっている。

刃物で切ったようなきれいな傷ではなく非常に粗い。

局所麻酔をし、一度傷口をメスで切ってから縫合する必要がある。

石田さんは「冗談で言ったことが事実だったのか」と半信半疑になった。

 

手術は数十分で無事終了。

石田さんは、男性の付き添いで来た彼女に容体を伝えるため、待合室へと向かった。

ソファに小柄な女性がちょこんと座っていた。

年齢は男性と同じくらいだろう。

 

「付き添いの彼女さんですね。彼氏さんの手術終わりましたんで、安心してください。もう少し待っててくださいね。」

 

『ありがとうございます。』

 

そう答えた女性の口元、唇の端から左頬にかけて褐色の何かが付着していた。

拭き取った痕跡があるものの、外科医である石田さんにはそれが何かすぐにわかった。

血の跡だ。

 

血は酸素の供給がなくなると、赤色から褐色に変化する。

体外に出た血は時間と共に乾燥し、変色していくのだ。

石田さんの中で、先程の冗談はほぼ100%真実となった。

 

しかし、この男女の間に何があったのか調べるのは警察の仕事だ。

それに、愛には様々な形がある。

医者である自分がこれ以上深入りする必要はないし、深入りしたくなかった、と語ってくれた。

※ご本人や関係者に配慮し、内容を一部変更しています。

 

お医者さんはいろいろ知っている

おそらく男性は女性に噛みつかれ、首から大量出血したのでしょう。

人から噛みつかれるなんてことがあるのでしょうか……

人間が動物の本性を取り戻すほど激しいケンカをしたのかな、などと考えてしまいます。

 

お医者さんは仕事柄、いろいろな属性の人と関わってそうです。

その中にはいわゆる「奇人」もいるのではないかと思います。

もっといろいろ話を聞いてみたいのですが、お医者さんとのつながりは少ないですし、エピソードを聞くために病院へ行くわけにもいきません。

それがちょっと残念なところです。