私の名前はジロギン。

HUNTER×HUNTERなどの漫画考察や、怪談・オカルト話の考察、ヒトコワ話を掲載しているブログです。

【ヒトコワ】最後の花瓶

私の名前はジロギン。

 

今回紹介するのは、石原 美恵(いしはら みえ:仮名)さんという40代の女性が体験した話。

6年ほど前、別れた交際相手の男性Aさんとの間に起きた出来事だ。

 

最後の花瓶

Aさんと交際が始まったのは、40代が間近に迫ってのことだった。

お互い、いい年齢ということもあり落ち着いた生活を望んでいた石原さん。

仮に籍を入れなかったとしても、支え合えるパートナーになれれば良いなと考えていた。

 

しかし現実は違った。

Aさんは建築関係の仕事をしていたが、石原さんとの交際が始まると、仕事を辞めて無職に。

石原さんは何かにつけてお金を求められることが増え、総額にして200万円ほど貸していたという。

 

そんな生活に嫌気がさし、Aさんと別れることを決意。

貸したお金は少しずつ返済してもらうという約束で、数年間の交際を終えた。

 

石原さんのスマホに不審な電話が増えたのはそれからだった。

1分ほどの沈黙の後、ブツリと切れる。

そんな電話が1日に5〜10件、全て公衆電話からかけられていた。

 

石原さんは電話の主がAさんであると薄々勘づいていた。

警察に相談し、二度と接触しないようAさんを厳重に注意してもらった。

 

----------

 

それ以来、無言電話はなくなった。

お金の返済も止まってしまったが、手切金だと思って諦めていた石原さん。

 

数週間が経ったある日の夜、職場から自宅のアパートに帰ってきた石原さんは、自室の扉の前に花瓶と花が置かれていることに気づいた。

 

青い円筒形の花瓶に、白やピンク色の花が数本生けられている。

差出人はわからず、手紙なども付いていない。

石原さんの脳裏にはAさんの顔が浮かんだ。

 

不気味に感じたが、そのままにしておくわけにもいかない。

石原さんは花瓶を持って部屋に入り、花を取り出して、花瓶の中に入っている水を洗面台に流した。

 

入っていたのは水ではなく血だった。

 

真っ赤な液体が白い洗面台を染め、排水溝へと流れていく。

思わず叫び声を上げてしまった石原さん。

左手に持っていた花からも血が滴り落ち、玄関から洗面台のある風呂場まで、血の跡が転々と続いていた。

 

石原さんは急いで警察に連絡。

再度Aさんに注意するよう依頼した。

もしこれでも収まらなければ、裁判を起こす覚悟もしていた。

 

----------

 

翌日の昼頃、2名の警察官がAさんの家を訪ねた。

インターホンを数回押したが返事はない。

ドアノブを回すと、鍵がかかっていなかった。

 

中に入った警察官は、Aさんが潜んでいないか確認することにした。

風呂場の扉を開けると、浴槽の中で左手首を切り、すでに生き絶えている全裸のAさんを発見した。

花瓶に入っていた血は、Aさんの手首から流れ出たものだと思われる。

 

Aさんによる一連のストーカー行為は、これで終わったかのように見えた。

しかし石原さんは、まだ不可解な点が残されているという。

 

Aさんは浴槽で手首を切り、その血を花瓶に入れてそのまま亡くなった。

だとしたら、誰が花を生けて石原さんの部屋の前に花瓶を置いたのだろうか。

花瓶を運んだ「誰か」がいるはずなのである。

 

この一件から数年経つが、その「誰か」の正体はわかっておらず、いま考えても奇妙に感じる、と語ってくれた。

※ご本人や関係者に配慮し、一部内容を変更しています。