私の名前はジロギン。

HUNTER×HUNTERなどの漫画考察や、怪談・オカルト話の考察、ヒトコワ話を掲載しているブログです。

【ヒトコワ】気まぐれな空き巣対策

私の名前はジロギン。

 

今回紹介するのは、倉橋 雅也(くらはし まさや:仮名)さんという男性から聞いた話。

倉橋さんが気まぐれにとったある行動によって、危機を回避したエピソード。

 

気まぐれな空き巣対策

現在勤めている会社に新卒で入社して半年が経った頃、倉橋さんは有給休暇が取得できるようになった。

特に用事があったわけではないが、何となく疲れを感じていたため、ある日、有休を取ることにした。

 

平日休みなんて、学生の時以来。

倉橋さんは家で布団に篭り、YouTubeを見ながら「他の人が働いている時間にダラダラできる」という優越感に浸っていた。

 

14時を過ぎた頃。インターホンが鳴った。

倉橋さんはマンションで一人暮らしをしており、家族は別の地域に暮らしている。

今日、家族の誰かがやってくるという連絡は受けていない。

宅配便の可能性もあるが、ネットで何か注文した記憶もない。

 

身に覚えのない来客を不審に思いながら、部屋に設置された受話器を取った。

 

「はい?」

 

『あっ……ヤマモトさんいらっしゃいますか?』

 

低い男性の声が聞こえた。

 

「いえ、ウチはヤマモトじゃないですね。」

 

『そうですか。失礼しました。』

 

ただの間違いか。

倉橋さんは布団へと戻った。

 

しかし、先程の会話に違和感を覚えた。

男性は何のためにウチに来たのだろうか。

普通「宅配便です」とか「郵便です」とか、要件を伝えるのものじゃないだろうか。

単に「ヤマモトさんいらっしゃいますか?」というのは何だか不自然だ。

 

少し引っかかる会話だったが、過ぎたことをアレコレ考えても仕方がない。

そう思い、倉橋さんは動画視聴を続けた。

 

----------

 

20時頃。

家に買い溜めておいたカップ麺を食べていた倉橋さんは、外からサイレンの音が聞こえてくるのに気がついた。

音はどんどん近づき、倉橋さんの住むマンションの前で止まった。

 

何事かと思い、カーテンを開けてベランダに出てみると、マンションの入り口あたりにパトカーと救急車が止まっている。

マンション内で何か事件でもあったのかと思ったが、自分には関係のないこと。

引き続き夕食を取り、23時頃に就寝した。

 

----------

 

倉橋さんが事件の内容を知ったのは、翌朝のニュースだった。

48歳の男性会社員が帰宅すると、侵入していた空き巣と思われる3人の男たちと鉢合わせに。

空き巣グループの1人が男性にの顔に催涙スプレーをかけ、頭をハンマーで殴り、現金50万円を盗み逃走。

その2時間後に帰宅した男性の妻が、頭から血を流して廊下に倒れている夫を発見し、警察に通報した。

男性は命に別状はなかったものの、頭蓋骨骨折など全治2ヶ月の大怪我。

 

倉橋さんの住むマンションが、テレビ画面に映っている。

倉橋さんは背筋に冷たいものを感じた。

 

昨日の昼に訪ねてきた男性は、おそらくこの空き巣グループの誰かだろう。

マンション中のインターホンを押し、留守の家を確認して回っていたに違いない。

もし部屋に人がいたら、『ヤマモトさんいらっしゃいますか?』と、それらしいことを言って誤魔化していた……そう考えると、あの不自然な会話の辻褄も合う。

 

およそ2週間後に空き巣グループは逮捕。

同様の手口で20件以上の犯行に及んでいたとのこと。

 

もしあの日、有給休暇を取らずに仕事へ行き、自宅に侵入してきた空き巣グループと鉢合わせていたら……

自分の気まぐれな行動が思わぬ空き巣対策につながり、事件に巻き込まれずに済んだ、と語ってくれた。

※ご本人や関係者に配慮し、内容を一部変更しています。