私の名前はジロギン。

暇つぶしのためのブログです。ブログ主・ジロギンが日常についての雑記、ハンターハンター、ナルト、ワンピースなどの漫画考察記事を書いています。電車の中や仕事の休憩中、寝る前などおヒマな時にどうぞ!

MENU

【ハンターハンター】カキン帝国第1王子・ベンジャミンは厄介な存在になりそう

スポンサーリンク

 

カキン帝国の王子達に取り憑いた念獣、すなわち守護霊獣達が本格的に稼働し始め、ブラックホエール1号の中ではすでに多数の死者が発生しています。まだ念獣の能力が明らかになっていない王子も多数いますが、モモゼ王子のおヒマ?の念獣のように、念能力でいうと操作系のような搦め手を得意とする一筋縄ではいかなそうな念獣が多いのではないかと予想されます。

関連記事:【ハンターハンター】モモゼ王子の「おヒマ?」の念獣は可愛いけど能力は微妙・・・ - 私の名前はジロギン。

ツェリードニヒなど、見るからに「こいつの念獣は危険だろう」となんとなくわかる者もいます。その中でも、現状誰よりも危険そうなのが

第1王子・ベンジャミン

だと、個人的に思うのです。その理由を書いていこうと思います。

 

 

 

ベンジャミンとは?

f:id:g913:20170705195206j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 33巻152P/冨樫義博)

カキン帝国の第1王子にあたります。王子は(表面上)身分の上下はなく、生まれた順に番号が割り振られますので、ベンジャミンは最も早く生まれたお兄さんとなります。

見るからに武闘派という感じで、肉弾戦になれば非常に強そうな体格をしています。ベンジャミンは登場するたびに「他の王子達を始末する」ような素振りを見せておりますので、他の王子達と戦う気満々ですし、王位を辞退するなんてこともまずないでしょう。

実の弟である第4王子ツェリードニヒには電話越しで馬鹿にされていましたが、個人的にはベンジャミンは軽視できない男だと思うのです。

 

 

念能力が使える

ブラックホエール号内で行われたセレモニーにて、ベンジャミンは他の王子達を殺害、しかもただでは殺さない胸に誓うような残忍な感情を見せつつ、全身にオーラをまとっていました。まぁ間違いなく念能力を体得しているでしょう。かなり強大なオーラだと思います。

f:id:g913:20170705195318j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 34巻180P/冨樫義博)

ベンジャミンの様子からすると強化系っぽいですよね。筋肉モリモリですし、初登場シーンではライオンを絞め殺してましたからね。この力あるよアピールをするあたりは強化系っぽそうです。直情的で好戦的な感じも強化系に当てはまります。イメージとしては幻影旅団のウボォーギンに近い感じがします。強化系の肉弾戦大好きタイプですね。ただまぁ、ライオンを絞め殺すっていうのが強さのアピールになるかというと微妙です。ジンやシルバはライオンよりもっと巨大な獣を手懐けてましたからね。今更ライオンを殺したところですごいのかどうか・・・念が使えなかった時のゴンやキルアでもできそうな感じです。

ライオンを絞め殺した時は念能力などは使っていなかったようですので、念を使えばもっと強くなるのかもしれません。ウボォーギンのパワーも念ありきではありましたから、念を使っていない状態でのパワーでベンジャミンを評価するのはまだ尚早かと。しかし、体格だけで見るとウボォーとさほど変わらなそうなベンジャミンですが、単純な戦闘力だけで見るとウボォーよりは弱いのかな?戦闘経験はウボォーの方がありそうですし。

ただ、ベンジャミンの強みは自身の肉体や念能力だけではありませんね。

 

 

念獣の力

もちろんベンジャミンにも念獣が取り憑いています(ベンジャミンは念能力者ですが念獣を認知できていないようです。おそらく王子達には念能力が使えようが使えまいが念獣は見えないものと思われます)。

f:id:g913:20170705195358j:plain

(引用:HUNTER×HUNTER 週刊少年ジャンプ31号/冨樫義博)

念獣はナズビ=ホイコーロの話では「搦め手」的な能力を宿しているようです。敵国との戦いで、より間接的な戦略を取れる者こそ戦いを有利に運べ、王の座にふさわしいという昔からのカキン帝国の考え方によるものです。もしベンジャミンが強化系念能力者で、単純に自身の肉体を強化するタイプの能力を持っていて、ウボォーギンより弱かったとしても、この念獣の存在によってその戦闘力はだいぶ増幅されると思います。

ウボォーギンは、見た目以上に頭を使って戦えるタイプではありました。が、クロロも言っていた通り、操作系や具現化系の能力者には負ける恐れがあります。操作、具現化系の能力者は直線的な攻撃ではなく、ハメ技のような、一度決まると抜け出せないような手法をとる能力者が多く、むしろウボォーギンのように直線的に突っ込んでくるようなバリバリの強化系との戦いを想定して能力を開発している場合も多いです。そんな能力者に対して強化系であったウボォーギンは負ける可能性が高く、事実クラピカに敗北しました。操作系や具現化系のような搦め手的な能力を使えない強化系は、餌食になってしまいます。

しかしベンジャミンは念獣の力で搦め手のような能力も使える可能性があります。念獣の能力で相手の動きを止めたり、あるいは撹乱したりして自身の能力で攻撃を通りやすくすることだってできるでしょう。これが、私がベンジャミンを厄介だと思う理由です。もしベンジャミンが単純な肉体強化型の強化系念能力者であったとしても、念獣の存在によって、持ち前の念能力を活かせるより幅広い戦略が取れるようになると思うので、とても厄介だと思うのです。

 

 

 

ただ、冨樫先生のこれまでのパターンからすると、ウボォーギンもそうなのですが、見た目からして強そうなキャラは大体序盤で咬ませ犬になってしまうことが多いです。やっぱり体が大きいキャラって、強そうには見えないけど実は強いキャラの咬ませ犬にはもってこいなんですよね。ジャンプの王道と言えば王道です。もしかしたら、私が思うベンジャミンの厄介さというのは冨樫先生のミスリードで、ベンジャミンは意外と早いうちにあっけなくやられてしまうかも・・・?

でもそうなったらそうなったで、むしろ当ブログでベンジャミンをもっと特集していこうと思います。私はこういう咬ませ犬キャラが大好物ですので・・・

関連記事:【ハンターハンター】団長の手刀を見逃さなかった人の強さはどれくらい? - 私の名前はジロギン。

 

 

ハンターハンタークイズ!

最後はハンターハンタークイズで終わりにします!

前回の答えは

A.3回

でした!

www.g913-jiro.com

それでは今回のクイズは「第1王子・ベンジャミン」に関するクイズ!

 

Q.ベンジャミンは自分のことをなんと呼ぶでしょう(一人称)

難易度:星1(シングル)

 

ヒントは33巻にあるよ!

 

答えは次回!それでは〜!