私の名前はジロギン。

HUNTER×HUNTERなどの漫画考察や、怪談・オカルト話の考察、ヒトコワ話を掲載しているブログです。

【ヒトコワ】宗教勧誘の女性

私の名前はジロギン。

 

今回ご紹介するのは、山崎 和也(やまざきかずや:仮名)さんという男性から聞いたお話。

 

一人暮らしをするのが怖くなってしまいそうなエピソードです。

 

宗教勧誘の女性

2年前。山崎さんは大学を卒業し、新社会人となった。

それと同時に実家を離れ、東京都内で一人暮らしを開始。

当時の給料は手取りで月16〜17万円ほど。固定費を下げないと貯金ができなさそうだったため、家賃の安いアパートに入居した。

 

築44年の木造アパート。

雨風が強い日は、建物ごと吹き飛ばされないか心配になるほどガタガタ震える。

部屋は6畳の1Kで、家具を置くととても狭く感じた。

隣人の咳き込む声が聞こえてくるほど壁は薄い。

とても住み心地のいい家とは言えなかったが、給料が上がるまでは我慢するしかなかった。

 

一人暮らしを始めて2ヶ月ほど経ったある夜。

19時半ごろ。

 

ピンポーン

 

インターフォンが鳴った。

古いアパートのため、来客があった場合はドアスコープを覗くしか確認方法がない。

山崎さんがドアスコープを覗くと、視界の左隅の方に誰か立っているのが見えた。

でも見えるのは肩だけ。薄紫色の服を着ているようだった。

 

誰かわからなかったが、山崎さんはとりあえずドアを開けて確認してみることにした。

開いたドアの隙間から、真っ白な女性の顔がヌッと入ってきた。

黒く長い髪で目は虚ろ、口は半開き、頬はやつれていて何日も食事をしてないように見える。

 

映画「リング」の貞子を彷彿とさせる女性だ。

怖い話のテンプレートのような女性の出現に、山崎さんは「うわぁっ」と声を出してしまった。

顔だけが入ってきたので驚いたが、ドアスコープで体があることは確認している。

目の前の女性はオバケではなく生きている人間だ。

 

最初、女性の視線は部屋の中へ向けられていた。

見ず知らずの人に部屋を覗かれるのは気持ちのいいものではない。

山崎さんはそれとなく体で女性の視線を遮った。

女性の両目は山崎さんの顔へと向けられた。

 

『私、〇〇教という宗教の活動を行なっている者です…この辺の人たちに会報誌をお配りしてます…』

 

女性は弱々しい声でしゃべり続ける。

 

『いま、幸せですか。』

 

突然の問いに戸惑った山崎さん。

裕福とは言えず、古いアパートに住まなければいけない現状は幸せから程遠い。

それでも、この女性よりは幸せだろう。

そう思った山崎さんだったが、口に出せば厄介な宗教の勧誘が始まるのは明らか。

 

「そういうの興味ないんで。他あたってもらえますか。で、二度とウチには来ないでください。」

 

と言って無理矢理ドアを閉めた。

女性の顔を挟みそうになったが、女性は見た目によらず、肉食動物が来たのを察知して巣穴に帰るプレーリードッグのようなスピードで顔を引っ込めた。

 

部屋に戻り、布団の上に寝そべってスマホをいじり始めた山崎さん。

数分後、あることに気づく。

 

ガリガリガリガリガリガリガリガリ

 

どこかから物音がする。

 

ガリガリガリガリガリガリガリガリ

 

何かを引っ掻いているような音だ。

 

耳をすまして音の位置を確認する。

音源は玄関の外にあるようだ。

 

耳をそっとドアに近づける。

 

バンッ!バンッ!!バンッ!!!

 

ドアが激しく3回叩かれた。

驚いた山崎さんは、その場で尻もちをついてしまった。

 

ガリガリという音はしなくなった。

恐る恐るドアを開けてみると、そこには誰もいない。

ドアの外側を確認すると、ドアスコープの10cmくらい下に無数の引っかき傷がついていた。

 

おそらく先ほど来た宗教勧誘の女性がやったのだろう。

ネコなどの動物が傷つけたにしては位置が高すぎるし、バンバンバンという音は明らかに人間がドアを殴った音だ。

 

怖くなった山崎さんは、すぐに引っ越しを決めた。

女性を鼻であしらったことで恨みを買ってしまったのだとしたら、また報復にやってくるかもしれない。

違約金やドアの修繕費がかかってしまったが、それらを払ってでも同じ部屋に住み続けたくなかった、と語ってくれた。

※ご本人や関係者に配慮し、内容を一部変更しています。

 

どう対応するのが正解…?

一人暮らしの家に突然やってくる人って、厄介な場合が多いんですよね。

いや、厄介なだけでなくかなり怖い……特に夜は(宅配便の人は除きます)。

 

私にも経験があります。

一人暮らしをしたことがある方なら、一度は出くわす恐怖イベントではないでしょうか。

www.g913-jiro.com

 

夜中に見ず知らずの人の家に行こうなんてまず思いませんから、よっぽどの事情があるのでしょう。

しかし、そんな一方的な事情に巻き込まれる側としては、たまったもんじゃありません。

 

かといってインターフォンが鳴ったら無視するわけにもいきませんし、居留守してる間ずっとピンポンピンポン鳴らされ続けても困りますし……

無下に扱うと、山崎さんのような事態にもなりかねません。

 

どう対応するのが正解なのでしょうか。永遠の謎です。