私の名前はジロギン。

HUNTER×HUNTERなどの漫画考察や、怪談・オカルト話の考察、ヒトコワ話を掲載しているブログです。

電話の呼び出し音が「帰って来たヨッパライ」の会社に電話した話

私の名前はジロギン。

 

夜道を歩いていると、つい頭の中で怖いことをイメージしてしまいませんか?

私はしょっちゅうやります。

特に「むかし自分が体験した不気味な出来事」を思い出すことが多いです。

 

昨日も夜にウォーキングをしていたら、新卒で入った会社でのある出来事がフラッシュバックしました。

そんなに怖くないかもしれませんが、個人的には少しゾッとした話です

 

6〜7年ほど前のこと。当時、営業職として働いていた私。

毎日、朝から夜まで他社に電話営業をしていました。

連絡先の一覧リストを見ながら、脳死状態で電話をかけ続けるだけの仕事です。

 

膨大な数の会社のうち、ある会社に電話をかけたところ、呼び出し音が『帰って来たヨッパライ』でした。

「オラは死んじまっただぁ〜」って歌詞が有名ですね。

かなり古いですが、幅広い世代に知られている曲だと思います。

 

普通、電話をかけたら「プルルルルル」という呼び出し音がするはず。

その会社があえて「帰って来たヨッパライ」に設定していたのでしょう。

 

でも、そんなことする必要があるのでしょうか?

しかも「帰って来たヨッパライ」って、歌詞が今の時代では完璧にアウトな内容なんですよね。飲酒運転で死んだみたいな。

曲の最後には低い声でお経が読まれるし、完全に死をテーマにしている曲です(ぜひYouTubeのリンクから聞いてみてください)。

それを会社の電話の呼び出し音に設定するなんて…いや、迷惑な営業電話をかけていた私が言えた立場でもないのですが、ちょっと不気味に思いました。

 

さらに、この会社、いくら呼び出しても誰も出ないんです。

ずっと『帰って来たヨッパライ』が流れ続けるだけ

何回掛け直しても、誰も出ない。

 

すでに会社がなくなっていた可能性もありますが、だったら「この電話番号は使われていません」みたいな案内が流れそうなものです。

でも呼び出し音が鳴ったということは、番号自体は生きていたのでしょう。

だったら会社も存在していた…?あえて誰も電話に出ず放置していたのか?それとも私が偶然、会社に誰もいない時間に電話していたのか…?

 

などと考えるほど意味がわからず、不気味な感じが深まっていったので、その会社に電話をかけることはやめました。

 

もちろん、今となってはその会社の電話番号も名前も思い出せません。

やがてこの経験自体、記憶の砂漠に埋もれていくと思います。

 

もしかしたら私のように、この会社に電話したことがある方がいるかもしれません。

でも、これ以上この会社の情報を知るのは怖いので、コメント欄には何も書き込まないでくださいね…

私がもう電話営業をしたくない理由の1つが、この経験です。