私の名前はジロギン。

ハンターハンターをはじめとした漫画の考察や、コスプレなどをしています!

MENU

【アンパンマン】ちびぞうくんが大きくなったら名前はどうするのか?

 

こんにちは!ジロギンです!

 

アンパンマンワールドの住人に「ちびぞうくん」という、ぞうの子供がいます。

「小さなぞう」だから「ちびぞう」という名前が付けられているのでしょう。

 

f:id:g913:20180723084659p:plain

出典:アンパンマンポータルサイト


アンパンマンワールドに住む人々(動物たち)には、ストレートな名前が付けられています。

例えば、

 

・アンパンの人→アンパンマン

バイキンの人→ばいきんまん

カバの男の子→カバおくん

 

などなど・・・ちびぞうくんも、例外ではありません。でも・・・

 

ちびぞうくんが大きくなったら名前はどうするんでしょうね?

 

ちびぞうくんはぞうですから・・・大人になったら巨体になるポテンシャルを秘めているはず。

なのに名前に「ちび」が入っていたのでは、体のサイズと合わなくなってしまいますね。

 

今回は、ちびぞうくんが成長した後の名前について考察したいと思います。

 

 

 

ちびぞうくんとは?

アンパンマンワールドに住む、ぞうの子供です。クリームのような体の色をしています。

小さな体ですが、鼻の力はとても強いです。

カバおくんたちと同じ学校に通っており、いつも元気に遊んでいます。

 

ちびぞうくんの性格は、素直で明るいです。しかし小生意気と言いますか、強気な面もあります。バカにされたりすると、感情的に反論することもしばしば。

ただ、小さな子供が怒っているだけなので、ジャムおじさんやアンパンマンなどの大人?たちからは温かい目で見られています。

嫌われているということはありません。

 

このちびぞうくんの強気な性格が、時に、ばいきんまん相手に向くこともあります。

ばいきんマンに強気な姿勢を見せるのは勇気のいる行動ですが、危険も伴います。

ちびぞうくんの言動に怒ったばいきんまんは、ちびぞうくん含め、友達たちに攻撃を加えることも。

ただ、このちびぞうくんの作った隙が、アンパンマンの顔を新しいものに変える時間となり、逆転勝利につながるケースも多いです。

 

ちびぞうくんについての説明はこんなこところで、考察をしていきましょう。



お父さんとお母さんにとってはいつまでも「ちび」

子供の名前をつけるのは、基本的にお父さんとお母さんですよね。

ちびぞうくんの名付け親ははっきりしませんが、おそらく、ちびぞうくんのお父さんとお母さんだと思います。

 

「ちび」という言葉は、体が小さいことはもちろん、「子供」という意味でも使われることがあります。

たまに「うちのちびがさぁ〜」なんて、自分のことを話すおじさん、いますよね?

 

実際、子供が中学生くらいになったら、「ちび」なんて呼ぶことはまずないでしょう。

でも、お父さん、お母さんにとって、子供は「ちび」です。小さい時のことを知っているからこそ、まだまだ未熟者という意味でも「ちび」な存在だと思います。

 

名付け親であるお父さん、お母さんからしたら、ちびぞうくんはいつまでも「ちび」。

だから、基本的に一生変えられない本名にも「ちび」を入れたのかもしれません。

 

 

ちびぞうくんに「いつでも自分は未熟者だ」と思わせるため?

「現状に満足したとたん、成長は止まる」なんて言葉を聞いたことはありませんか?

これは野球の野村克也(のむらかつや)さんの言葉です。

 

満足してしまうと、勉強したり、運動したり、人と会ったり、出かけたりといった、新しい挑戦をしなくなってしまいます。結果、成長にもつながらない、というような意味ですね。

 

ちびぞうくんのお父さんとお母さんは、この言葉のような信念を、ちびぞうくんに持って欲しかったのかもしれません。

 

「自分はいつまでもちびだ。未熟者のぞうだ。でもそれでいい。この気持ちが、新しい自分を見つけるための挑戦へとつながる・・・」

 

だから、「ちびぞう」という名前にした・・・なんて子供思いな両親なんでしょうね。

 

「ちび」と聞くと、悪口をイメージしてしまいます。でも、考え方を変えれば、自分自身を満足させ図、挑戦させようとする言葉とも受け取れますね。

 

・・・いや、だとしても、子供に「ちび」と名付けるのはどうでしょう?

本当に子供のことを考えていると言えるのでしょうか・・・

絶対にクラスで「ちび」って悪口を言われちゃいますもん。

 

 

 

ちびぞうくんのお母さんの名前は「でかこ母さん」

ちなみに、ちびぞうくんのお母さんの名前は「でかこかあさん」です。

 

でかこ!子供に「ちび」と名付けていながら、親である自分は「でか」と名乗っている!!

子供と親との格差を見せつけるようなネーミングです。

 

確かにちびぞうくんよりお母さんの方が大きいですが、ちびぞうくんだって、やがて大きくなる可能性はあるんですよ。

 

なのにまだ赤ちゃんの時に

 

「はいちびっ!この子は私よりちびっ!だから名前は「ちびぞう」!一方で私はでかこ!なぜならでかいから!」

 

と、当時の体のサイズで名前をつけてしまうのは、ずるいですぜ!

 

・・・というのは冗談です。でかこかあさんはそんなことしません。

 

でかこかあさんの名前から考えると、ちびぞうくんの家系は、

 

「体のサイズによって名前を変える」

 

みたいなシステムがあるかもしれませんね。

 

 

「ちびぞう」は幼名(ようみょう)?

昔の日本、平安時代〜江戸時代までは、武士や貴族の家に生まれた子供は「幼名(ようみょう)」を名乗っていました。

「〜丸」とか「〜代」とか、こういう名前を名乗ります。

大きくなって成人したら、別の名前を名乗るようになるのです。

 

ちびぞうくんの家系では、子供の時は「ちび〜」など体の小ささ表す言葉を名前に含める。

そして大きくなってきたら「でか〜」など、体の大きさを表す言葉を名前に含める。

 

このシステムがあるから、子供のちびぞうくんは「ちび」、大人のでかこ母さんは「でか」が名前に含まれている・・・のかも。

 

もしこのシステムがったとしたら、大人になったちびぞうくんはどんな名前になるんでしょうかね?

 

「でかぞう」

「ビッグぞう」

「巨ぞう」

「大ぞう」

 

などでしょうか?

個人的には「巨ぞう」くんがいいですね。発音が好きです、「巨ぞう」くん。

 

 

 

ちびぞうくんが大きくなったら…?そんなこと考えなくていいんだよ

個人的には、「ちびぞうくん幼名説」が一番しっくりきますかね。

 

一度決まった名前を変えられないのは現実の世界だけです。おろか、現実の世界でも、事情があれば本名を変えられます。

本名とは違う名前を名乗ったり、ニックネームの方が有名だったりする人もいますからね、芸能人とか。

 

アンパンマンワールドでは、名前を変えても問題ないのかもしれません。

ちびぞうくんが大きくなったら、名前はその時考える。

ある意味、自由が認められた世界と言えますね。

 

???

「ちびぞうくんが大きくなったら・・・?何を言っているんだい?」

 

ジロギン

「!?」

 

???

「私たちは私たちの世界で、各自の役割を果たせばいいんだよ。ちびぞうくんはこのままずっと、「子供のぞう」という役割を果たしていくんだ。」

 

ジロギン

「何を言っている?ちびぞうくんだって、体が大きくなって、友情や努力、恋を経験して大人になるはずだ!」

 

???

「ちびぞうくんは大人になんてならないよ。なぜなら彼は「ちびぞう」くんなんだからね。大人になる必要がないんだよ。

君は、踏み込んでいけないところに、踏み込んでしまったようだ・・・」

 

ジロギン

「や、やめろ!何をする!う、うわぁぁぁぁぁぁっ!

 

???

「・・・さて、おじゃま虫はいなくなった。では、今日ちびぞうくんたちに配るパンを焼こうか、バタ子。」