私の名前はジロギン。

ハンターハンターをはじめとした漫画の考察や、コスプレなどをしています!

MENU

【ハンターハンター】本日1月29日連載再開!幻影旅団もキターー!

 

本日は1月29日(月)!

そう、お待ちかねの

 

ハンターハンター連載再開!!

f:id:g913:20180129192738j:plain

(画像出典:HUNTER×HUNTER 週刊少年ジャンプ2018年9号/冨樫義博)

 

の日ですね!

 

扉絵、かわいいなぁクラピカさん・・・

ありとあらゆる王子に狙われ、王子達の部下が一堂に会している中で、念能力を教えなければならないとういう危機にありながらも、これだけかわいい表情ができるとは、恐れ入りますよ、ええ(今は亡きビンセントさんを思い出して欲しい!)。

 

さて早速ですが、今週の内容につきまして考察をしていこうと思います。

 

が、まだ連載再開された当日ですし、今週以降の話は、おそらく2月2日発売のハンターハンター35巻にも含まれないストーリーになります。

 

ネタバレになる可能性がありますので、ここから先を読むか否かの判断はお任せします!(ジャンプ買っちゃおうよ!ハンターハンター連載中だけでいいから、買っちゃおうよ!)

 

 

 

 

 

ではいきますよ!

ついに・・・

 

幻影旅団キターーーーーーー!!

 

f:id:g913:20180129193429j:plain

(画像出典:HUNTER×HUNTER 週刊少年ジャンプ2018年9号/冨樫義博)

 

きましたよ!旅団メンバーです!やっぱりブラックホエール1号に乗ってましたか!

団長のクロロが船に乗っていることは、前回休載前に確認できていましたね。

 

 

今にも人を殺しそうな顔をしていたクロロの様子から、

「クロロ以外の旅団メンバー全員ヒソカに殺されたのではないか?」

とも思われていましたが、どうやら生きているようですね。

 

ということは、シャルナーク、コルトピがヒソカに殺されてから、それほど長い時間は経っていないみたいです(数日ほど?)

なんだかんだ私は旅団が絡んでくるストーリーが好きなので、また楽しめそうです。

 

今週の話で確認できた旅団メンバーは、フィンクス、フェイタン、フランクリン、ノブナガ、そして・・・

 

f:id:g913:20180129194152j:plain

(画像出典:HUNTER×HUNTER 週刊少年ジャンプ2018年9号/冨樫義博)

 

マチも確認できました!マチファンとして、私も大歓喜です!!

ヒソカに「伸縮自在の愛(バンジーガム)」で縛られていましたが、解けたようですね。よかったよかった。

 

しかし、珍しくクロロとマチが言い争いをしていますね。

どうやら、

ヒソカを見つけたら誰が殺すか?

について話しているみたいです。

 

今回ばかりはクロロもガチでヒソカを殺す気満々のようです。

天空闘技場での戦闘中は、ヒソカに対して戦うのを諦めるよう促すシーンもありましたが、もうブチギレモードですね。

シャルナーク、コルトピは有能メンバーでしたし、クロロとコルトピは流星街で遊んでいた子供時代からの長い付き合いのようですから、ヒソカに対する怒りも相当でしょう。

 

旅団がブラックホエール1号に乗り込む最初の目的は、カキン帝国の王子達のお宝を盗むことでした。

もちろんそれも遂行するでしょうが、ヒソカを殺すことの方に団員達は躍起になっているみたいですね。

 

f:id:g913:20180129194909j:plain

 

フィンクスがマフィアの下っ端達に命じていますが、多分この「身長190以上あるヤツ」ってヒソカのことでしょうね。

フィンクス、フェイタン、フランクリン、ノブナガもヒソカを殺す気でいるみたいです。

 

・・・でも、ヒソカってデータブックだと身長187cmなんですよね・・・

190cmないんだけど・・・ヒソカじゃないのかな?

でも旅団メンバー的に用があるヤツって言ったらヒソカくらいですからね。

 

現実で187cmある人を見たら大きくて、190cmって感じちゃいますよね。

フィンクスもヒソカの身長をぴったり測って知っているわけでもないでしょうし、目算で190cmくらいあるヤツってことでヒソカも含まれるのでしょう。

(データブックのデータが間違っている可能性も。それかヒソカさん、アラサーにして成長期来たか?)

 

ただ、旅団がヒソカを殺そうとするとなると、様々な疑問点が生まれてきます。

 

 

いつヒソカを殺すのか?

まずはヒソカをいつ殺すのか?について。

クロロの話では「早い者勝ち」とのことです。早く見つけた人が殺せる権利を得るし、船の中で現在進行形で探しているということを考えると、早ければ船内で戦う可能性もあるということですよね。

 

ただ、船で戦うとなると、間違いなく大騒ぎになります。

旅団は他の人間を殺してもなんとも思わない人たちなので、ヒソカを殺すためなら乗客の命などどうでもいいと考えるはず。多大な犠牲者が出ることが予想されます。

 

騒ぎが大きくなれば、それに乗じてヒソカに逃げられてしまう恐れがあります。

さらに船の中にはハンター協会幹部の十二支んのメンバーもいて、動きだ出せばヒソカはもちろん旅団達もさすがに危険でしょう。相手はトッププロハンターですので。

 

旅団の目的である「カキン帝国の王子達のお宝」「ヒソカ殺害」は達成しようと思えば、ブラックホエール号内でできてしまいます。

その分、船で騒ぎを起こせば問題も多く生まれます。

 

しかしですね・・・個人的には旅団がブラックホエール号の下層で暴れ出して、上層にいる王子達の継承戦も中断するレベルの暴動に発展して欲しいのです(継承戦複雑ぎぃ!全部ぶっ飛ばしてぇ!クラピカを楽にさせてあげてぇ!)。

 

幻影旅団は暗黒大陸まで行く気は無さそう?

今回の話だとお宝を盗む件は、王子達が支援しているマフィアの人間を脅して、マフィアの幹部、そして王子達の仲介をさせて、なんとか手に入れようとしているみたいです。

ヒソカは1番最初に見つけた団員が殺していいことになっていて、早速ブラックホエール1号内で探索を始めています。

 

ということは、旅団的にはブラックホエール号内で用件は全て片付けてしまおうという考えだと思えます。

暗黒大陸(仮想新大陸)まで行く気はないみたいですね。

カキン帝国の王子の宝を盗み、ヒソカを殺すために騒ぎを起こしたら、十二支んも動かざるをえません。

でもこれで「幻影旅団VS十二支ん」の戦いになるのだとしたら胸熱ですね!!

 

誰がヒソカと戦うのか?

では誰がヒソカと戦うことになるでしょうか?

旅団は協力して戦うことはほとんどしませんね(今回も早い者勝ちでヒソカと戦うことになってますし、キメラアント編でフェイタンが師団長のザザンと戦っている時も他のメンバーは見ていただけでした)。

誰かがヒソカとサシで戦うことになるでしょう。

 

今回姿を見せたフィンクス、フェイタン、フランクリン、ノブナガ、マチはまだ奥の手を見せてなさそうなメンバーです。

フェイタンはザザンとの戦いで「許されざる者(ペインパッカー)」を使いましたが、威力は低めだったようで、他にも種類がある様子でした。まだ全力は出していません(本調子でもなかったですし)。

 

クロロは「盗賊の極意(スキルハンター)」で盗んだ能力の数が未知数なので、奥の手はまだ持っていると思います。

 

個人的にはやっぱり・・・ノブナガさんとヒソカの戦いが見たいですね!

まさかノブナガさんの能力が「円」だけってことはないですからね!

・・・ない・・・ですよね?

 

まだ姿を見せていない、シズク、カルト、ボノレノフ、いるのならば新メンバーの可能性もありますが・・・やっぱりクロロと再戦するんだろうなぁ(共闘疑惑もあったので、今回は完全にサシでのバトル)。

 

幻影旅団はどうやって脱出するのか?

仮に旅団が王子達のお宝、ヒソカ殺害を達成できたとします。しかし、ブラックホエール1号は人間の住む世界を出て、広大な海(本当はメビウス湖という湖)を進んでいます。

脱出の手段はあるのでしょうかね?

 

考えられる方法としては、まずブラックホエール1号もろとも盗む。シージャックですね!

操縦室を襲い、船員を人質にとり、人間世界まで戻るように脅せば戻れます。

乗客たちとしても、進むも戻るもブラックホエール1号頼みなので、操縦室を抑えられてしまったら何もできないでしょう(ブラックホエール1号のどこに操縦室があるのかは不明)。

ただ、旅団としても引き返したいですし、目的を達成したのであればそれ以上暴れることもなさそうなので、ハンター達やビヨンド=ネテロが大人しく従えば穏便に済みますね(ジンは旅団を仕留めに行きそうです。ジンVS幻影旅団も見たいなぁ)。

 

もう1つはクロロが移動系能力者の念を盗む(すでに盗んでいる)。

ブラックホエール1号の出港直後、第12王子・モモゼの「おヒマ?」の念獣に操られてしまったサイールド。

 

 

クラピカと共にワブル王子を護衛するビルの話では、操作されたサイールドが殺した護衛の中にカートンという念能力者がいて、最大5人まで乗せられる船か車に変身できる具現化系能力者とのことでした。

 

f:id:g913:20180129202643j:plain

(画像出典:HUNTER×HUNTER 週刊少年ジャンプ2017年30号/冨樫義博)

 

ゾルディック家の執事・ツボネの「大和撫子七変化(ライダーズハイ)も同じような能力でしたね。

乗った人間のオーラを使って動くというジョイント型なのも同じでした。

 

このような移動に特化した能力を持つ念能力者もいます。特にブラックホエール1号という閉鎖された空間から脱出する安全策を確保するために、王子の護衛やハンター、乗客達の中にも移動系の能力を持った者が選出されてそうです。

 

クロロは他人の念を盗めるので、ブラックホエール1号の中にいる人間、あるいは過去に出会った人間から同系統の能力を盗んでいることも考えられます。

ジョイント型の能力だとしても、旅団員はたくさんいるので、乗せればオーラ切れにはならなそうです。

 

脱出の方法は意外とありそうですね。

 

 

 

幻影旅団とヒソカの動向についてもきになるところですが、今週の話では王子達の方でも謎が残る展開でした!

また10週くらいで休載になってしまいそうですが、しばらく楽しい月曜日が続きそうです!

 

また新しい謎が出てきたら、当ブログでも考察していこうと思います!

先述の通り、今週はコミックス35巻も発売なので、ハンターハンターウィークですね!

大丈夫かな?冨樫先生?ちょっと仕事しすぎじゃないか?