私の名前はジロギン。

ハンターハンターをはじめとした漫画の考察記事をイラストつきで更新しています!たまに漫画キャラのコスプレも!

ばいきんまんとホラーマンは仲間?2人の関係性を予想する

 

ばいきんまんと一緒に行動し、城にまで出入りしているホラーマン。

 

一見、かなり深い関係がありそうですが、ばいきんまんはホラーマンを信頼している様子はなさそうです。

 

なんならホラーマンは、敵対関係にあるはずのアンパンマンやジャムおじさんとコミュニケーションを取ることもあります。

 

そこで今回は、

ばいきんまんとホラーマン、この2人はどんな関係なのか

を予想していきます。

 

 

ホラーマンについて 

f:id:g913:20191030220826j:plain

まずはホラーマンについて、基本的な情報を説明します。

 

ガイコツのオバケのような見た目をしており、怖い印象を受けるホラーマン。

しかし、性格はお調子者でおっちょこちょい。怖い部分はほとんどない、ピュアな男です。

 

アンパンマンたちの敵として立ちはだかることもありますが、時には仲良く話すことも。

ホラーマン自身は敵味方の意識はあまりない様子。状況によっては、良いガイコツにも、悪いガイコツにもなります。

 

必殺技は「ホネホネブーメラン」。服についている2本の骨を投げて攻撃します。しかし、殺傷能力は低め。

 

現実のブーメランもそんなに威力の高い武器ではないと思うので、この点は妙にリアルな設定にされています。

 

ホラーマンの真髄は攻撃ではなく、防御面にあります。ホラーマンは攻撃を食らうと体がバラバラになるものの、死にません。

 

不死身のボディを持っているので、防御面についてはアンパンマンワールドの中でも最上位クラスと言えます(しかし、体がバラバラになると自力で復活できないので、実質戦えない状態にはなります)。

 

ホラーマンがばいきんまんに協力する理由

そんなホラーマンですが、普段はばいきんまんに協力的です。

 

その理由は、ばいきんまんのカリスマ性に惚れたから…というわけではありません。

ドキンちゃんに一目惚れしたからです。

f:id:g913:20191030220816j:plain

ドキンちゃんはいつもばいきんまんと行動し、ばいきんまんの城に暮らしています。

そのため、ホラーマンはばいきんまんに協力するという名目で、ドキンちゃんに接近するチャンスを狙っているのです。

 

ちょっとストーカー気質ではありますが、跡をつけたり、悪質ないたずらをしたりすることなく、一緒の家に住もうとさえするホラーマン。男らしいですね。

 

この助平マインドこそ、ホラーマンがばいきんまんに協力する最も大きな理由とされています。

 

ばいきんまんはホラーマンをどう思っている?

下心全開なホラーマンですが、ばいきんまんは彼のことをどう思っているのでしょうか?

 

一応、ばいきんまんがパン工場を襲う作戦にホラーマンが組み込まれることもありますので、仲間に近いのでしょう。

 

しかし、ばいきんまんがホラーマンを信頼しているかというと…微妙!

f:id:g913:20191030220819j:plain

アンパンマンやジャムおじさんと話すこともあるホラーマン。

ばいきんまんにとっては、敵対関係にある相手と仲良くするホラーマンに全幅の信頼を置くことは難しいはず。

 

なんともいえない絶妙な関係性です。

協力するときには協力するけど、信頼は置いていない…同じクラスの陽キャと陰キャくらいの関係といった感じでしょうか。
 

ドキンちゃんを狙う恋敵(こいがたき)?

ドキンちゃんに恋をしているのはホラーマンだけではありません。ばいきんまんもドキンちゃんのことが大好き。

 

同居する男2人が1人の女を奪い合う…ばいきんまん城は、軽くテラスハウスになっています。

f:id:g913:20191030220822j:plain

この状況を考えると、ばいきんまんにとってドキンちゃんを狙うホラーマンは邪魔者なはず。

 

それでもホラーマンと協力したり、なんなら家にまであげたりしているばいきんまん…

本当にこの2人の関係性が見えてきません…
 

ばいきんまんがホラーマンの恋を応援することも

恋敵に思えるばいきんまんとホラーマンですが、ホラーマンの恋をばいきんまんが応援したこともあります。

 

ドキンちゃんはこの2人は恋愛対象には入っていないようで、しょくぱんまんにゾッコンです。

そんなしょくぱんまんのネガキャンをするべく、ホラーマンはしょくぱんまんに変装し、いたずらをしまくったことがありました。

 

この作戦の入れ知恵をしたのがばいきんまん。間接的にではありますが、ホラーマンの恋を手伝ったと言えるでしょう。

 

…よくよく考えると、この作戦で一番損をするのってホラーマンなんですよね。しょくぱんまんのフリをしてドキンちゃんを騙そうとしましたし、バレたらホラーマンが悪者になってしまいます。

 

ばいきんまん的には、「ホラーマンを応援する体で、ホラーマンがドキンちゃんに嫌われるよう仕向けていた」ってところでしょうか…

 

やっぱり応援してませんね。ばいきんまんの策略ですね、完全に。

 

超ハイテクなメカを作るばいきんまん。頭脳プレーでドキンちゃんをめぐる恋愛戦争を制そうとしていたようです…

f:id:g913:20191030220807j:plain

f:id:g913:20191030220805j:plain

f:id:g913:20191030220811j:plain


 

ばいきんまんにとってホラーマンは都合のいい存在?

ここまでの2人の関係を見ると、ばいきんまんはホラーマンのことを良くも悪くも「なめている」ように感じます。

 

多分、ばいきんまん的にはこんな感じで考えているのではないでしょうか?

・ホラーマンはドキンちゃんをエサにすれば協力してくれる手下

・ドキンちゃんがホラーマンに恋をすることはないから、泳がせておいても余裕

・万が一ドキンちゃんがホラーマンを好きにならないよう適度に潰しておく

f:id:g913:20191030220829j:plain

恋のライバルとしてかなりなめられている上に、都合のいい存在になってますね、ホラーマン。

 

扱い的に、かびるんるんのちょっと上ぐらいな…ばいきんまんを正社員だとすると、ホラーマンはバイトリーダーといった感じですね。

 

そんなホラーマンですが、仲間がほとんどいないばいきんまん的には重宝する存在とも言えそうです。

 

2人が仲間かというと違うかもしれませんが、良く言えば、利害が一致するビジネスライクな関係といったところでしょうか。

 

ホラーマンはばいきんまんにこき使われてかわいそうなので、ドキンちゃんは一回でいいからデートしてあげてほしいです。

お昼食べにマクドナルド行くだけでもいいから…