私の名前はジロギン。

HUNTER×HUNTERなどの漫画考察や、怪談・オカルト話の考察、ヒトコワ話、裁判傍聴のレポートなどを書いている趣味ブログです!

【ハンターハンター】エイ=イ一家に見る複数人の念によるコンボ攻撃の脅威

ハンターハンター398話〜399話で、ブラックホエール1号内にあるエイ=イ一家のアジトを突き止め、探索を開始したノブナガとヒンリギ。

2人は、部屋の中で談笑している構成員数名を発見しますが、ボコンテとヨコタニの念能力を使ったコンボにハマりノブナガが完全に制圧され、ヒンリギもろとも強制的にアジトから追い出されてしまいました。

 

エイ=イ一家構成員の多くは、組長・モレナの念能力「恋のエチュード(サイキンオセン)」によって能力を授けられ、乗客を●すことで「発」が開花した、いわゆる念の初心者集団。

念の知識はノブナガの方が圧倒的に多そうですし、ヒンリギの「てのひらを太陽に(バイオハザード)」は性能がブッ壊れ過ぎていて、これまでに登場した能力者の中でもチート級。

そんな2人ですら、念初心者のコンボの前になす術がなかったのです

今回はエイ=イ一家を例に、複数人の念によるコンボがいかに脅威かを見ていきます。

※本誌の画像等はありませんがネタバレを含む内容のため、単行本派の方はご承知の上お読みください。

エイ=イ一家・ボコンテとヨコタニの念コンボ

ブラックホエール1号内の3101号室には、エイ=イの構成員であるボコンテという男の念の罠が仕掛けられていました。

ある一定の範囲内に入った人間を強制的に瞬間移動させる能力で、放出系に該当します。

ボコンテの職業は「夜逃げ屋・運び屋」とのことで、職業にピッタリな能力といえますね。

 

ボコンテの罠はエイ=イ一家のアジト内にも仕掛けられており、侵入してきたノブナガとヒンリギをアジトから追い出すキーとなりました。

 

ノブナガとヒンリギが、構成員たちがいる部屋の扉を開けたというのに、当の本人たちは全く気にせず談笑。

このことからノブナガとヒンリギは、部屋の入り口付近に念の罠が仕掛けられており、入ることができないから余裕があるのだと予想し、部屋の外から投げナイフや投げ刀で攻撃を仕掛けました。

 

部屋に入って罠を踏まなければ発動しないボコンテの能力ですが、ターゲットを力ずくで部屋に入れて発動することもできます。

その際に役立ったのが、悪徳弁護士・ヨコタニの念能力「墨攻(LSDF)」。

モレナのいるアジトでしか使えない能力ですが、侵入者が犯した罪の重さによって強力な衛兵を具現化可能で、この衛兵は侵入者に危害を加えられない分、無敵。

ヨコタニが具現化した衛兵たちに捉えられたノブナガ(M字開脚)とヒンリギは、罠が仕掛けられた部屋に引きずり込まれ、3101号室に強制転移させられました。

 

ボコンテとヨコタニの念は、それぞれ全く別の能力です。

しかもモレナの「恋のエチュード(サイキンオセン)」は修行なしで念能力を使えるようになる分ランダム性が高いのか、自身の職業と釣り合っていない能力を身に付けている構成員もいます。

おそらくボコンテとヨコタニは、相談して能力を開発したわけではないでしょう。

それでも能力の相性が良く、併用することでお互いの弱点(制約)をカバーでき、念の上級者であろうノブナガとヒンリギを追い払うことに成功しました。

www.g913-jiro.com

イズナビ・クロロが示唆していた複数人の念によるコンボ攻撃の脅威

念のコンボがいかに強力かは、作中でも言及されています。

例えば、クラピカの修行シーンでイズナビが「能力の相性やコンビでの攻撃は個人の力を凌駕しやすい」と語っていました。

さらにクロロもヒソカと戦った際に、コンボができる念は強力であると口にし、実際に複数の能力を組み合わせることでヒソカをほぼ完封しました。

 

天空闘技場以降に登場した念能力ですが、戦闘シーンは1対1で描かれることが多く、複数人が念でコンボ攻撃を行なっていた描写は少なめ。

しかし、先程紹介したボコンテとヨコタニ以外にも、地味に念による強力なコンボ攻撃は描かれています(後述します)。

www.g913-jiro.com

相互協力型(ジョイント型)でなくても脅威

作中には相互協力型(ジョイント型)の念能力も登場しています。

詳しい説明はされていませんが、相互協力型(ジョイント型)とは複数人で運用することを前提に開発された念能力を指すようです。

 

作中で相互協力型(ジョイント型)と言及されたのは、例えばビヨンド=ネテロの仲間である傭兵・ミュヘンが連れてきたロボット?ゴレムの能力。

ゴレムは重火器が一体となった左腕を具現化し、弾丸として放出系の能力者を搭載して、強力な念弾を撃ち出す能力を開発しています。

おそらくゴレムは「強力な重火器を具現化できる分、自分で弾丸を撃つことはできない」などの制約をかけているのでしょう。

それを放出系念能力者の協力を得ることで、実質的に制約をクリアしています。

念の制約を複数人でフォローし合え、余計なメモリも割かずに強力な念を実現できる…

他にも、クラピカと共にワブル王子の護衛をしており、念獣に操られたサイールドに殺されたカートンが船か車に変身できる相互協力型(ジョイント型)の念能力者だったと、ビルが語っています。

ゾルディック家執事・ツボネの「大和撫子七変化(ライダーズハイ)」のような能力だのでしょう。ツボネが乗り物に変身し、乗った人物のオーラを源にして動く能力でしたね。

ツボネがバイクに変身した際は、キルアの「神速(カンムル)」に匹敵するか、上回るほどのスピードを出していました。

 

このように相互協力型(ジョイント型)は複数人で協力して念の威力を高めていますが、そうではなく、別々に作られた能力でも相性によっては十分脅威となるのです。

www.g913-jiro.com

作中で描かれた相互協力型(ジョイント型)以外の念コンボ

ボコンテとヨコタニ以外にも、複数人の念を組み合わせたコンボ攻撃で戦況を有利に進めていた描写があります。

これらを見ると、念のコンボ攻撃がいかに強力かが分かるでしょう。

いくつか例を挙げます。

陰獣のコンボ

ウボォーギンと戦いを繰り広げた陰獣の蚯蚓・病犬・豪猪・蛭。

個々の能力だけで見れば、ウボォーギンを倒す力はなかったでしょう。

しかし4人が協力することで、ウボォーギンを一時的に無力化することに成功しました。

 

まずは蚯蚓が地面に引きずり込み、自由を奪う。

パワー自慢のウボォーギンですら抜け出せないほどの力だったことから、自力での脱出はほぼ不可能でしょう。

この状態の蚯蚓は行動が制限されますが、その間に他の3人が地上から攻撃を仕掛けることができます。

残念ながらウボォーギンの「超破壊拳(ビッグバンインパクト)」が強すぎて、蚯蚓は地面ごと吹き飛ばされましたが、残された陰獣たちの連携は続きました。

 

豪猪の体毛針でウボォーギンの拳を封じ、病犬の強化した牙でダメージを与える。しかも牙には体を麻痺させる毒が仕込まれており、ウボォーギンの動きを止めてみせました。

陰獣の戦いは、格上相手を念のコンボによって上回った例と考えられるでしょう。

蛭はいなくても同じだった気がするけど…ウボォーの鋼の体を掘り進める最強のマダライトヒルを操るという重要な役割があったからぁ(震え声)

www.g913-jiro.com

ネテロ、モラウ、ノヴのコンボ

キメラ=アント編の序盤。

NGLに入ったネテロ、モラウ、ノブの3人は、キメラ=アントの「探り」と「削り」を開始しました。

 

モラウの煙で巣の近くを森を覆って視界を奪い、ノブの「四次元マンション(ハイドアンドシーク)」の扉でキメラ=アントを念空間内に捕獲。

マンションの中には最強の念能力者と呼ばれたネテロが待ち構えていて、強制的に戦わされるという無敵すぎる布陣……

このコンボを破れるキャラが作中に何人いるでしょうか?

ナックルとメレオロンのコンボ

ナックルの能力「天上不知唯我独尊(ハコワレ)」を確実に発動させるため、メレオロンの能力「神の不在証明(パーフェクトプラン)」でナックルの存在自体を認識させないようにする作戦を取った、キメラ=アント討伐チーム。

見事ユピーに「天上不知唯我独尊(ハコワレ)」を決めることに成功しました。

 

メレオロンの「神の不在証明(パーフェクトプラン)」は自身と触れている者の気配が一切感知されなくなるので、ほとんどの能力と相性が良いですね。

誰が、どうやって、どんな条件で能力を発動したのかが分からなくなるわけですから、能力を隠すことが基本の念使い同士の戦いで、これほど重宝される能力はありません。

 

ナックル以外とのコンボも強力だったことでしょう、

メレオロンは最初、ゴンのジャンケングーを確実にメルエムに叩き込むために自身とのコンボを提案してましたし、キルアの姿を隠してユピーに「落雷(ナルカミ)」をヒットさせていました。

誰と組んでも強い男・メレオロン

エイ=イは念のコンボの強さを描写するための存在?

エイ=イと幻影旅団との戦闘は、改めて複数人の念によるコンボ攻撃の強力さを示す戦いになる可能性がありそうですね。

エイ=イがわざわざ大人数で登場し、全員が念能力を持っていることを考えると、今後も多くのコンボが生み出されそうです。

念能力は初心者でもハマれば上級者を上回る可能性があるのに、さらにコンボまでされたら流石の幻影旅団もきついかも…?

実際にノブナガは刀まで奪われちゃいましたし。

 

しかも幻影旅団はキメラ=アント編で登場したときの描写を見る限り、団員のほとんどが1対1で戦いたがる傾向が見られます。

イズナビの話では「能力の相性やコンビでの攻撃は個人の力を凌駕しやすい」とのこと。

現在、エイ=イ一家の掃討に乗り出している幻影旅団ですが、エイ=イの他の構成員もボコンテ&ヨコタニのような念コンボを基本に戦ってくるとしたら、かなり不利に追い込まれるかもしれません。

幻影旅団がポッと出のエイ=イにやられるなんてやだよぉ〜