私の名前はジロギン。

ハンターハンターなどの漫画考察、雑記、怖い話、商品レビューなどを書いています!

MENU

怖い話

【怖い話】ファミレスのジャム子さん

ある朝、家の近くのファミレスにやってきたジロギンは、黒髪に黒いワンピースを着て、黒いポーチを持った背の高い女性を目撃した。ジロギンの視界でパンに大量のジャムをかける女性を、ジロギンは「ジャム子さん」と名付けて観察を始めたのだが・・・

【怖い話】押したのは誰?

友人のMくんと飲む約束をしていたジロギンは、仕事終わりに電車のホームで待ち合わせ駅に向かう電車を待っていた。その最中、ジロギンは何者かに背中を押され、あわや線路に落とされそうになった。間一髪で踏みとどまったジロギンであったが、犯人の姿までは…

【怖い話】ご入浴中、失礼しました。

初めての合コンに参加したジロギンは、そこで知り合ったF子さんの家に行くことになった。しかしF子さんの部屋に上がると、何かの臭いを隠すかのように、アロマ製品や消臭剤が置かれていた・・・(この話はフィクションです)

【怖い話】呪いの洗剤

高校3年生の時にクラスでいじめにあっていたYくん。Yくんはジロギンのブログを突き止めて、卒業以来初めて連絡を取ってきた。Yくんはジロギンに「ある洗剤のレビュー記事を書いて欲しい」と頼み込んできたが、その目的は一体・・・(この物語はフィクション…

【怖い話】鳴らない電話

普段は滅多に鳴ることのないジロギンのスマホ。その日の夜は珍しく、スマホからLINEの通知音が聞こえた。しかしスマホを確認しても誰かから連絡が来た様子はない。ではこの通知音は一体・・・?

【怖い話】神隠しの村

とある山奥に存在する「神隠しの村」の噂を聞きつけやってきたジロギンとその友人N。その村ではこれまでに延べ数百人の子供が姿を消した「神隠し」のような事件が多発しているらしい。果たして「神隠しの村」に隠された真相とは?(この物語はフィクションで…

【怖い話】高慢と報復の記録更新

とある企業の「F部長」は完璧主義ながらも過剰なまでの高慢さと完璧主義によって社員からの評判は悪かった。その高慢さと完璧主義はついに、社内の人間だけでなく、社外の人間にまで向けられるようになってしまい・・・

【ちょっとだけ怖い話】孤独な敗北者

夜遅く、会社から帰る主人公は道端で1匹の野良猫と遭遇した。孤独な生活を送る主人公は野良猫に孤独な自分を照らし合わせ、猫に向かって日々の愚痴を始めた。しかし、その野良猫は、主人公の思っていた猫とは全く異なる意外な猫だった・・・

【怖い話】見られてはいけないもの

歯科医院を営む主人公は、大きなマスクをした女性患者の治療をすることになった。口を開けなければ手術ができない歯医者でずっとマスクを外さぬ女性。そのマスクの下に隠された衝撃の事実とは・・・?

【怖い話】媚を売って、命を買う。

この物語の主人公にとって、会社のトイレの個室とは、短い時間ではあるものの仕事を忘れられる楽園のような空間でした。そんな楽園にこの日もやってきた主人公。しかし、どうやら安らぎの場であった楽園で悲劇の幕が開けてしまったようです。

【怖い話】何かがいる

夜中に目を覚ましてしまった主人公は、不審な音と何者かの気配を部屋の中で感じた。一人暮らしの部屋に自分以外の誰かがいるわけがない。怖くなった主人公は布団に隠れ、寝たふりをして朝までやり過ごそうと息をひそめ続けるのだったが・・・

【怖い話】責任逃れ

とある女性が終電を待つ駅で遭遇した若い男性とスーツ姿の中年男性との喧嘩。巻き込まれないように逃げた女性だが、バッグを駅に忘れてしまった。この忘れていったバッグが女性に悲劇をもたらす・・・

【怖い話】地に落ちた地位

社会的地位の高い人ほど、高いところに住みたがるもの。この物語の主人公も高いところに住みたいと思う人間の一人でありました。その願いを叶えました主人公でしたが、高いところに住んだが故に、奇妙な出来事に巻き込まれてしまったようです・・・

【怖い話】深夜の見回り

私が入院していた集団部屋で一緒になったAさん。入院中はとてもよく接してくれて、お互い励みになったのだが・・・ 嘘か本当かわからない、ちょっと怖いお話。